2017/09/30

買ったぞ!FIFA18【初見レビュー】

帰省のゴタゴタで予約し損ねていたが,発売日に無事購入.

今回も17に続き日本語版.今作は前作みたいなJリーグ選手がトップに出てくるケースはないらしい.

体験版との体感的な違い

ついにFIFA18体験版が解禁! FIFA14からFIFAシリーズを遊び始めて18でついに5作目.このブログではキャリアモードを中心に色々とレビューしてきたが,今回は体験版の所感を. FIFAシリーズ体験版のあそびかた 体験版で遊ぶのも15から...

体験版のレビューで,

大事なのは,動き方は製品版と異なる!ということ.FIFA15以来体験版と製品版を両方やってきた経験からすると,体験版はやや重めの,製品版はやや軽めの動き方になっているような気がする.

毎年毎年やや重め調整が好きな人が体験版で「今作は神になりそう!」とはしゃぎ,軽め調整となった製品版で涙する流れを見てきた.体験版の操作感はアテにならない.これがまず大事なポイント.

と書いたが,思った通り今作も体験版より製品版のほうが主にオフェンス面で軽めに調整されているように感じる.

しばらくやっていないのでなんとも言えないけど,FIFA17と同じような操作感かなあ,と思う.

とりあえずキックオフ!で気づいたこと

最近のゲームはディスク突っ込んですぐ起動!というわけではなく,パッチを当ててみたりダウンロードしてみたり.そんなダウンロード中に一試合キックオフモード(要は普通の対CPU戦)をはじめてみた.

まあ当たり前だけど体験版から大きなシステム変更もなく,「おっ,思った通り動きが軽めになってるなあ.」と思いつつ,しょっぱいゴールで手に入れた1点を守りきり勝利.

さてキャリモやるかー!と思ったのだが,「セカンドレグへ」という見慣れないボタンがあり,やってみたところホームとアウェーを入れ替えて同じ相手と再び戦うことができた.

仕組みとしては非常にシンプルだが,結構面白いな,と.軽くカップ戦風味に遊びたいときに重宝すると思う.「セカンドレグ」と言ってるだけあって,ちゃんと合計スコアを見て勝敗を決してくれるようだ.同点にならなかったのでアウェーゴールの扱いは不明.

キャリアモード(選手)で遊ぶ

というわけでキックオフで軽くウォーミングアップを終え,いよいよDLが完全に終了したので恒例の選手キャリアモードへ.感想は……

今のところ,FIFA17と大差なし!

という感じ.まだ1シーズン目のプレシーズンを終えてリーグ戦が数試合しかやっていないので,移籍関係については何とも言えないが,その他のシステムに大きな変更はなさそう.

強いて言うならトレーニングのメニューをいくつかセーブできるようになっているくらい.まあ便利といえば便利ではあるが.

選手キャリアモードでばかり遊んでいるので,個人的にはもう少しテコ入れしてくれるとありがたいんだけどなあ……と思いつつ,ジャーニーと方向性がかぶっているので,いつかそちらに食われてしまいそうな気も……

タイトル長すぎ. 自称「選手キャリアモードやりこみ日本一」 まあ,上には上がいるのは間違いないわけで,日本一というのは完全に盛っているが,それでもどちらかと言えばFIFA17の選手キャリアモードをやりこんだほうだと思う. というか,今の時点では選手キャリ...

さあ,あそぶぞ.

2017/09/29

庭園を撮るのは難しい

【17/09/01】

私は庭園が好きだ.

それに気づいたのは金沢・兼六園だったと思う.

むくり。 普段、家では6時過ぎに目が覚めても二度寝して8時半くらいまで布団にいることが多いが、さすがに旅行中はしっかりと起きる。 もそもそと朝食をとり(朝はなかなか食が細い)、早速金沢観光をはじめる。 I'm at アパホテル 金沢中央 in 金沢市, 石川県 http...

