2018/07/16

【横浜スパークリングトワイライト2018】夏の花火と大さん橋にやってきた飛鳥2と赤レンガ倉庫を撮ってきた

横浜,夏の海の花火.

Sponsored Link

2ヶ月連続!横浜の花火

先月,開港祭の花火を撮ったのは記憶に新しいが,7月もみなとみらいで花火大会がある.それが「横浜スパークリングトワイライト」.一昨年まではこれに神奈川新聞花火大会が加わって3ヶ月連続の花火大会を楽しめたのだが,昨年から引き続き神奈川新聞花火大会は安全上の問題で中止とのこと.残念.

横浜スパークリングトワイライトの花火の特徴は他のイベントと異なり2日間連続で開催されるということ.開港祭もそうだけど,大本のイベントが複数日開催でも花火は最終日だけということが多い中でこのイベントでは2日間花火を楽しめる.

花火撮影を目論む立場から言えば異なる2アングルから花火を撮れるし,1日目の反省を生かして2日目の位置取りや装備も改善できるという最高の条件.

1日目(2018/07/14):象の鼻パークから花火と大さん橋と飛鳥2

1日目は打ち上げおよそ2時間前から象の鼻パークで場所を取って待機.

海風のおかげで気温より体感は涼しいのだけが救いだった.

19時をまわるとゆっくりと陽が傾いて消えてゆく.そして……

夜のはじまりと共に花火が始まる.

アイキャッチにも使ったやつ.お気に入り.

構図は本当に思ったとおりになったのでただただレリーズを押すばかり.

パラパラと花火が散っていく感じが好み.

迫力もあってこの日のベストショットかもしれない.

カラフル.

あまり同じ構図の写真をベタベタ続けてもしかたないのでこの辺で.

2日目(2018/07/15):花火と赤レンガ倉庫

1日目は家を出る段階で象の鼻パークを目的地にすることに決めていたが,2日目は割とノープラン.

象の鼻パークからの撮影は大満足だったのだが,同じ構図で2枚撮っても仕方あるまいということで少なくとも1日目とは違う場所で撮ろうと決めて家を出た.

1日目は大さん橋と寄港した飛鳥2と花火を収めることができた.2日目も何か横浜らしいものと花火を収めたいと考えて,打ち上げ場所的になんとかなりそうなのは赤レンガ倉庫だろうとあたりをつけた.

まず行ってみたのは新港サークルウォーク.楕円形が印象的なこの歩道橋の上から赤レンガ倉庫方面を見ると構図的にはバッチリ.ただ人がたくさん歩くと歩道橋自体が若干揺れてしまうので,ゴリラポッドで括り付けても手ブレが発生する恐れがある.

構図的にはパーフェクトなんだけどなあ……と思いながら渋々サークルウォークを後にして付近をウロウロしていたのだがなかなかいい場所が見つからず,最終的には新港中央公園すぐ横の歩道から撮ることにした.

うまいこと位置取りをすると手前の電柱をクリアできること,赤レンガ方面へのメインストリートではないので歩道の通行量が少ない上に歩道自体の広さもかなりあって邪魔にならずに済みそう,ということでこの場所にした.

せっかくなので花火打ち上げ開始前にパチリ.

そして2日目の花火がはじまる.道路をクリアしようとするとやや上側が余ってしまうのが悩みどころ.

大きめの花火のときはこのくらいの角度のほうがちょうど良さそう.

にしても上向きすぎだなあということで構図を微調整.上側は良くなったが今度は赤レンガ倉庫の足回りの草が邪魔くさいのが気になる.

撮影時は道路を走る車の写り込みが気になっていたが,バルブで撮影するのでライトの軌跡が写るだけなのでさほど気にしなくてよかったかもしれない.ただ,小さめのテールライトではなくピッカピカのフロントライトが写ることになる手前車線はかなり軌跡が目立ってしまう.

こんな感じで.

花火の打ち上げから上空での炸裂のタイミング,そして手前車線を走ってくる車を注視しつつの撮影になるので1日目よりはシビアだった.

この後よりによって目の前に路駐をかます車が現れたところで残り時間は10分.桜木町駅で大混雑に遭遇するのもしんどいということで早めに切り上げて帰宅した.

おわりに:来年以降撮影するための知見集

象の鼻パークからの撮影

大さん橋と飛鳥2と花火を一挙に収められる超オススメポイント.ただその分人気は高いらしく,最前列を確保したいなら遅くとも1時間半前には来る必要がある.撮影をしないならその後ろに広いスペースがあるが,こちらも1時間前から続々と埋まっている印象がある.

レンズは広角寄り,最低でも換算で35mmくらいは必要.欲を言えばもう少し広角寄りのほうが良いと思った.現に今回は35mmで撮ったのだが最大級の花火は上側が切れてしまった.28mm,いっとく?

最前列で撮るなら柵を使えるので三脚がなくともゴリラポッドで良い.というかでっかい三脚を立てると後ろの迷惑になりそう.柵にゴリラポッドを巻いてその手前に折りたたみのイスでも置いて座りながら撮ると良いと思う.自分はしゃがみながら30分撮り続けたが膝がガクガクになった.

キャプテンスタッグの三脚イスは非常にコンパクトで運びやすいのでおすすめ.

新港中央公園横からの撮影

歩道の手すりにゴリラポッドでもなんとかなるといえばなるのだが,アイレベルまで上げられる三脚があれば手前の車の光跡もクリアできるような気がしている.

路駐車は自分の前に停まらないことを祈るばかりかな,と.これもある程度の高さの三脚があればなんとかなるかもしれないが…….あの暑さの中三脚を担いでいくのもなかなかしんどい.

色々気を使うことが多いのでどうしても赤レンガを絡めたいのでなければおとなしく象の鼻パーク行けば?というのが正直なところ.

既に先客がいて使えなかった新港中央公園の小高い丘に三脚を設置したら案外いい感じに写るんじゃないかという気もしている.来年機会があれば……

おわりに

ちょうど猛暑がやってきたタイミングの2日間になってしまい,2日で信じられないくらい汗をかいた.でもそれに見合う戦果は得られたかな,という感じ.

というか満足しすぎてこの後まだまだ続く花火大会どうする……?っていうレベル.

花火鑑賞中,2日間で3台救急車を見た.熱中症対策はしっかり.

0 件のコメント:

コメントを投稿