2019/04/24

学割・片道大回り・乗継割引の組み合わせで飛騨高山に行ってきた【前編】

5年ぶりに飛騨高山に行ってきた.

Sponsored Link

学生時代の旅行の集大成

引っ越しのゴタゴタ騒ぎを理由にのんびりしていたら,行こうと思っていたベトナムへの航空券の値段が高騰し,行けなくなった.いや,正確には行けたのだが,航空券だけで10万円もするとなるとね~という感じ.

色々考えて思いついたのが飛騨高山.大学1年の終わりに行ったしなあ,と思ったけど,それでも早いものでもうあれから4年が経つことに気づいた.

前回は青春18きっぷを使い,ムーンライトながらから高山線の鈍行に乗り継いだ1泊4日の強行日程だった.今回は卒業前最後の旅行ということもあるし,元々海外に行こうと思っていたことを考えればもう少し贅沢しても良いかな,ということで普通に新幹線に乗る.

ただしただ普通に往復するのも芸がないので,ここ6年の旅行の経験も踏まえ,色々お得になるように切符を調達する.

学割

まあ,使えるのも最後だし.

ある程度の距離があれば単純に2割引になるのはデカイ.

片道大回り・途中下車

単純に往復するのであれば,片道で一筆書きの大回りルートで戻ってきたほうが安上がりになったり,他の観光地にも寄れてお得感があったりする.片道切符でも距離が一定程度長いと途中下車が可能なので,途中で降りて観光してまた続きから乗ることが可能.

金沢・京都旅行の時に使った技.

今回は画像のアップロードをTumblrにしてみる。WordPressの使いにくさを感じる今日此頃、どこかに移動する可能性も考えつつ、画像はどこか外部に置いたほうが扱いやすいのではないかと考えている。 ならTumblrをブログにすればいいじゃないかという意見もありそうだが、ちょ...

乗継割引

特定駅で特急と新幹線を乗り継ぐと特急券が半額になる割引.コレも同じく金沢・京都旅行で使っている.

乗車変更

あとは乗車変更も意外と重要.指定券発券後も1度なら乗車する列車を前倒しすることが可能.今回はカッチリ予定を組むのではなく,考えうる最も遅い列車の指定席を取っておいて,現地で乗車変更していくスタイルにした.

ということで,今回は東京→(東海道新幹線)→名古屋→(高山本線)→高山→(高山本線)→富山→(北陸新幹線)→東京とグルッと回るルートにした.

名古屋がいいところだった話

そんなこんなで警戒していた寝坊もやらかさず,家を出て一路東京へ.東京到着後,乗り換え改札で10分後ののぞみに乗車変更をかけておく.

座席表を見たら妙に空いていてなんでだろうなあ,と思ったら使用車両が700系でなるほどなあ(700系はコンセントがない),とか言っていたらiPhone突然グルグルの待機画面(なんて呼べばいいのか)になってそのままうんともすんとも言わなくなった.

電源長押ししてもどうにもならず,さすがにこれは困ったと思ったけど,よく考えたら移動ルートもホテルも覚えているし,なきゃないでなんとかなったりもする.思えば中学生の頃土・日きっぷという切符で旅行したときはスマホどころかガラケーもなかったよなあ,あの歳で良く山形とか新潟まで行ったよなあとか思い出した.

なくてもどうにかなるとはいいつつも,やはりあったほうが良いのは間違いないので,名古屋駅で下車後AppleStoreへ向かうことにする.問題はiPhoneがないとAppleStoreの場所がわからないということだ.観光案内所に駆け込むと「AppleStoreは栄にある.でも20分後に東急ハンズがオープンするとその中に修理窓口があるのでそっちはどう?」と教えてもらった.

そのハンズの中の窓口では強制再起動のコマンドを使ってもらい(コマンドといってもボリューム↑,↓を押した後電源長押し)あっさりと復帰.助かった.

どうも名古屋を毛嫌いして「名古屋に配属されたら入社前にやめる」とかTwitterで騒いでいたやつがいたが,いやはや名古屋も良いところだと思うよ,うん.人の暖かさがあるというか.良いところだよ,ほんと.