いや,確信したのは六義園だったか.

色々あって、桜を見に出かけた。 pic.twitter.com/91KyLmabPZ — レトレ (@retore) 2016年4月1日 最初に行ったのは六義園。駒込駅近くにある大名庭園らしい。らしい、と言うのも、こんなにアクセスがいいスポットにも関わらず今まで...

いずれにせよ,昨春に庭園の魅力に気づき,以来岡山・後楽園や浜離宮に行った.

今回訪れたのは新宿御苑.

どこに行ってもキッズが多すぎてうんざりした8月も終わり,彼らが「宿題やったけど家に忘れました」などと見苦しい言い訳をはじめる9月こそ,大学生が遊びに繰り出すにはふさわしい.

なので,初日からどこかに出かけるというのは絶対に決めていたが,天気予報は雨.

多少の雨ならα7IIに乗り換えた今となっては問題ないので,雨が映えるところに行こうと決めた.結果,思いついたのは新宿御苑.多分,というか間違いなく「言の葉の庭」の影響だと思う.

そんなわけで曇り空の横浜を抜け出して,ワクワクしながら新宿御苑前駅の出口から地上に出ると,そこに広がっていたのは夏と秋の中間みたいな青空.おっかしいなあ……

入場券はQRコード.ちなみに入場料は200円.こんなに安いとQRコード対応の改札機の元取れてるのか他人事ながら不安になる.

思えばカメラを買ってはじめて行った庭園は後楽園で,そこではなんとも言えない感覚を味わった.

そして2度目の庭園訪問となる浜離宮では,何とも言えない違和感があった.

そして今回の新宿御苑ではっきりした.庭園を撮るのは難しい.

私は庭園が好きだ.でも,庭園の何が好きなんだ?と自問すると,答えはなかなか返ってこない.

なんとか言語化しようとするなら,多分好きなのは庭園の雰囲気であって,特定のモノではない.だから撮るのが難しい.モノがないから.本当に撮りたいものが雰囲気だから.

「雰囲気」とは何か.特定のモノではなくて,そこにある全てのモノが関わり合う何か.その“何か”を言語化できないから,満足のいく写真が撮れない.

今回も満足のいく自分の好きな庭園的写真は撮れなかったが,その原因をようやく把握できただけでも一つの進歩かな,と.

要は,そこで自分が感じる雰囲気の良さは何から生み出されているのか,それを考えた上で撮らなければいけない,ということだろう.

そうそう,今回唯一の収穫は,何も考えずに撮ったツルボの写真に蜂が写り込んでいたこと.撮っているときはまったく気づかなかった.

中望遠があれば.マクロがあれば.蜂に突き動かされる物欲.

最早言う必要もなさそうだけど,機材はα7II+FE50mmF1.8.最初の新宿御苑の看板の写真だけRX100.

2017/09/27

「勉強させてもらう」という言葉

正直はじめて知った.


実家帰省中なわけだが,某キャリア回線のガラケーからMVNOのスマホに乗り換えるべく近くの電器屋に本体を探しに行った.

色々あって購入する機種を決めて店員にその旨を伝えたのだが,調べたところ在庫がなく展示品限りということなので帰ってきた.

その時店員が電卓を持っていたので,帰宅後「あれ展示品だから安くしますよってことだったんかなあ」というようなことを言ったら,母が「でも勉強させてもらいますって言ってなかったじゃん」と言い,????となった.

二十云年の人生でその言い回しを聞いたことがなく,調べたところ「ちょっと値段安くしますよ」ということを意味するらしいが,やはりどんなに思い返しても今まで聞いたことが無い.

今まで値下げ交渉するような経験がほとんどないから聞いたことがないのか(交渉するくらいなら価格コム最安値で買ったほうが早いし安い),それともこの言葉自体が死語なのか.でも電器屋とかだと「安くしますよ」ってストレートに言うような気がするんだよなあ.多分その露骨なお金感を避けるための言い回しなんだと思うけども,最近ってそういうダイレクトな表現をむしろ好むような気もするので,死語になっていてもおかしくないような.


