2018/09/20

上野の森美術館で「世界を変えた書物展」を見てきた

Twitterでちょっとバズっていた上野の森美術館「世界を変えた書物展」を見に行ってきた.

Sponsored Link

【2018/09/12】

普段は美術館とかにはあまり行かないのだが,この展示は撮影自由ということだったので,滅多にないシチュエーションが撮れそうだし見に行こうかな,と.

あと無料だったので……

所狭しと書籍が並ぶ様は圧巻.

ザ・書斎って感じ.

歴史を感じてるっぽさ,といことでモノクロ.

よくもまあこれだけ運んできたものだと変に感心してしまった.

この「世界を変えた書物展」のすごいところは,まず撮られることを前提とした展示になっていること.展示には学生も関わっているらしいので,その辺りが効いているんじゃなかろうか.写真映えしそうな展示をし,SNSでバズって更に集客する,みたいな.実際自分もTwitterからの流入なので……

後は書物展の内容面でいうと,上の写真にあるように様々展示されている書物が連なって学問領域を形成し,連関しているということを示すスタイルの展示が良かった.正直我々素人は本のタイトルやら中身を見てもあまり理解できないのだが,こうして古の知の積み重なった先に現在がある,ということが啓蒙されているのが良かったと思った.

高校の「倫理」とかもそういう教え方をしてくれたらもう少し興味深く聞けたと思うんだけど……

0 件のコメント:

コメントを投稿