2018/02/01

「Carl Zeiss Jena MC Flektogon 35mm F2.4」で風景撮りに挑んだが予想以上に難しかった話

【2018/01/15】

Flektogonが届いて,珍しくフットワーク軽く受け取ってすぐ試しに使ってみたのだが,遠景のピント合わせが難しいと大騒ぎ.

またやってしまった. Jupiter-9を買ったもののまだ出番もない癖に2本目のオールドレンズを買うアホがここに. 50mmに何とも言えない窮屈さを感じ,やっぱり広角も欲しい!ということで手を出したのが Carl Zeiss Jena MC Flekt...

この日は夕方だったということもあり,シャッタースピードを稼ぐために絞りが甘くなりがちだった.しっかり絞ったときのフィーリングを別途試したい!と思っていたのだが,翌日チャンスはやってきた.

今回の撮影もテスト撮影だから,あまり遠出した挙句やはりピント合わせ難しかったです!とかだと泣くに泣けないので,お手軽に近場で.午前中に横浜市内で用事があったので,帰り際に横浜駅付近の開けた場所で試したらよかろうということで選んだのは「ポートサイド公園」.

横浜駅きた東口を出てベイクォーターのほうへ進み,川沿いに進むとたどり着く.ここに公園があるのを知ってる横浜市民の割合は多分3%もないだろう.

公園についてカメラを取り出し,構えたらすぐに貨物列車がやってきたので慌てて1枚.絞ったときの写りを試す目的なのでF16くらいまで絞っている.その結果シャッタースピードが地味に足りず貨物列車はブレてしまった.

ただ,奥の建物群には割としっかりピントがあっているように見える.ものすごーく拡大するとさすがにつらいが……

振り返って1枚.この日一番のお気に入り.35mmの広角らしい絵.そしてこれは撮って出しなのだが,色が良い.さすがカール・ツァイスか.そうなのか.ピントも主題の建物にしっかり.

ふたたび川方面へ.ピントは架線柱あたりにしっかり来ているようだ.その後ろの建物もそこそこ解像.更に奥に辛うじてベイブリッジが写っているが,撮るときには気づいていなかった.

妙に人を警戒しない鳥がウロウロしていたので中距離のピント合わせも試してみる.さすがにMFだと動く鳥を狙うのは難しい.少し手前の地面にピントがあっているっぽい.

中距離で撮って,トリミング.ピントはいい感じ.

やはり中距離~のピント合わせは難しい.

晴れた日に試してみたわけだが,やはりピント合わせは難しい.特に中距離より遠い域でのピント合わせが難しい.

ピントリングを見るとわかりやすい.一応フォーカスの距離の目安が書いてあるが,1.5mと3mの間のピント調整の角度と,3mから無限遠(∞)の角度がほぼ同じ.∞が出てくるので一概には言えないのだが,3m以上でのピント合わせは1.5mから3mの間の何倍もシビアになることがわかる.

これはこのレンズ特有の話なのか「広角レンズのピント合わせはシビア」と言われるのがこれが原因なのか,詳しくないのでわからないが,いずれにせよ使いこなすには特にピント合わせを練習する必要がありそうだ.

以前,アイピースカップを買い替えたという話をしたが,実はこの日の試し撮りがキッカケだったり.アイピースカップやらメガネやらでファインダーが見やすくなるように工夫しつつ,やはり最後はピント合わせの腕の問題になるのだろう.

0 件のコメント:

コメントを投稿