今後そういう世界に身を置くことがあれば,そのうち使う機会があるかもしれないし,実家に帰ってひとつ賢くなった,ということで頭の片隅にでも置いておきたい.

2017/09/24

α7IIと組み合わせて使いやすいモバイルバッテリーを探してみた

α7IIのバッテリーの減り方が半端じゃ無いので,予備バッテリーを買わないならモバイルバッテリーは必須だなあ,と.

個人的には今持っている(3年くらい前に購入)モバイルバッテリーがあるけど,もし今から新しく買うとしたらどれがいいかという視点で探してみることにした.

選ぶポイント1:メーカー

モバイルバッテリーはカメラと違い,選ぶ基準はそれほど多くない.というかいちばん大事なのは容量で,それ以外にはあまり思いつかない.

基準が明確と言えば聞こえはいいが,逆に言うと選択肢の絞り込みが中々できない.「xxmAhのモバイルバッテリー」だけでは様々なメーカーの様々な商品がヒットしてしまい,選ぶのが困難.

そこで,まずはメーカーで絞り込んでみることにする.一応電気関連なので,あまりに怪しいメーカーのものを買うと発火したりしそうで怖いので……

今のAmazonや電器屋のラインナップを眺め,3年前に購入したときに選択肢にあがっていて,今も売れ続けているメーカーというとAnkercheeroかな,と.一定期間生き残っているメーカーであれば,ある程度は信頼できると思う.特にAnkerは自分自身3年間使い続けたということもあり,個人的に信頼しているメーカーである.

選ぶポイント2:容量

メーカーを絞り込んだところで,どれくらいの容量がふさわしいかを考えてみる.

公式サイトによれば,α7IIのバッテリーの容量は1020mAh.

いろんなブログを見ていると,だいたい1日持ち歩くなら3,4個バッテリーがあると安心という話らしいので,それを全てモバイルバッテリーで補うとすれば,おおめに見て5000mAhくらいの容量があれば安心,ということになる.

そう考えると今私の持っているものは1万数千mAhあったはずなので,過剰スペックな気もする.

選ぶポイント3:重さ

まあ当然だけど,同じ容量なら軽いほうがいいよね.

特にLCCでの旅行に可能性を見出した自分としては,持ち込み荷物の重さ制限に引っかからないために荷物はできる限り小さくしなければならない.

選ぶポイント4:充電の速さ

出先で充電するというシチュエーションから言えば,充電は早ければ早いほうが良い.移動中にバッテリーをつなげたが大して充電されていない!なんてなると意味がないのである.

本体購入時についてくる純正のACアダプターの出力は5V/1.5A.

5Vのほうはいいとして,大事なのは1.5A.出力が1.5A以上ないと純正ACアダプタを使ったときよりも充電が遅くなる.

最近の製品は充電するガジェットに合わせて流す電流の量を変える機能もついているし,スマホを同時に充電するなら,出力のアンペアは大きい方が良い.

Anker/cheeroの製品を2次元平面にプロットしてみる

オペレーションズ・リサーチ的にはDEAとかを使うようなタイプの意思決定になるが,メーカーを絞った上で気にするのは重さと容量なので,そこまでする必要もなくグラフを作れば十分かな,と.

そういうわけで,それぞれのメーカーの公式HPに載っている製品(ということは現行製品ということになるはずである)で,かつ出力のアンペアが2A以上のものをを2次元平面上にプロットしてみる(ポケモンコラボとかは除外した).

なんでそんな面倒なことをするかと言えば,思った以上にラインナップが豊富でどれを選べばよいか検討がつかなかったからである.

うーん.まあ,そりゃそうなるか.

