2017/09/29

庭園を撮るのは難しい

【17/09/01】

私は庭園が好きだ.

それに気づいたのは金沢・兼六園だったと思う.

むくり。 普段、家では6時過ぎに目が覚めても二度寝して8時半くらいまで布団にいることが多いが、さすがに旅行中はしっかりと起きる。 もそもそと朝食をとり(朝はなかなか食が細い)、早速金沢観光をはじめる。 I'm at アパホテル 金沢中央 in 金沢市, 石川県 http...

いや,確信したのは六義園だったか.

色々あって、桜を見に出かけた。 pic.twitter.com/91KyLmabPZ — レトレ (@retore) 2016年4月1日 最初に行ったのは六義園。駒込駅近くにある大名庭園らしい。らしい、と言うのも、こんなにアクセスがいいスポットにも関わらず今まで...

いずれにせよ,昨春に庭園の魅力に気づき,以来岡山・後楽園や浜離宮に行った.

今回訪れたのは新宿御苑.

どこに行ってもキッズが多すぎてうんざりした8月も終わり,彼らが「宿題やったけど家に忘れました」などと見苦しい言い訳をはじめる9月こそ,大学生が遊びに繰り出すにはふさわしい.

なので,初日からどこかに出かけるというのは絶対に決めていたが,天気予報は雨.

多少の雨ならα7IIに乗り換えた今となっては問題ないので,雨が映えるところに行こうと決めた.結果,思いついたのは新宿御苑.多分,というか間違いなく「言の葉の庭」の影響だと思う.

そんなわけで曇り空の横浜を抜け出して,ワクワクしながら新宿御苑前駅の出口から地上に出ると,そこに広がっていたのは夏と秋の中間みたいな青空.おっかしいなあ……

入場券はQRコード.ちなみに入場料は200円.こんなに安いとQRコード対応の改札機の元取れてるのか他人事ながら不安になる.

思えばカメラを買ってはじめて行った庭園は後楽園で,そこではなんとも言えない感覚を味わった.

そして2度目の庭園訪問となる浜離宮では,何とも言えない違和感があった.

そして今回の新宿御苑ではっきりした.庭園を撮るのは難しい.

私は庭園が好きだ.でも,庭園の何が好きなんだ?と自問すると,答えはなかなか返ってこない.

なんとか言語化しようとするなら,多分好きなのは庭園の雰囲気であって,特定のモノではない.だから撮るのが難しい.モノがないから.本当に撮りたいものが雰囲気だから.

「雰囲気」とは何か.特定のモノではなくて,そこにある全てのモノが関わり合う何か.その“何か”を言語化できないから,満足のいく写真が撮れない.

今回も満足のいく自分の好きな庭園的写真は撮れなかったが,その原因をようやく把握できただけでも一つの進歩かな,と.

要は,そこで自分が感じる雰囲気の良さは何から生み出されているのか,それを考えた上で撮らなければいけない,ということだろう.

そうそう,今回唯一の収穫は,何も考えずに撮ったツルボの写真に蜂が写り込んでいたこと.撮っているときはまったく気づかなかった.

中望遠があれば.マクロがあれば.蜂に突き動かされる物欲.

最早言う必要もなさそうだけど,機材はα7II+FE50mmF1.8.最初の新宿御苑の看板の写真だけRX100.

0 件のコメント:

コメントを投稿