飛騨高山へ

無事iPhoneも使えるようになり,ほくほくしながら再び乗車変更を使って次のワイドビューひだ号の指定席を確保.高山まで特急でもそれなりに時間がかかるので,車内でお昼にすることにして駅弁も買い込んでおく.

ただ,眼の前に駅弁をぶら下げておくと食べたくなってムズムズしてくるので,名古屋駅出発前に早々に駅弁を開封.

味噌カツは色合い的に写真映えしないのが悲しいけど,味はうまい.

車窓はいつしか絶景に.この辺りは川の色が深い緑をしていて本当に綺麗.

久々野を出て長いトンネルを抜けると,飛騨一ノ宮の一帯に出る.ここも『氷菓』の聖地で前回の旅行ではここで下車したのが懐かしい.

飛騨一ノ宮を過ぎると間もなく高山.

おわりに

国内旅行だったから良かったようなものの,国外で1台しかないスマホが壊れることを想像すると若干背筋が凍る.

今後こういう場合に備えて,やはりスマホは2台持ちが正義だと再確認した.だいたい強制再起動コマンドを知りたくなったときにはそれを調べることができないというのもなんだかなあ,としか.しかもそれが電源長押しでないというのがおかしいと思うのだが…….そういうところなんだよなあ,Apple.

名古屋べた褒めしたけど観光するところはあるのか……?

2019/04/21

横浜花見紀行🌸

桜満開の横浜を歩いた.

【2019/04/06】

金曜夜の夜桜見物に大満足したので,明くる土曜日も花見へ繰り出すことにした.

不思議なことに東京より南に位置する横浜のほうが桜の開花が遅い傾向にあるので,東京より横浜のほうが見頃だろうということで横浜へ.前週の金曜日も横浜に来ていたし,翌週の金曜夜も横浜に行く用事があってどうも横浜に引き寄せられる癖が抜けない.

Sponsored Link

三渓園

横浜で桜と言えば大岡川だけど,大岡川は去年行ったので三渓園をチョイス.

【2018/03/29】 去年は2月の三浦半島の早咲きの河津桜,4月に入ってから都内で上野公園・外濠・芝公園,その後川越と桜をあちこち見て回ったのだが,今年は就活就活アンド就活の3月と暖かな気候がもたらした桜前線の北上がぶつかってしまい,なかなかチャンスがなかった. ...

三渓園自体は紅葉を見に行った時以来.あの時の紅葉はほんと良かった……

今年は横浜でいっぱい写真を撮るんだ!と言ってYokohama Night Walkシリーズを始めたはいいが,それ以外に横浜での撮影が意外とできていないというのは地味に気にしていた. 当初の危惧通り,来春には少なくとも横浜から出ていくことだけは確定していて,今のように意味も...

4月第1週の土曜日ということでこの人だかり.これでも駅からのアクセスが悪いので人出は少ない気がする.大岡川とかは……大変なことになってそう.

三渓園の桜は入園後に即ハイライト.浮かぶボートが萌える.

角度を変えると三重塔も見える.

置物かと思ったら本物だったカメ.奥のは落ちそう.

松の間から.

こんな快晴の下でソメイヨシノを見たのは初めてかも.春は曇りがちなので意外と背景が曇天の写真が多い.

三重塔と桜再び.

三ツ池公園

三渓園に行って戻ってくるだけで結構時間が経ってしまったけど,せっかく横浜まで来たのでもう1箇所くらい,ということで鶴見区の三ツ池公園へ.

三渓園は満開だったけど,三ツ池は結構散っていた.

打ち寄せる花びら.

花付きの良いものを狙ってあとはボカす.

最近ハマってるやつ.

おわりに

せっかく鶴見まで来たので海芝浦にも寄ったけど,日没の角度が北寄りなのでベイブリッジ・みなとみらい方面は綺麗な夕焼けとはならず.