わざわざ公式サイトをポチポチしてデータを集め,CSVファイルに書いてからRで読み込んでグラフまでを作ったが,わかった事実は容量が大きいほど重い(あたりまえ).

強いて言うなら,だいたい一直線上に並んでいて,製品・メーカーによって重さ/容量比はあまり変わらない,ということは発見.

わざわざRまで起動したのにしょーもない発見しかなかったのが悔しかったので単回帰分析をやってみたところ,重さ(g)=27.008745+0.019451*容量(mAh)ということであった.ちなみに重みは1%有意(心底どうでもいい).

更に無駄を重ねて,せっかく回帰分析したのでその直線をグラフ上に示してみた.

y軸が重さ,x軸が容量なので,ざっくりいうと示された回帰直線より下側のほうが容量の割に軽いモデルということになる.

強いて言うなら5000mAhあたりではcheeroのほうが容量の割に軽いのかなあと思うが,はっきり言って誤差の範囲でしょ,これは.

というわけで,しょーもない取り組みの結果言えることは,重さは大事だけど,少なくともAnker or cheeroなら同一容量での重さに差はあまりないので,気にしなくて良し!ということ

さすれば気にすべきは用途に応じた容量と,そして充電の速さなどのその他のプラス要素.その辺を考慮しながら良さげなバッテリーを探してみる.

5000mAh前後で良さげなモバイルバッテリー

前述のα7IIの充電需要から考えれば,この容量帯のモバイルバッテリーはα7II専用バッテリーとして使う可能性が高い.そのため,スマホとの同時充電を考える必要はなく,出力アンペアも最低1.5Aあれば良いので選択肢は多い.

AnkerならまずPowerCore Slim 5000

小さい,薄い,軽い.持ち運びが容易で,α7IIをぶら下げてどこかに散歩に行くときなんかにはちょうどよいと思う.

もう一つ良さそうだなと思ったのがPowerCore Fusion 5000

大きさ,重さこそPowerCore Slim 5000には敵わないが,バッテリーとしてだけではなくACアダプタとしても使える.

何が嬉しいかというと,ホテルとかで充電する時にUSBタップ代わりにも使える,ということ.持ち運ぶガジェットが多くタップも買うかなあと思っていたので,これを買えば一石二鳥.

Cheeroならcheero Grip 4 5200mAhとか.

色合いといい形といい,やや女性向け狙いなのかなという気もする.逆に言うと個人的にはあまり……

10000mAh前後で良さげなモバイルバッテリー

α7IIで使う5000mAhに加えて,スマホも充電する用途も加えるときの選択肢を探してみる.

スマホのバッテリーと言えばだいたい2000mAh前後かな,というのがだいたいの印象なので,7000mAhくらいあればα7II一日分とスマホ1回分くらいになるという計算になるのだが,調べてみると7000mAh前後は選択肢が少ない(上の回帰分析のグラフを見てもらえるとわかる.5000mAhと10000mAhの間が空白帯).

というわけで,7000mAh以上でラインナップが充実している最小帯ということで10000mAhから探してみることにした.

10000mAhくらいならPowerCore 13000一択かな,と.

AnkerのQuickCharge対応機は出力ポートが1つしかないものばかりで同時充電ができないので却下.

そしてcheero Power Plus 3 10050mAhだと2ポート合計の出力が2.4Aなので,スマホとα7IIを同時に充電すると充電速度が落ちる.その点,PowerCore 13000はポート毎に2.4A出力なのでその心配がない.

おわりに

ちょっとAnker贔屓っぽい感じになったが,依怙贔屓しているわけではなくかゆいところに手が届くものを出してるなあという印象.

Ankerはスペックで,cheeroはデザインで売ってるイメージもある.現に大学で女性が使ってるのはcheeroが多い印象を受ける.

上にも書いたとおり,Ankerとcheeroで同一容量での重さの違いは大差ないので,特に出力アンペアを気にしなくて良い5000mAh帯で選ぶならデザイン重視でcheeroというのも十分アリだと思う.

