2018/11/03

神保町の「神田古本まつり」に行ってきた

【2018/11/02】

最近カメラを持っての散歩もご無沙汰だったので,どこか出かけるかと思って調べていたら「神田古本まつり」なるイベントに気づいたので出かけてみた.

Sponsored Link

出かけようと思い立ったのが午後になってから(寝坊した)で家を出たときには15時をまわっていた.

神保町に着く頃にはいい感じに暮れなずむ神保町を撮れるかと思っていたのだが,思っていたより季節は冬に傾いていて到着した頃にはとっくに日没を迎えていた.

靖国通り沿いに祭りが伸びているようなので,往路はSIGMA 70mmマクロで,復路はSEL35F28Zで.

どういう脈絡かは忘れたが,「神田が本の街」ということは小さい頃に聞かされていて,大学入学直後に一度訪れたことがある(「神田」と言いつつ神保町はJRの駅だと御茶ノ水のほうが近いこともこのとき知った).

その後学年が上がり研究が本格化した後,専門書や雑誌のバックナンバーを探しに何度も神保町へ行った.

神保町の良いところは,ふらっと古本屋に入ると自分が今まで存在さえ知らなかったような領域の謎の本がたくさんあること.

内容は全く分からないが,へえ世の中にはこういうことに興味を持つ人もいるのか,と思いながら意味もなく古本屋をうろついていた.

最近は研究も佳境に入り,文献収集のフェーズはとうに通り過ぎてしまい中々神保町に来る機会がなかったので,お祭りを契機に久しぶりの神保町訪問ができてよかった.

本の屋台(?)は似たようなものが多いので枚数を稼げないし,かと言って売り物の本をあまりパシャパシャ撮るのも気が進まない.

なにか神保町らしいものはないか!ということで安易に駅の看板に頼る.もっと広角寄りのレンズがあれば屋台もしっかり写せたんだが……

東京メトロにありがちな(?)歩道に入り口が出現するタイプの駅のほうが写真映えする気はするが,神保町のような雑居ビルに入り口が張り付いているような構造も,それはそれで.

うまい位置にある出入り口がA1しかなく,他に神保町らしいものはないか!ということで駅の方向を示すサインを.

神保町交差点(靖国通り・白山通り)を背景に.奥にあるのが祭りのメイン会場(?)なのだが,スーツセレクトの自己主張が……

おわりに

晩飯はひっさしぶりのサイゼリヤ神保町店へ.夕飯をサイゼで食べることはめったにないので,コスパ最強と噂のグラスワインを頼んでみた.

本当に思いつきで出かけたけど,久しぶりに神保町に行けてよかった.来年から(少なくとも数カ月は)東京にいるので,神保町にも行きやすくなるかな.

現像のほうは,普段はYokohama Night Walkシリーズで顕著だが青寄りにホワイトバランスを振ることが多いのだが,今回は暖色寄りのほうが本の暖かみみたいなものが表現できて良いと思ったので暖色寄りに.

カメラはα7II,レンズはSonnar T* FE 35mm F2.8 ZA(SEL35F28Z)とSIGMA 70mm F2.8 DG MACRO.こういう屋台系のお祭りは中望遠寄りのほうが使い勝手が良いように感じる.

久しぶりに屋台形式を見たのでまた台湾に行きたくなってきた.

迪化街(Díhuàjiē) 西門町から歩いて迪化街(Díhuàjiē)へ. 古くからの問屋街らしいこの街は,これまた異国感漂う街並み.台北中心部よりも更に「アジア感」に寄せたような光景. ホテルへ 迪化街からホテルへ. 本当のこと...

0 件のコメント:

コメントを投稿