2019/04/27

学割・片道大回り・乗継割引の組み合わせで飛騨高山に行ってきた【中編】

名古屋のステマしてたら字数が増えたので中編に.内容的にはこっちが本編.

Sponsored Link

高山駅

4年前は狭っ苦しい仮設駅舎で営業中だったけど,ついに新駅舎が完成していた.以前はすごく大変だった線路を挟んだ東西の移動もラクラクになってる.

今風のガラス張りの駅舎になってる.

高山散策

一度来たことがあるのでだいたいの勝手はわかる.乗車変更を繰り返し当初予定より早く高山に着いていてホテルのチェックイン時間まで余裕があるので,とりあえず宮川沿いへ.

宮川付近の古い町並みを歩く.

高山はいくつか酒造があるらしく,街中でも日本酒の銘柄をちらほら見かけた.最近日本酒は飲んでない……というかアルコール全般を飲まなくなった.お金かかるし体によくないし……翌朝しんどいし…….でも相変わらず日本酒だけは飲みたい欲求はある.

ごくり.

お内裏様とお雛様.こうして格子の中にあると幽閉されてる感があってホラー.

飛騨高山の街並みの特徴は建物の前の水路とその上まで張り出す屋根.故に高山で歩きスマホは本当に危険.

水路には蓋があったりなかったり.歩きスマホもそうだけど,街歩きしながら写真を撮るときも常に意識の一部を足元に.

飛騨牛は有名だけど,考えてみれば牛肉が有名なら牛乳も有名で然るべきなのかも.それだけ酪農が盛んな地域ということだし.

高山の古い町並みはコンパクトなので割とあっさり一回りできる.

それでもチェックインまでまだ1時間はあったので,思い立って喫茶店「バグパイプ」で一服.

この「バグパイプ」はアニメ『氷菓』中で出てくる喫茶店のモデルになっていて,内装も結構再現されている.

あまり喫茶店の中でパシャパシャ撮るのは好きじゃないんだけど,『氷菓』の聖地であることを差っ引いても良い雰囲気すぎたので少しだけ.この喫茶店は掛け時計がたくさんあるのが特徴で,秒針の刻む音が不思議と落ち着く.

こっちはもう少し広角のほうが!と思ったけどさすがにこの雰囲気でレンズガチャガチャ変えるのもね~ってことで…….こういうとき単焦点はつらい.

おわりに

しれっと飛び出し看板になっている『氷菓』の千反田える.えるたそ~

前後編にするはずが意外と高山の写真が多くて3部構成になったの巻.先が見えない時は「前編」とかよりいつも通り「#01」みたいに数字でつないでいくほうが安牌ではある.

日中の高山散策で一番印象に残っているのは実は「バグパイプ」で,繰り返しになるが『氷菓』を狂ったようにリピート視聴するほど『氷菓』が好きであることを差っ引いても良い喫茶店なので高山に行ったら是非寄ってみると良いと思う.お値段も良心的だった.

「バグパイプ」で標準レンズしか使えなかったのが割と本気で心残りなので広角から標準をカバーできるズームレンズ仕入れたらいつかまたいくぞー!

えっと……まず広角ズーム買ってから,次なので買うのはいつになることやら……

0 件のコメント:

コメントを投稿