個人的に今回取り上げたバッテリーで一番気になるのはやはりPowerCore Fusion 5000かなあ.

2017/09/21

北の国にて

昨年年末から今年正月にかけて以来の、人生3度目の帰省。

そして、はじめての雪のない季節の帰省。

クラスJのお茶を楽しみにしていたら気流の影響で冷たい飲み物しか提供されなかった往路の飛行機の話とか、B787目当てでわざわざ遅い便を選んだのに機材変更でB777になってしまった復路の飛行機の話とか、細かい話は横浜に戻ってからするとして……


安い便を選んだ結果日が沈んでから道内を移動したのだが、札幌を出てから少しすると街から明かりが消えた。

車窓が完全に暗闇に包まれて、横浜ではまずありえない景色なのでなんとなく不安になった。

最寄り駅についてからも、街頭は少なくて暗くて、気のせいかもしれないけど、実家に住んでいた頃と比べて街が暗くなっているような……?

今回は帰省の間隔がそこまで長くないので劇的な変化はないけれど、それでも建物は減り、人も減っていて、やはりなんとなく不安になる。


季節が季節、地域が地域なので、久しぶりに垂れた稲穂を眺めながら散歩でもできたらいいなあ、と。

せっかく雪も降っていないし、どこかに出かけられればいいなあ。

2017/09/19

LINE交換という儀式で肥大化する表面上の人間関係

LINEが苦手だ.

はじめてLINEに触れたのは大学入学直前だった.田舎ということもあったが高校の頃はスマホの普及率は今ほど高くなく,連絡はメールが主流だった.今となっては懐かしいが.

大学合格が決まって,今をときめくコミュニケーションツールはLINE!ということで,当時はipod touchを使ってLINEをはじめた.思い返せばこのタイミングでLINEをはじめた高校の同級生が多く,クラスのグループもこのとき作られた.


はじめてLINEに嫌気がさしたのはいつだったか.高校のクラスLINEで自分に関係も興味もないチャットが続きに続いて通知が鬱陶しくなったあの時だったような気がする.

元々同窓会とかに行くつもりもないので高校の同級生との繋がりの必要性は低く,ただ目の前にあるのは膨れ上がった通知.

それにうんざりして,大学で本当に連絡を取る必要性・可能性の高い相手以外を登録から外し,意味のないグループからも退出し,そして随分とすっきりしたLINEを手に入れた.


それから早数年.

大学院へ入り,学部の頃より自然と知り合いが増えるようになって,気づけばLINEの友達は肥大化している.

この前も他大学の人たちと会う機会があって,「LINE教えてください」と言われ数人と交換したわけだが,果たして彼らとまた連絡を取る機会があるかというと,実はないような気がする.

言うなればLINEの交換は,その場が盛り上がり,少なくとも悪感情は持っていないというレベルでの一定の親しみが生まれたことを証明するため,お互いにそれを確認するための儀式であるように思う.

その儀式がコミュニケーションツールであるLINEで行われてしまうことで,LINEの友達一覧はどんどん肥大化していって,そして50音順のソートもできず使いにくいアプリのせいで,本当に連絡を取りたい人を探し出すのが難しくなっていく.

数年で再び肥大化したLINEを前に,近い将来また嫌気が差してしまうような,嫌な予感がした.

やっぱりLINEは苦手だ.

2017/09/14

FIFA18 体験版 ファースト・インプレッション

ついにFIFA18体験版が解禁!

FIFA14からFIFAシリーズを遊び始めて18でついに5作目.このブログではキャリアモードを中心に色々とレビューしてきたが,今回は体験版の所感を.

FIFAシリーズ体験版のあそびかた

体験版で遊ぶのも15からなので4作目になるわけだが,こうなってくると体験版の遊び方,見どころも身についてくる.

