2019/01/30

海の街「浦賀」とわたし

【2019-01-18】

よく考えると,横浜から引っ越すと訪れにくくなるスポットとして三浦半島があるな,と気づいた.

神奈川で近場の観光スポットというと横浜・鎌倉・江ノ島あたりが挙がることが多いけど,三浦半島も横須賀・三浦・逗子葉山と遊べるスポットは沢山あり,魅力的な一帯であることは意外と知られていない.

ベタに三浦・三崎エリアに遊びに行くことも考えたけど,今回は横須賀市浦賀を散策することにした.

Sponsored Link

終点・浦賀

浦賀というとあの京急本線の終着駅なのだが,優等系統(快特・特急)が途中堀ノ内駅から久里浜線に向かうので,日中は普通車しか発着しないローカル色の強い駅になる.

こういう車止めがある行き止まりの駅は萌える.この手の駅のメリットは駅へのアクセスがフラットになり階段・エスカレーターを使わずスムーズにホームに入れることなのだが,この駅は駅の入口付近に無駄に高低差がありうまく機能していない.

東西の叶神社とわたし

駅を出て浦賀港の西側を歩いていく.

山側の路地の先に叶神社(通称:西叶神社)がある.

源頼朝の時代にまで遡れる歴史の長さ,そして「叶」神社という名前だけあって,何らか願いを叶えたい人にもっぱら人気なんだとか.

時期的に受験についての願い事が多く書かれているようだった.

いつもの.

西叶神社から浦賀港を望むと,船が見える.

これが浦賀港を挟み東西に分かれる浦賀を結ぶ「浦賀の渡し」.

奥に見える浦賀水道は東京湾の入り口で大きな船がひっきりなしに行き交うが,浦賀港はこの渡し船がのんびり往復するばかり.

渡し船で東側に渡った先にあるのが東叶神社.西側の西叶神社が勧請されできた神社で,今では東西で一対として見られているそうな.

ここほど電線地中化が望まれるスポットもないなあ,と思った.

電線!電線が!

東側の渡し船乗り場.

浦賀港を挟む対岸へ向かうには,バスだと浦賀駅での乗り換えが必要になる.それが面倒な人も結構いるだろうし,見た限りでは結構頻繁に渡し船が往復しており,地域の足として根付いている印象を受けた.

渡し船乗り場から夕焼けの西浦賀を望む.このタイミングで渡し船が運行していればよかったのだが,残念ながらタイミングが合わず.

おわりに

三浦半島の他の街より観光地として知名度が低く,のんびり回れたのは良かったかな.

写真面ではLightroomでのHDR合成を最初から意図してブラケット撮影をした.以前はGoogleフォトの自動生成機能を使ってHDR写真を作っていたが,やはりLightroomのほうが色々精度は高そう.

あと,縦構図比率が今までになく高いのは何でなんだろう.

縦構図用のグリップも魅力的なんだけど,これを付けてEnduranceスリングに入れることができるかという点がちょっと気になる.あと純正はちょっと高くて手が出せないかなあ.

0 件のコメント:

コメントを投稿