2019/10/06

SEL24105Gと歩いた夏【3ヶ月使用レビュー】

夏のボーナス(言っても1年目なのでいわゆる寸志だけど)を消し飛ばしてSEL24105Gを買ってから3ヶ月が過ぎた.

SONYの夏のキャッシュバックキャンペーンがはじまって,他にも色々タイミングが重なり,SEL24105Gの購入に踏み切ったので,そのお話から. Sponsored Link SEL24105G,ついにキャッシュバック対象へ 毎シーズン恒例のαキ...

新しいレンズへの贔屓目を差っ引いても使い勝手の良いレンズでそれなりの枚数を撮ったので,撮った写真を眺めつつレンズについての感想をつらつらと.

Sponsored Link

広角24mmのパースペクティブ

このレンズの広角端24mmという画角にはそこまで広角という印象は持っていなかった.ただ長いこと標準域,せいぜい35mmくらいのレンズを使っていたこともあってか,105mmでの飛行機撮影を試した初日はむしろ24mm広角の印象が強く残っている.

換算24mmという画角はα6000時代のSELP1650以来になるけど,どういうわけか当時は換算24mmがここまで広いという印象は持っていなかった.当時とは撮り方が変わったからかもしれない.

↑の写真のように上を見上げるような構図にすると,24mmでもいい広角感を感じることができる.

そうか、自分は中望遠が好きなんだ。と気づく105mm

50mm一本で画角的に苦しんでいた時期が長かったからか「広角欲しい」を連呼していた記憶が強くて,てっきり自分は広角が好きなんだと思っていた.

ところがこのレンズを買ってからは望遠端105mmを多用している.この画角,ハマったときの破壊力が自分の中で高い.

広角は何でも撮れるけど,ただ漫然と撮っただけになりがち.中望遠はいいモノがないと何も撮れないけど,撮れるものがあるなら良い写真が撮れる,そんな印象.

中望遠105mmの,くっと何かに注目したときの視野感が好き.何かが連なる隙間から対象1つだけにフォーカスを合わせてぶち抜くのが好き.そうか,自分は中望遠が好きなんだ,って思う.

しかもマクロもできる

しかもこいつ,望遠端だと準マクロ的に使える.寄れるとは聞いていたけど,実際使ってみて思った以上に寄れたので笑いが止まらなかった.これを持ってSIGMA70mmマクロが役割を失い,ドナドナ.

ユーティリティ・レンズ

結局の所,このレンズのすごいところは広角もやれて,中望遠もやれて,ついでにマクロっぽくも使えるという汎用性の高さ.しかも,汎用性が高いくせに描写もすごいという抜け目のなさ.

何かを撮りに行くとき,常にロケハンしていくわけではない.とりあえず行ってみて,出たとこ勝負になることのほうが多い.とりあえずこのレンズさえ持っていれば,画角で後悔することはなくなる.

特に中望遠なんか顕著で,いくら中望遠が好きと言っても,「中望遠単焦点1本で旅行する」のはさすがにギャンブルがすぎる.その点,このレンズさえあればお気に入りの中望遠でハマる構図を探しつつ,普通に風景を広く撮りたければ24mmもイケる.抜け目がない.

今でも単焦点のほうが好きなのは変わっていないけど,とりあえずこのレンズさえあれば何でも撮れるんだから,あと1本単焦点は好みと気分にあわせて,っていうチョイスができるので,逆に単焦点も活きてくる.

その他、細々思うこと。

ピントリングが軽い

準マクロ的に使うときによく思う.ピントリング軽い.寄っている時はピントの追い込みがシビアなので,もう少し重いほうがいいな,と思っている.SEL55F18Zに付け替えたときのもっとネットリした感じの回りのほうが好み.

インナーズームじゃない

ぜいたく言うなって話ではあるけど.

神経質故にただでさえSONYの防滴性能を信用していないフシがあり,インナーズームじゃないからズーム機構のところに水滴入りやすそうで嫌だなあと思っている.

ただ,こんなことを言っていると雨の日の行動範囲が著しく狭まるのでいい加減にしないと,とは思ってる.

いい蒼

初日に城南島で飛行機撮って,空綺麗~ってなった.空綺麗すぎて飛行機に寄って撮るのがどうでも良くなって,結果24mmで撮ってみたらその広さに驚いて,最初に言った広角云々の話につながっていく.

AF/MF切り替えスイッチ・手ブレ補正スイッチがついてる

特に花火撮影のとき,MFに設定して手ブレ補正を切るけど,SONY機は本体の設定メニューの構造がいまいちイケていないので設定がめんどくさかった.このレンズならそれらのスイッチがレンズ側に付いているので,スイッチを動かして一瞬で設定が終わるし,戻すのも簡単なのが良いよね.

おわりに

そして秋になる.

いいレンズすぎて早くもこのレンズを引っさげて秋には何が撮れるかと楽しみにしてる.涼しくなる秋のほうが撮りに出かける回数自体は稼げそうだし,最近少なかった遠出もぼちぼち差し込んでいきたい.

0 件のコメント:

コメントを投稿