大事なのは,動き方は製品版と異なる!ということ.FIFA15以来体験版と製品版を両方やってきた経験からすると,体験版はやや重めの,製品版はやや軽めの動き方になっているような気がする.

毎年毎年やや重め調整が好きな人が体験版で「今作は神になりそう!」とはしゃぎ,軽め調整となった製品版で涙する流れを見てきた.体験版の操作感はアテにならない.これがまず大事なポイント.

では体験版ではどこを見ればいいのかというと,操作システムAIの賢さ.このあたりはだいたい体験版と製品版で共通しているので,ここを中心に見ていくのが良い.

FIFA18体験版の操作システム

FIFA17のレビュー時,「操作システムとしてはこれで完成したのではないか」と言ったが,思った通りFIFA17→18は16→17ほど大胆な操作系の変更はないように思える.

タイトル長すぎ. 自称「選手キャリアモードやりこみ日本一」 まあ,上には上がいるのは間違いないわけで,日本一というのは完全に盛っているが,それでもどちらかと言えばFIFA17の選手キャリアモードをやりこんだほうだと思う. というか,今の時点では選手キャリ...

操作系で唯一変わったのはクロス

詳しくはEAの動画を.今までロブ,グラウンダー,アーリーしかなかったクロスのバラエティが一気に増した.

どういうシチュエーションでどのクロスが最適なのか.その辺りはまだしっくりこないが,今後1年間遊ぶ上で楽しめるポイントになると思う.

あと,選手の操作からは外れるのだがクイックサブというメニュー画面を開かずに選手交代ができる機能が地味にうれしい.オンラインでも使えるなら,試合の流れが途切れなくなって良いと思う.

FIFA18体験版のAI

ぱっとやった感じ,オフェンス時のAIのオフ・ザ・ボールの動きが特に素晴らしい.17ではスルーを出そうにも味方がいい感じに走り込んでくれずに歯ぎしりしたものだが,今作ではすごい良いところに走り込んでくれる.

オン・ザ・ボールの動きもとても良くなっていて,17では敵AIがボールを保持するとプロテクトしつつ鬼キープするだけで攻めてこないという残念すぎる攻撃ばかりしてきたが,今作ではどんどんパスを繋ぎ,ドリブルをしかけてくる.

その分ディフェンスは難しくなっているし,特に体験版では走り始めの動きが重めの調整になっているのか,なかなか相手の攻撃を止めることができないが,17のときの理不尽な攻撃に遭うことはないような気がする.

このあたりは動きの重さの調整との兼ね合いもあるので,製品版ではまた違った印象を受けるかも.個人的にはもう少し動き始めを軽め調整にしてもらわないとディフェンスが不利すぎるかなあという気もしている.


実はここ半年くらいFIFA17はほとんど遊んでおらず,なかなか勝手がわからなくなっているが,FIFA18が発売されたらまたキャリアモードを中心に遊んでみたい.

実際サッカーやったことないからこういうので勉強したほうがいいのかしら……

2017/09/13

久しぶりにTSUTAYAにレンタルに行ったら,レジがセルフになってた.

ここ半年くらいCDもDVDも何も借りていなかったが,そろそろ『君の名は。』のフィーバーもすぎて在庫あるんじゃないの?ということで帰り際にTSUTAYAへ寄ってきた.

すると,何か様子がおかしい.平日夕方にも関わらずレジ待ちの列ができている.これまでこんなに混んだTSUTAYAを見たことがない.

入口で未会計商品がないか監視するセンサーに引っかかる人が数人.いくら治安が悪い横浜とは言え,こんな短時間に何人も引っかかるって何これ?アウトレイジかなんかなの?

と思って自分の番が来たので前に進んだらびっくりした.レジがセルフになってる!

以下に私のレジ激闘を記す.

VSセルフレジ戦闘

えーとなになに……?まずはTカードを認証……ん!?反応せんぞ!!!!ってこれSuicaとか用か.Tカードはこっちに通せばいいのね……

んでバーコードをかざせばいいのね.ん?どこにかざせばいいんだ?説明書きはどこだ!?えーと……ああ,これね.

