2017/07/20

【17夏旅函館#05】函館夜遊

函館山をバスで下山し函館駅まで戻ってきた.

まず向かったのは函館駅近くの摩周丸.

かつて北海道と本州を結んでいた青函連絡船.その船を使った青函連絡船記念館,それがこの摩周丸.下山したバスで摩周丸がライトアップされているみたいな話を聞いたので寄ってみた.

時刻は既に21時近く,真っ暗なので手ぶれ補正が効くRX100で撮影.手持ちだがしっかりと止まっているのはさすが.

摩周丸の入り口があるところはイカ広場と言うらしい.遠くに見えるのは元町エリアの街明かりと,真っ暗な山の頂上だけが光り輝く函館山.

元町エリアの明かりも綺麗なのだが,中腹の真っ暗さと対照的に明るく輝く函館山頂上が美しい.

大通りに戻り市電に乗る.ふと時刻表を見てみると終電が思った以上に早い.つい首都圏のノリで日付が変わる直前くらいまでは歩き回れるかと思っていたが,22時過ぎには帰らなければならないようだ.

まあこの日はそんなに歩いているわけでもないし,最悪ホテルまでは歩けば戻れる距離ではあるのだが,先を急ぐことにする.

続いて向かったのはあの有名な“八幡坂”.坂が海に向かってまっすぐと伸びていく.夜も遅いが観光客の姿もちらほら.

八幡坂を下り,晩御飯をここ「ハセガワストア」で調達する.

ハセガワストアのやきとり弁当はラッピと並ぶ函館の名物.ちなみにベイエリア店はすぐ横にラッピもあるので便利.函館駅前に何があるわけでもないので,観光目的ならむしろこのエリアでホテルを探すべきだったなあと思った.

ハセガワストアで購入したやきとり弁当をぶら下げて,終電の1本前の市電を待つ.

さあ,ホテルに帰ろう.

なんやかんや疲れてしまい,やきとり弁当の写真は撮り忘れていた.中学の修学旅行では,ラッピは食べなかった気がするがやきとり弁当は食べたような気がする.

ただ,あれはいったいどこのハセガワストアだったのか.記憶は定かではないのだが,うろ覚えの自主研修ルートと併せて考えると,この日訪れたベイエリア店に行ったような気もする.

さて,あのときはどのやきとり弁当を食べたんだっけな,と混沌とした記憶を探しながら,ホテルでやきとり弁当を食した.

0 件のコメント:

コメントを投稿