2017/07/27

【17夏旅函館#10】旅を振り返って

今回の旅行は“反省会”的に書きたいことが少しだけあるので,最後に別記事にまとめてみることにした.

旅の費用

今まで費用を公開したことはないが,今回はLCCセールを使って貧乏旅しようというのが主旨のひとつでもあるので,ここで費用を整理して発表してみる.

総額は……

21,040円!

内訳は以下の通り.

  • バニラエア往復:9,920円(支払手数料など含む)
  • 横浜-成田空港往復:2,860円(往:成田シャトル 複:THEアクセス成田)
  • 市電・バス2日乗車券:1,700円
  • ホテル:4,500円
  • 函館山ロープウェイ:2,060円(1.5往復)

食事のお値段は抜いた金額である.

まずポイントとしては,LCCそんなに安くないね!ということ.

失われた20年世代のデフレマインドここに極まれり,という感じだが理由はちゃんとある.問題は成田空港アクセスである.

特に横浜をはじめとする関東南部民は,成田空港までのアクセスにお金と時間がかかる.成田空港アクセスにかかった交通費を足せば,横浜-函館空港往復で12,780円かかっていることになる.

確かにこれは間違いなく安い.10,000円ちょっとで函館までいけるのは間違いなく破格である.ところが,例えば羽田発のエア・ドゥであれば,75日前までの予約で函館まで最安往復で17,000円でいけてしまうのだ.
(Googleフォトで探したのだがAIR DOの写真がなかったので2タミ仲間のANAを……)

もちろん,これはかなり前に買わなければいけないので条件としてはだいぶ違う.それでも,LCCのセールでも目玉が飛び出るほど安いかと言われると,実はそうではないのかもしれない.

これはバニラエアの特徴でもあって,バニラエアは頻繁にセールをやっている代わりに割引率は低い.逆に同じくLCCのジェットスターは,バニラエアよりは頻度は低いような気がするが,たまにものすごい割引率のセールをやるイメージである.

繰り返すが,確かに安い.それは間違いない.ただその“安さ”に過度な期待をすると,失望してしまうかもしれない,ということだ.

あと個人的には,青春18きっぷ旅行の移動費用が頭にこびりついているというのもあると思うのだが,さすがに鈍行旅行と飛行機旅行では考え方を変えなければならないなあ.

あと,この旅行で削りうる支出があるとすればロープウェイだと思う.まず砲台跡見たさに2日間行っているので,砲台跡に興味がなければその分は減る.そして,夜景を見に行くときも登山バスを使えば2日乗車券を使えるのでロープウェイの支出はなくなる.

別に旅行中に2,000円くらい払うのは別に気にしないのだが,総額のおよそ1割がロープウェイに消えてると判明してちょっと戸惑ったのも事実.

“バニラエアで行く函館の旅”はアリなのか?

“バニラエアで行く函館の旅”はアリなのか.答えはアリだろう.

上で思ったほど安くないとかぶつくさ言ったが,普通に考えて飛行機使って1泊旅行して2万円ちょっとで済むというのは凄まじく安い.

唯一の不満として挙げられるのが,バニラエアが飛ぶ時間帯.

  • 成田12:45発 → 函館14:25着(JW953)
  • 函館15:05発 → 成田16:45着(JW954)

関東民が函館に観光に行く,というシナリオでは成田発はもう少し早いほうがいいし,函館発はもう少し遅い方がいい.

確か成田函館線は成田関空,関空函館線と同時に実装された就航したので,その辺りを含めた一連の運航の流れの中に成田函館線があるわけで,致し方がない面もある.

というか,LCCは折り返し時間をできる限り短くするのがウリなわけで,上記の要望を叶えるためには成田函館線を2往復にするしかない.セールもあったとはいえ,平日にも関わらず結構な搭乗率だったので,今後の需要が好調ならひょっとすれば……?くらいに期待しておくしかできない.

現状の就航時間帯だと,1日目についたら街をちょっと見て函館山に登って夜景を見て一泊,翌日も街をまわって昼過ぎには空港に行く,という感じになって,せっかく遠く函館までやってきたならもう少しゆっくりしたいなあと思わなくもない.

とは言っても,函館は観光スポットが元町エリアに集中していたりするので,このくらいの時間でも十分に回れてしまう,というのも難しいところ.もしもう1泊追加するのであれば,大沼あたりまで足を伸ばしてみたりするのも良いかもしれない.

それか,いっそ逆に夜景を見に行くと割り切って,街歩きはおまけくらいに考えてしまうのもアリかもしれない,というか今回の私の考え方はむしろそれに近い.

いずれにせよ,LCC就航で気軽に函館に行けるようになったのは間違いない.就航から間もないからかセールにも頻繁に函館線が登場するので,時間があれば是非……

RX100のはなし

この子,ほんとに優秀!

今回の旅行記は以前とは書き方を少し変えている.今までは基本的には1日分を1記事にする感じにしていたが,今回は2日で9記事にもなった.

かと言って,1記事の内容が以前と比べてとんでもなく短くなっているか,というとそういうわけでもない.

これを可能にしたのがRX100の手軽さなのだ.

これまではα6000しかなかったので,撮るということ自体にある種の重みがある.レフ機と比べたらとんでもなく軽いのだが,やはり一眼はカバンから出し,構えて,ピントを合わせて……とやるので気軽さは損なわれる.

その点,RX100はやろうと思えばポケットに入るし,見た目のゴツさがないのでその辺でパッと撮ることに抵抗がない.そういうわけでこの函館旅行では,これまでにないほど記事に使える写真の素材が豊富だった.

α6000単独運用だった頃は,ブログを書いている時に「ああ,こういうことがあったなあ……」と思ってもその時の写真がなく,かといって文章でグダグダ書くのもなあ……と見送ったことが結構あるが,今回はそういうことがなかった.

サブカメラとしては間違いなくベストチョイスだったと思う.いい買い物だった.

α6000のはなし

そうなってくるとα6000の立場は……?ということにもなりかねない,というのは否定できない.

“サブカメラ”のはずのRX100に食われている現状.

だが問題はない,次なる一手は既に打ってあるのだから.

0 件のコメント:

コメントを投稿