支払いはSuicaで.ピピッ.これは楽勝.レシートはっと……って何枚出してんだ!クーポン多すぎ!

これでようやく終了かーって,なになに?「鍵を外せ?」えーと,この台でやればいいのねー……あ,DVDはこっちですか.さーせん.

結論

ちょーめんどくさ.

なんか自然と流れがわかるようなデザインになっていない.ボタンが大量にあってわけわからん家電みたいな感じ.

説明書きももう少し大きくわかりやすく書いて欲しいなーと思った.

極めつけは会計後の「鍵」外し.CDとDVDでやり方が違うって何.バーコード通した時点で自動的に鍵外れるようにするとかできないのかなあ.

人件費削減のためなのかもしれないけど,結局補助に店員が何人も配置されてたり.これは導入直後だからかなあ.

……もしかしてなんだけど,もっと若い子はすんなりクリアしちゃうのかしら,これ.こんな風に機械に取り残されながら年取ってくのかなあ.こわい.

君の名はも面白かったけど,一緒に借りてきた『聲の形』のほうが個人的には刺さった.

2017/09/12

外濠プロムナード

【2017/08/28】

突然やってきた秋の気配に誘われて,何の用もないのに電車に揺られ,久しぶりに東京都内へ.

当然目的地も何もないので,何となく秋葉原をブラブラして,それでも時間があったのでまたしても何となく飯田橋で降りて,外濠沿いを歩いた.

外濠と言えば,桜を見に行った時に性能のいいカメラが欲しくなって,

色々あって、桜を見に出かけた。 pic.twitter.com/91KyLmabPZ — レトレ (@retore) 2016年4月1日 最初に行ったのは六義園。駒込駅近くにある大名庭園らしい。らしい、と言うのも、こんなにアクセスがいいスポットにも関わらず今まで...

そしてXperia Z5 Compactを買ったものの,カメラの性能が期待はずれで,結果ミラーレスの沼にハマることになるきっかけを作った戦犯である.

さて、先日再び(2年振りくらいになる)聖蹟桜ヶ丘に行ってきた。 元々主目的は神保町の本屋だったのだが、いつもはそこから秋葉原に流れるのが定番になっていたところ、逆方向に歩いてみた。 よく考えれば分かる話ではあったのだが、神保町から新宿方面へ向かうと外堀のほうに出てくる。...

ちなみにこの記事では,

それはそうと、いくらカメラ機能に力が入ってるとは言ってもズームすると途端にノイズが入ったようになるのはスマホの限界か。
やはり写真を撮るにはカメラがいいのかなあ、と思うが、一眼レフなんて買えるわけもなく、買うとしてもコンデジになるだろう。

なんて言ってた.数カ月後にはミラーレスを買い,1年後にはフルサイズ機に手を出してるぞ!と言っても当時の自分は信じてくれないだろう.

……ほんと,どうしてこうなった.


そんなこんなで因縁の外濠は,近くに寄る度に意味もなく歩く.この日は木々の間から垣間見えるボートの群れに何となく惹かれて,柵に寄りかかって眺めていた.

飯田橋駅を出て外濠の北側を市ヶ谷方面に歩く.このエリアはいつも不思議と人がいない.

並行する外堀通りの通行量は多いのだが,歩道の方は全然.なので,都内でぼんやり歩きたいときはここ.

市ヶ谷に近づくと徐々に通行人が増えてきて,それで逆に市ヶ谷との距離を知る.

太陽も早くもゆっくりと傾き始めて,これまた秋の訪れを告げている.

意味もなく出かけて意味もなく歩いて,そんな秋の日の記録.

ちなみに,「何の目的もなく」とか言いつつ何かしら撮る気は満々だったので,機材はα7II+FE50mmF1.8.