2018/06/24

横浜市民が選ぶ!今年行きたい花火大会【2018年】

夏だ!花火だ!

Sponsored Link

花火大会のえらびかた

鎌倉,八景島,横須賀と続いた「あじさい三部作」も終わり,被写体の“季節”は初夏から盛夏へ移り変わっていく.

そんな中,今年(も)撮りたいと思っているのは大きく分けると花火風鈴なのだが,風鈴のほうはともかく花火大会は首都圏各地で開催されるので,どの花火大会に行くかというのが結構難しい.

とりあえず自分的に花火大会選びで大事にしているのは以下の点.

そこそこの時間に帰宅できる

行く前から帰る心配かよと言われそうだが,これは非常に大事.必ず翌日がフリーというわけではないし,早く帰ってこれるならそれに越したことはない.

日帰りなのは大前提だし(大曲とかなら旅行として行ってもいいけど),終電ギリギリとかではなくそこそこ余裕を見て帰ってこれるくらいの場所を選びたい.横浜市民的には南関東が主戦場になる(「横浜市民が選ぶ」だけど横浜市に限るわけではない).

そんなに混んでない

帰る心配に次いで混雑を考えるあたり何となく後ろ向き思考が目立つが,これも非常に大事.だいたい混雑というのは疲れるし,群衆というものは非合理な動きばかりするのでストレスが溜まるのだ.

従って,超有名花火大会は避けることにする.隅田川,お前だよ.

公共交通機関によるアクセスが比較的容易

ペーパードライバーなので電車かバスで行けるところで.

この縛りは意外と足かせになって,例えば横浜市から車利用だとアクアラインを通れば房総半島が射程に入るのだが,電車利用だと東京湾をぐるっと回ることになり,時間的にアウトになる可能性が高い.

写真を撮れそうなポイントがある

まあ,それが主目的だし.

以上の点に留意しながら,今年行きたい花火大会を選んで見る.

2018/07/14~15:横浜スパークリングトワイライト2018

6月に開港祭で花火を打ち上げていた横浜港だが,7月も懲りずに花火大会.今回の打ち上げ場所は山下公園海上とのことだが,そうなると観覧場所は港の見える丘公園か,大さん橋か,少し離れて新港のどこかか.慣れ親しんだ土地だけに候補が色々あって悩ましい.

【Googleカレンダーにこの予定を追加(1日目)】
【Googleカレンダーにこの予定を追加(2日目)】

2018/07/24:鎌倉花火大会

珍しい水中花火がある.最寄りは江ノ電のようだが,通常時から混雑がひどいのに況や花火大会時をや.鎌倉駅から歩いたほうが精神的によさそう.

【Googleカレンダーにこの予定を追加】

2018/08/01:江東花火大会

荒川河川敷で打ち上げられる江東花火大会.調べたところ,都内開催の割に来場者数が少ないのが特徴のようだ.

河川敷で打ち上げるので撮影スポットは多いと思う.混雑を避けるなら江戸川区側が穴場になるような気もする.

場所的に交通機関を東京メトロ東西線に依存する形になりそうなので,帰り際は早めに切り上げて撤退しないとしんどそう.

【Googleカレンダーにこの予定を追加】

2018/08/04:あつぎ鮎まつり大花火大会 or 開国花火大会2018

神奈川県内2箇所で同日開催.厚木か横須賀か.

打ち上げる数的には厚木のほうが多いが,来場者は横須賀のほうが多い.それだけで言えば厚木のほうが良さそうなのだが,横須賀は海側で打ち上げるので花火を撮れるスポットも多そうだし,何より綺麗に撮れそう.悩みどころだ.

【Googleカレンダーにこの予定を追加】(厚木)
【Googleカレンダーにこの予定を追加】(横須賀)

2018/08/07:三浦海岸納涼まつり花火大会

鎌倉花火大会同様,水中花火がある模様.他ではあまり見ることができなそうなので興味深い……が,公共交通を京急線に依存するので帰りの混雑がヤバそう.

【Googleカレンダーにこの予定を追加】

2018/08/15:大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」

多摩川の花火っていうと後述の多摩川花火大会(川崎市・世田谷区)が有名だけど,大田区もこっそり六郷で花火大会をやっている.

【Googleカレンダーにこの予定を追加】

2018/08/18:鶴見川花火大会

昨年,家を出るも雲行きが怪しく,豪雨レーダーを見たところあからさまにヤバさを醸し出す雲が接近していたので帰宅した曰く付きの花火大会.今年こそは行くぞ.

【Googleカレンダーにこの予定を追加】

2018/09/29:北区花火会

昨年唯一行った花火大会.秋開催なので涼しいし,地元のお祭感があってそれほど混雑しないのも良い.

花火は、夏だけのものじゃない。 夏のリベンジ 【17/10/14】 夏の後悔を秋に取り返せるなら,そうしてしまいたい. 夏の後悔 台風の可航半円が連れてきた寒気が一気に季節を秋にした. 気づけば夏休みも半分を消化した.逆に言...

執筆時点で時間未定なので予定追加リンクはナシ.

2018/10/13:川崎市制記念多摩川花火大会・世田谷区たまがわ花火大会

個人的に何かと縁のある隣町・川崎市と更にその対岸世田谷区の同時開催.今年から秋開催になるとのことだが,競合がなくなるので混雑が激しくなるかもしれないのだけが懸念材料.

多摩川のどちら側で見るかが結構戦略的に重要になりそうな気もする.

【Googleカレンダーにこの予定を追加(川崎)】
【Googleカレンダーにこの予定を追加(世田谷)】

おわりに

去年は鶴見川だけを狙った結果ゲリラ豪雨が直撃.結局夏の花火は撮れなかった.

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる.今年はたくさん花火大会に行きたいと思う.

0 件のコメント:

コメントを投稿