2019/06/22

多摩川台公園の紫陽花

【2019/06/09】

2日連続,紫陽花.

カメラを始めてから思うのは,季節の移り変わりはとても早いということで,「いつか撮りに行こう」と思っているとその「いつか」が来る前に季節が変わる.特に花は顕著.

だから2日連続だろうと,天気が微妙に悪かろうと,行く.2日目のチョイスは東横線・多摩川駅すぐ近くの多摩川台公園.多摩川を渡る列車も見える.

Sponsored Link

多摩川のほとりで

とは言っても2日連続で同じものをそのまま撮ると飽きるので,少し構図を捻れないものかと試行錯誤.まずは下から.

多摩川台公園は紫陽花の名所としてそれなりに有名だけど,見物客が大挙して押し寄せるわけでもなくゆったりした雰囲気.公園なのでのんびり休憩している人もいる.これが白山神社とか鎌倉だとそうはいかない.

紫陽花と,奥にあるのは多摩川を渡る列車,河川敷でスポーツに勤しむ子どもたち,そして個人的に住みたくない街No1,武蔵小杉.あの通勤はやべえよ……ってなる.

葉の間から覗き込んで.

ちょっと奥に入ったところの紫陽花が一番見事だった.

上から見下ろす紫陽花というのも意外と新鮮かも.

斜面に咲いてると微妙に鎌倉っぽい.

おわりに

いくら何でもこのペースで行くと来年あたりには東京で撮るものなくなるんじゃないかっていう気もするけども.

花シリーズに関して言うと,実は花自体に興味が強いわけではないので単調に花ばかり撮るのもなあ,とは思っている.こういう「○○の名所」みたいなところよりも,その辺を歩いて,その辺に生えてる紫陽花を如何にその街らしく撮るか,ということに焦点を当てて行きたい.難しいけど.

最後の2枚だけ55mm,あとは35mm.一時期55mmに傾倒してたけど,最近35mmが盛り返し気味.

0 件のコメント:

コメントを投稿