2017/12/16

【台湾旅#10】さよなら台湾

桃園空港へ

台北駅についた.まだ少し時間はあるが,早めに桃園空港に向かっておきたい.

ただその前にお土産を……と思って台北駅構内の微風廣場(Wēifēngguǎngchǎng)というお店がたくさんあつまるエリアでネット情報も参考にして順成蛋糕(Shùnchéngdàngāo)の牛軋糖(Niúyàtáng)を買った.そこそこ日持ちするし小分けされたヌガーがたくさん入っているのでばらまき用にはいい感じだな,と.ゼミと祖父母宅に持っていったのだが結構好評だった.留学生の中国人いわく有名なお菓子屋(ケーキ屋?)らしい.

桃園空港への帰路は桃園MRTで.直達車(快速?)なら40分ほどで桃園空港まで行ける優れものである.深夜帯も走ってれば良かったんだけどね……

車内には飛行機の到着・出発時間を表示するディスプレイもあり,新しく作られたということもあってか小奇麗な車内だった.


桃園空港に着いて,まず手持ちのEasycardをどうするか考えた.数年前に台北に行った人のブログでは「有効期限は2年」みたいなことが書かれていて,2年以内に台湾にくるかは微妙だなあと思って悩んでいた.しかし更に調べると,最近のブログで「有効期限は最終利用から20年」という記事もあった.20年以内なら1度くらい台湾にまた来るんじゃない?と思ったが,この20年というのは単に2年と打とうとして間違えた可能性もある.そこで念のため空港内のMRTカウンターに行って聞いたところ,やはり20年がEasyCardの有効期限らしい.路線網同様こういうところも凄まじい勢いで仕様が変わっていっているようだ.

20年以内ならまた台湾に来ることもあろうし,払い戻しには手数料がかかるらしいし,残額分をコンビニで綺麗に使い切るのも面倒くさいなあ,ということでまだいくらかチャージ分が残っているEasyCardは持ち帰ることにした.これで次回の台湾旅行のときはEasyCard発行機を探して台北駅を彷徨う必要はなさそうだ.

利用するジェットスターは第1ターミナルから出発するのだが,時間はあるので空港内を探検するつもりでわざと第2ターミナルで降りた.2タミにはきれいなフードコートがあったので,ここで最後の晩餐.台湾らしいものを,ということで牛肉麺を選んだが,思った以上に辛くて大変だった.

その後第1ターミナルと第2ターミナルを結ぶスカイトレインで第1ターミナルへ移動したのだが,まあなんというか後付感ある通路で笑った.なんだこのエアコン.

まだまだ時間があるので今度は第1ターミナルのフードコートで柄にもなくキウイジュースなんて飲んでしまった.目の前でキウイを絞る100%ジュースなのだが,やはり日本で飲むのと比べるとだいぶ安かった記憶が.

チェックインがはじまるまでだだっ広いフロアを眺めながらベンチに座る.時折荷物移動用のカートを運ぶおばさんが大声で何かを叫びながら通っていく.なんと言っているのかはわからないが,「カート通りまーす」的な感じなのだろう.ただ半ば怒鳴りつけるような勢いだったので笑ってしまった.

いよいよチェックイン.復路もワンチャン非常口席あるか!と思ったが残念,普通の席だった.窓口の係員には日本人もいるのかと思ったが,台湾のLCCであるタイガーエアに委託しているようで,日本人はいなかった.

手荷物検査と出国審査をあっさりと通過し制限区域へ.出国審査に関して言えば,1ページ目の左側の上に日本出国,下に台湾入国のスタンプが押してあったので,当然台湾出国は右側の上に押してくれるのだろうと思っていたら2つのスタンプの真ん中に出国スタンプが押された.そのセンスはさすがに……

東京

早く制限区域に入りすぎた.買い物する気もなかったが免税店も大概閉まっているし,自動販売機はあったので残りの元のコインで水を買って飲むことくらいしかできない.あと書き忘れたが,ニュー台湾ドルから日本円への両替は制限区域に入る前に済ませた.制限区域内にも台湾銀行の窓口はあったが,係員はいなかったので時間的にやっていないのかも.たまたま離席していただけという可能性はあるが.

なるほど,こういうときに空港のラウンジが使えるといいんだなあ,ANAのSFCとかJALのJGCとかほしいなあなんて新たな沼地に足を突っ込みかけながら,何を言っているのかもわからないテレビをぼけーっと見ていた.

永遠とも思える無為な時間を搭乗ゲート前で過ごし,ついにやってきた搭乗時間.

機内に入るとやたらと暖房が効いていて暑い.さっさと着席して寝る体制に入る.出発は2時,到着は日本時間6時くらい.往路と違い到着後に寝るような時間ではないので,できるだけ睡眠時間を稼ぎたい.

さすがに疲れていたからか(日本時間3時とかだし)すんなりと眠りに落ちたが,横に人が立った気配で目が覚める.どうやらCAが日本の税関申告書を配っているらしいので,受け取って眠気と戦いながらミミズのような字で記入.

その後寝たのはいいのだが,次に目が覚めた時に耳が気圧の変化に対応できなかったらしく激痛が走る.到着までまだ時間はあったのだが,その激痛で眠気が吹き飛ばされてしまい,眠ることはできなかった.結局寝たのは2時間もなかったと思う.

通路側に座っていたのだが,反対側の窓から陽の光が差し込んで,しばらくすると陸地が見えてくる.日本だ.帰ってきたんだ.

左手首に巻いた腕時計が数日ぶりに役に立つ.時刻は6時過ぎ.ジェットスターGK12便は成田空港に着陸した.

ドアが開いて,外に出ると数日振りの寒さが身体を襲う.寒い.冬ってこんな感じだったんだ.台北はボーディングブリッジを使うが成田ではランプバスで移動.

ターミナルビルに着いて,眠気でもつれる脚を動かしてまずは入国へ.外国人ブースは混雑していたが,日本人ブースはガラガラ.「お願いします」が通じる幸せ.特に何も言われず入国スタンプを押してもらい入国.ここで入国拒否とかになったほうがブログ的には面白かったが.

その後税関では機内で書いたくっそ汚い税関申告書を渡す.「台湾へは観光で行ったんですか?」と聞かれたが,よく考えると台湾入国のときにさえ目的を聞かれなかったので,これがこの台湾旅行で最初で最後の「目的」質問だった.

死ぬほど時間の掛かった台湾入国とは対照的に30分もかからず無事日本入国を果たして,金曜日の夜にうどんを食ったフードコートを尻目にバスのりばへ急行.

この時間帯はTHEアクセス成田が走っていなかったので,京成バスの東京シャトルに乗り込んで東京駅へ.バスから降りた八重洲口はサラリーマンで溢れていた.そうか,今日は月曜日だったか……と,思い出す.

東京駅から東海道線に乗り込んだところでようやく帰ってきた実感が湧いて一息.深夜移動続きで大変な旅行だったが,良い旅行だった.

おわり.

0 件のコメント:

コメントを投稿