2018/08/17

就活雑感:就活用写真の印刷はセブンイレブンの証明写真サイズプリントが盤石だった

就活シーズンがはじまって,証明写真が必要になるシーンが増えた.単発では証明写真機でパスポート用に写真を撮ったことはあるが,ここまで枚数が必要になるのは大学入試以来である.

大学入試のときと違うのは,入試と違って紙ベースだけでなく写真データが必要になることもある点である(最近の入試は知らないが少なくとも5年前はそうだった).

Sponsored Link

証明写真,自分で撮るか,写真館で撮るか.

証明写真のデータを手に入れる方法は大きく分けて2つ.自撮り写真館かである.

自撮り

年配の方は「就活用写真を自撮りィ!?」なんて思うかもしれないが,自分の周りでは割と普通に行われている.文字通り自分で撮るのでなくても,友だちに頼んでスマホで撮るようなことも多い.

メリットはやはり懐に優しいこと.自分でスマホかなにかで1枚撮って終了,である.

デメリットはトリミングが面倒とか,十分に広い白い壁が必要とか.自分の場合は後者のハードルが意外に高くて,狭っ苦しい部屋故に何かしら写り込んでしまいそうだったので自撮りは諦めることにした.頼む友達もいないし.

写真館

その点,写真館は面倒臭さは一切ない.写真館に行く,撮ってもらう,Done.である.

自分の場合は横浜そごうにある写真館へ行った.無印とかロフトと同じフロアにある.

多少値段は張るが,丁寧に撮ってくれるし仕上がりも綺麗で満足.トリミング目当てで修正を頼んだら,前日にアーモンドチョコを食いすぎてできたニキビが消されていたのには爆笑した.

全体的に綺麗になっているのが面白すぎて後輩に見せたらやはり爆笑された.「お見合いに使えますよ!」とまで言われたのでクオリティは十分.なんでお見合いする前提なのかは知らんが.

いずれにせよ,印刷はセブンイレブンの証明写真サイズプリントが盤石

自撮りにせよ写真館にせよ,証明写真データを手に入れることはできる.OpenESのようにデータで完結できる場合はそれで問題ないのだが,残念ながら就活では紙ベースの履歴書やESを要求されるシーンもちょくちょくある.大してエントリーしていない私でも,数ヶ月で数件紙ベース案件があった.

写真館で撮ったならば,写真館に印刷を依頼することができる.これは一番楽だがやや値段が張る.一方自撮りの場合は印刷も自分でしなければならないが,仮に家にプリンターがあってもサイズの調整や光沢紙をわざわざ買って……というのは面倒くさい.

写真館で撮影した私は別に写真館に頼めばいいのだが,けちくさいのでもう少し安上がりにならんのかということと,写真受取のためだけにそごうに行くのが面倒ということで別の手段を探していた.そして見つけたのがセブンイレブンのマルチコピー機でできる証明写真サイズプリント

USBメモリに写真のデータを入れて,コピー機に突っ込んで印刷したいサイズ(4x3cmとか)を選んで,顔の位置なんかを調整して印刷.4x3cmの場合は4枚分が1枚の用紙に出力されて200円.安い,早い,手軽.

というわけで,印刷が面倒な自撮りの場合のみならず,写真館でデータを手に入れた人も,セブンイレブンの証明写真サイズプリントは非常に便利なのではないかと思った.データさえ持っておけば出先で急に必要になったときにも対処できるので,地方在住で上京して就活する時は特に便利かも.

こういう時自撮りに抵抗ない人は良いよなあ.

0 件のコメント:

コメントを投稿