2019/01/05

久しぶりにCapture One Express for Sonyで現像しようとしたらスポット除去機能がオミットされてた話

川崎大師に初詣に行き,2019年の初撮りを終えて帰ってきてデータを取り込んでふと思う,久しぶりにCaptureOne使うか,と.

Adobeに毎月税金を払っているのでLightroomを使えるのだが,AdobeCCも値上げの気配があるし,次回のサブスクリプション延長のタイミングでその後どうするかを考えたいと思っていた.

そこでLrを使い始める前に使っていたCapture One Expressを使ってみようと思い立った.Capture OneのExpress版は無料で利用でき,Lightroomにある「かすみ除去」がない以外は問題なく使えていたのだが……

Sponsored Link

スポット除去さん逝く

この日は気持ちの良い青空だったのだが,そういう時は逆にセンサーに載ってしまったホコリが目立つ.

空を写し込んだものを見たところ案の定ホコリが写り込んでいたのでスポット除去でリタッチしようと思ってそのボタンを探すのだが,見当たらない.

ツールバーの設定を見てみたりしたのだがそれでもスポット除去は見当たらず.

嫌な予感がし始めてTwitterで検索したところ「ver12からExpress版のスポット除去がなくなってる」というようなツイートを発見してしまい更に嫌な予感が加速する.

他にも検索していたのだがめぼしい情報が見当たらず(これがLrと比べてC1が弱いところでもある.Lrのほうが圧倒的に情報が多い),英語なら情報があるかと思い「Capture One Comparison Pro Express」で検索したところ公式の機能比較ページがヒット.

で,スポット除去(Spot Removal)を見たところPro版のみの機能になってました,めでたしめでたし.

これからどうするか

目論見では再びCaptureOneに戻ってAdobe税を払うのやめようと思っていたのだが早速頓挫した感じ.

そもそもAdobe CCにお金を払っているが使っているのはLightroomだけだし,クラウドでのデータ保存もしていない(GoogleフォトとAmazonフォトで充分)現状だと毎月1000円強払うことになるのはやや無駄感が漂っているのは否めない.

欲を言えばPhotoshopもクラウドデータ保存もいらないので,Lightroomだけ月500円くらいで使わせてくれたらありがたいのだが,まあないでしょ,Adobeだし.

他のフリーソフトもいくつか試そうと思うけど,C1でスポット除去が無い以上他のソフトでそれが使える可能性はもっと低くなるのが実際のところ.

結局Adobeの呪縛からは逃れられないのかなあとも思うが,今の使い方だとスポット除去とかすみ除去以外はCaptureOneの機能で充分に足りているし悩みどころ.

数日後にAdobeCCの価格改定について正式発表があるはずなので,それを見てから決めたいと思う.

Amazonでの取り扱いもいつの間にか1TBプランだけになってるし.だからクラウド保存はしないんだって……

0 件のコメント:

コメントを投稿