2018/09/13

iPhone2018年モデルが発表されたので今後の個人的スマホ戦略を考える

スマホ戦略って言っても,メーカーの戦略ではなくユーザーたる自分の行動戦略,ということで……

Sponsored Link

スマホに求めるもの

はじめて携帯を買ったのが高校入学時,あの頃少なくとも地方の田舎ではスマホというものは普及しておらず,一部のギークがiPhone3Gとか言うのを持っていた時代だった.

大学入学以降はガラケー+スマホ(or ipod touch)の2台運用がしばらく続き,スマホ1台に統一したのは振り返ってみると意外と最近だったりする.

ガラケー時代が長かったからか,スマホに求めるものはそう多くはない.機能面では普通に使えればいいと思っている.「普通」と言っても様々だが,自分の場合はメール・Twitter・ネットサーフィン・LINEが支障なくできれば何の問題もない.カメラも使うが,画質に拘っているわけではなくカメラがついていれば十分くらいにしか思っていない.

機能以外で絶対視しているのはこれまで散々騒いできた通りコンパクトさ.これまで使ったスマホはSHARPの「si」シリーズ「SH-07E」とXperia Z5 Compact.片手操作は正義.

そしてできれば欲しいなと思っているのはモバイルSuica機能.買い物の半分くらいをSuica支払いで賄っており,VIEWSuicaにチャージするため券売機に立ち寄るのが面倒だと思っていて,スマホでチャージできるならそれが一番いいかなと思っている.

型落ちになるiPhone 8を買おうと思っていたけど……

iPhoneの2018年モデルが発表されたわけだが,これはリーク時からデカすぎることが明らかだったのでこれを直接楽しみにしていたわけではなかった.むしろ待っていたのはiPhone 8の値下げ.1年型落ちとなるiPhone 8はそこそこ小型で,Suicaも使えるので申し分ない.

で,値下げされたiPhone 8は税別67,800円也.税込みにすると73,000円強になる.円安と消費税は死ねばいいと思う.

冷静に考えてみるとスマホに7万強は高い.さっきも言ったとおりスマホは“普通”に使えれば何の問題もない.CPUがどうだとかは全く興味が無いので,実質現スマホ(Xperia Z5 Compact)との違いはSuicaが使えるようになることだけ.そのために7万はちょっとね……

更に不安なのがAppleの行く末.今回発表されたモデルを見た感想は「いらない機能がてんこ盛りにされて価格が高騰してんな」に尽きる.革新的な何かがあるわけでもなく,スペック厨的にてんこ盛りにしただけ,みたいな.その上サイズもでかくなる一方.

今回の発表でiPhone 6SとSEがディスコンとなり,順当に行けば来年には7が,再来年には8がディスコンになる.今iPhone8を買ったとして,次に乗り換えるときにAppleはどんなスマホをだしているんだろうか.このペースでいくと最安モデルですら10万を超えるような無駄なハイスペック機を繰り出している未来がちらつく.

比較的オープンなGoogleに対して,iOSを使うとなるとある程度Appleのエコシステムにロックインされる形になる.そういう事情を踏まえると,今のAppleと心中覚悟が必要になるんだが,その覚悟は……ない.

AndroidでモバイルSuica付き小型スマホを使うなら

じゃあiPhoneは諦めてAndroidにしようか,ということになるが,AndroidでモバイルSuica付きで小型のモデルはAQUOS R Compact一択.

価格コム最安値で58,000円.発売から半年以上経過してようやく価格も落ち着いてきたようだ.それでも6万弱.ちょっと……高くない?

モバイルSuicaを諦めるなら

いっそモバイルSuicaを諦めるなら,となるとSONYのCompactシリーズが選択肢に浮上してくる.ふざけた厚さのXZ2 Compactはちょっと,という感じだが,XZ2 Compact登場で発売開始後半年もたたず型落ちと化したXZ1 Compactの海外モデルなら実は4万円強で買えるので結構お買い得.

ただね,冷静に考えるとXZ1 Compactを選んだ場合Z5 Compactと機能面ではそれほど違いがないわけで……(スペックは強化されてるけどやることがネットサーフィンくらいなので無意味).

そもそもXperia Z5 Compactでまだ戦える

冷静になってそもそもなんでスマホの買い替えを検討してるんだ?と考え直すと実はよくわからない.確かにZ5 Compactは最近調子が悪い(Bluetooth回りでのトラブル・突然壁紙が真っ暗に・バッテリーの減りが早い)のだが,ある意味買い換えるための口実探しをしていたところもあるので,実用上は問題なかったりする.「モバイルSuicaが使えたら良いなあ」というちょっとした考えが始まりな気がするが,スペック面ではXperia Z5 Compactで全く文句がなく,現状モバイルSuicaを使うためだけに6万,7万と払う気にはなれない.

ただこれは来年度以降変わってくる可能性がある.というのも,来年度からは悲しみの社畜になるわけだが,配属地が東京以外の可能性がある.その場合VIEW SuicaにクレジットチャージができなくなるのでモバイルSuicaはマスト,ということになる.

ということで,iPhoneの高騰で冷静になって考えた結果,少なくとも配属確定まではXperia Z5 Compactで戦い,東京以外の配属になったらiPhone 8もしくはAQUOS R Compactを買うのが良い,ということで落ち着いた.

おわりに

今年のiPhoneのラインナップを見ているとクソとしか言いようがないと個人的には思っているのだが,そのクソっぷりのおかげで早まらず落ち着いた意思決定ができたのは良かったかな,と.その点についてだけはAppleに感謝している.

それと,廉価版Macbookのほうはどうなりましたか……(小声)

0 件のコメント:

コメントを投稿