三渓園と三ツ池公園の2箇所で桜を見た土曜日.三渓園は本当に見頃ドンピシャという感じで,三重塔もあり写真も撮りやすくよかった.

三ツ池公園は花見的にはやや機を逸した感はあるけど,個人的によちよち歩きの頃にここに連れてこられたことがあると聞いていて,それ以来来たことがなかったので二十数年振りにやってくることができてよかった.当時は途中で爆睡をキメて抱えて歩くのが大変だったらしい.そういう意味では記憶にちゃんと残っている三ツ池公園訪問は今回が初回かな.

来年も機会があれば横浜で花見したい.

2019/04/18

外濠を歩いて夜桜を愛でる【Tokyo Night Walk Vol.01】

From Yokohama, to Tokyo.

Sponsored Link

Walks on Friday Night

【2019/04/05】

4/1から社会人となって分かったのは,自由時間少なすぎワロタということだ.平日は家に帰って風呂に入って飯を食ったら自由になる時間は数時間あるかないか.間違いなく定時に帰れる研修期間中でさえこれだ.

よって土日が貴重になるのだが,写真趣味的に有効に使えそうなのが金曜日の夜.翌日の起きる時間が自由なら夜は比較的自由になる. 写真趣味的には,夜は何を撮っても綺麗に写るということは経験済み.

Take a night walk around Yokohama Sta. Sponsored Link 夜の横浜徘徊 たまに夜景を撮る度, 夜に写真を撮って現像したら何でもおしゃれに見えるな と思っていた. 横浜で夜景といえばみなとみらい ...

そこで,カバンにカメラを入れるためのインナーボックスを買い込み,金曜日は朝からα7IIをカバンに放り込んで出勤.定時即ダッシュで脱出して外濠へ.

3月段階では最後の週末が東京の桜の見頃になるのではと言われていたけど,結局いくつかのスポットは満開が4月にずれ込んだ.外濠も3月31日時点ではまだもう一歩といった感じだったので,4月5日ならちょうど良い塩梅じゃないか,ということで再び外濠を選んだ.

桜は自分がカメラ沼にハマる第一歩になり,その後 「5万円は安い」 などと血迷いはじめるきっかけになったふざけた植物である. そんなこんなで思い入れは深いので,桜は積極的に撮っていく. Sponsored Link 目黒・雅叙園(3月27日) ...

飯田橋駅出てすぐのCANAL CAFE入り口.読み通り桜が見頃.

都市部の夜景は光源がちょうどよくあるので,夜景特有の綺麗さを出しつつ,感度をそこまで上げなくても済むのが良い.

外堀通りを市ヶ谷方面へ.外堀通り沿いはブルーシートを敷いたりするスペースがないので花見客がいない.その分静かに桜を見ながら歩ける.

木によってはちょっと散りかけな感じ.奥は外濠の反対側を走る中央線.

レンズを街灯に向けたら良い雰囲気になった.

外堀通りの奥行き感.

桜は前ボケもいい.

外堀通りを市ヶ谷まで歩ききることが多かったけど,変化をつけるために新見附橋を外濠対岸へ.新見附橋には大声で喚いているオッサンがいて怖かった.

この辺りのほうが落花がやや早いか.街灯に照らされてちょうど散ってゆく花びらが綺麗……なのだが,写真だとその辺りをうまく表現できない.

市ヶ谷駅前.

おわりに

今までなかなか撮る機会のなかった東京の街の夜景を撮ることができ満足度の高い散策だった.

今後も金曜は予定がなければカメラを持って出勤して,帰りに何か撮っていくようにしたい.平日の楽しみはもうそれくらいしかないね……

レンズはSonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)をチョイス.Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZAも持っていきたいのだが,カバンがカメラバッグではないので収容力的にレンズを2本持っていくのは厳しい.新しく買ったレンズという下駄を割り引いてもSEL55F18Zの描写は本当に綺麗でため息が出ることすらあるので,最近はSEL55F18Zのほうがややプライオリティが高め.

SEL55F18Zのアレコレはまたそのうち改めて.