2019/06/30

SEL24105Gを買ったので城南島海浜公園で飛行機を撮ってきた

SONYの夏のキャッシュバックキャンペーンがはじまって,他にも色々タイミングが重なり,SEL24105Gの購入に踏み切ったので,そのお話から.

Sponsored Link

SEL24105G,ついにキャッシュバック対象へ

毎シーズン恒例のαキャッシュバックキャンペーンが今夏もやってきた.

いつも通りのキャッシュバック,に見せかけて違っていたのはあの大人気レンズSEL24105Gが10,000円キャッシュバック対象になっていたこと.

時を同じくして家が近いのでウォッチしていた「おぎくぼカメラのさくらや」の春特価が続いており,家電量販店で購入するより(ポイント還元を加味しても)2万弱安い値付けになっていた.

更にそこにやってきたのがボーナス.4月入社なのに昨シーズンの業績が良かったとか何とかで,所謂「寸志」よりも貰った額は多かった.しかも不思議なことに,SEL24105G-おぎさく特価-キャッシュバックがボーナス手取りとニアリーイコールだった.これは買えってことやろなあということで一瞬でボーナスを吹き飛ばしてきた.

周りを見るとやれ「貯金した」とか言ってる同期がわんさかいるけど,こいつらみたいな奴ばかりだから経済が良くならんのだ.とか言って貯金が一向に増えないのは目をつむることにした.

純正レンズ × 中望遠 × AF-C

SEL24105Gが届いて,初陣は城南島海浜公園にした.

今まで持っていたレンズで最も望遠寄りだったのは70mmだから,70mm~105mmの望遠域を楽しみたかったというのもある.それに,SIGMA70mmのときには歩留まりの悪かったAF-Cがどれくらい食いつくのか,というのも興味があった.

結論から言うと,悪くない.

悪くないのだが,単焦点レンズばかり使ってきたのでズームリングを回してフレーミングするのが覚束ない.

AF-Cのピントは少し迷う.だけど,当然ながら非純正のレンズよりは格段に良い.

大して動体に強いわけでもないα7IIでここまで戦えれば十分,だと思う.

問題は,ずーっと同じ構図になって飽きる,ということかな.

せっかくズームレンズなんだし,別の構図を模索しようと場所を移動してみる.

24mmのパースペクティブ

公園北端に行ったら広角側が化けた.

考えてみれば,フルサイズ換算で35mmより広角寄りの画角を手にするのは,α6000時代のSELP1650以来(換算24mm~).

24mmってこんなに広かったんだなあ.

良い.

あと,このレンズ,青色の発色が凄まじく綺麗.Gレンズの底力を垣間見た気がした.

おわりに

1日使っただけで買ってよかった,そう思うレンズだった.

買う前はどちらかというと71mm~105mmの未知の領域を期待してたんだけど,使ってみたら24mmのパースペクティブが想定外にハマった.

そんな24mmもあれば,一気にズームして105mmまで撮れる.それでいて描写は綺麗.発色も綺麗.ほんと,凄まじいレンズだ……

0 件のコメント:

コメントを投稿