2018/01/27

α7IIのアイピースカップをFDA-EP16からα9用のFDA-EP18に変えた

左,α9用FDA-EP18.右,α7II標準付属のFDA-EP16.

先日,いつもの通りα7IIを持ち出してパシャパシャやっていたところ,天気が良かったからか異常にファインダーが見にくい.背面のディスプレイならともかく,ファインダーが,である.

この手の見にくさは大体の場合,光が視界に入り込んでいるというのが問題である.従って,アイピースカップをより目に密着するようにする必要があるのだが,メガネが顔の一部と化している私の場合,いかに眼鏡のレンズとの隙間を減らすかというのが課題になる.

色々調べたところ,α9用の新型アイピースカップがメガネユーザーから好評らしいので,それに付け替えてみることにした.

というわけで,さよなら純正アイピースカップ.


しかしまあ,落ち着いて考えてみるとα7II購入から半年近くたって,初めてファインダーが見にくかった.あの日のように天気の良い日に持ち出したことは他にもあるはずなのに,である.

では最新の撮影とそれまでの撮影の違いが何か,よく考えてみたら最近メガネを鼻パッド無しのものから有りのものに変えているので,それが原因でメガネのレンズと眼の間の隙間が広くなったから見にくくなったんじゃないのか!?

完全な対照実験のためにはアイピースカップ2種類と同一度数で鼻パッド有無が異なるメガネ2種類を使って4パターンの比較をしなければならないらしい.またメガネで散財するのか(諦め)

しかしこのアイピースカップ,純正とはいえ1,000円超えは高すぎなのでは…….レンズキャップといい,純正のアクセサリは高い.ほとんど「SONY」ロゴに払ってるんじゃなかろうか.

0 件のコメント:

コメントを投稿