2019/05/06

北海道に春が来た

平野を取り囲む山地には雪が残って,
何なら道端の雪がしぶとく残っていたりもするけれど,
それでも緑が溢れて,つくしが生えて
北海道に春が来た!

……というわけで,2019年GWの帰省編です.

Sponsored Link

エゾエンゴサク・カタクリ

エゾエンゴサクの花.

カタクリの花もちらほら.

木漏れ日がいい感じ.

ここはエゾリスが住んでいるとかで,待っていたら多分出てくると思うし,個人的には待つことに抵抗はない.というか,夏の炎天下で2時間花火待つよりは絶対楽だし.

ただ実家周辺故,父の運転で家族勢揃いでぞろぞろやってきたのでさすがに何時間も待つわけにもいかないしねえ.

廃止まであと1年

樺戸山地を背景に走る札沼線.

札幌から遠くこの末端区間は来年春の廃止が決まり,余命はあと1年.

お名残乗車需要対策か2両で走っているが,これはかなり珍しい.確か昨年,どこかの団体の貸切で2両編成が走ったことがあって,その時の北海道新聞で確か20年ぶりとか書かれていたので,定期列車としてはそのレベルの久しぶりということになる.

白樺と星と

横浜はさすがに光害がすごかったけど,実家なら案外星が撮れちゃったり!?という淡い希望を抱いて,ついでに三脚も抱えて帰省してみた.

結論から言うと,まあまあ撮れる.ただし時期的に天の川が地平に近く,地平近くにレンズを向けるとさすがに街の明かりの影響が強すぎるので天の川は厳しかった.せっかく三脚を持ってきたので,その辺に生えていた白樺と一緒に撮った.

ただしこれ,実家から歩いて数分のところなのでもう少し山の方に入ればもうちょっと綺麗に撮れそう.

おわりに

北海道を出て早6年.せっかく写真が趣味なので,帰省するたび実家のアレコレを撮って色々振り返りたいとは思っている.

ただ,今回のエゾリスの件もそうだけど,毎度毎度両親が気を使って車を出してくれるのはありがたい一方で1人でないと撮れ高がやや落ちるかな,とも思ったり. ペーパードライバー歴も早6年目だけど,そろそろ車に乗れるようにならないと始まらんかなあ.

それと,今回の帰省は空前絶後の10連休の最中に強行したがために往復とも陸路(鉄道)という行程になった.元道民的新幹線による帰省についてのアレコレはまた別の機会に.

0 件のコメント:

コメントを投稿