2017/07/03

鎌倉の緑と紫

【2017/06/12】

梅雨入りが宣言されても晴れ間が続いていた.
せっかくいい天気だとどこかに出かけたくなって,この時期なので鎌倉に紫陽花を見に行くことにした.

ブログの投稿順がどうなるかはわからないが,α6000とRX100を携え,初の混合運用である.

何も考えずに鎌倉駅にやってきた.
紫陽花は長谷寺に見に行こうと思っているのだが,その前に鎌倉といえば鶴岡八幡宮かな,と.

小町通りを歩く.
浅草と同様,修学旅行生が結構多い.
思い返してみれば,高校の修学旅行は秋だったが,中学はこの時期だった.

神社に来たらとりあえず手水舎を撮る.
芸が無いと言われようがなんだろうが,どうしても撮りたくなってしまうのだ.

下調べも何もしていないので適当にウロウロしたところ,なんかいい感じのスポットを発見した.
あじさいを目当てに鎌倉にやってきたわけだが,紫陽花の季節とはすなわち新緑の季節でもある.
視界には溢れんばかりの緑と,赤い橋のアクセント.
撮り逃したのだがリスがそこらをウロチョロしていた.
人が写真を撮っている目の前を無防備に走っていて,随分人に慣れているようである.

RX100でHDR撮影もやってみる.
HDR加工には賛否両論あるところだが,個人的には嫌いではない.
ただこれはちょっとやりすぎたかなあ,とも思う.
普段はRAW+JPEGモードで撮影しているのだが,JPEGオンリーにしないとHDR撮影できないのもなんだかなあ,という感じ.
一々設定を呼び出して切り替えるのが面倒くさい.
Lightroomとかあればrawさえあれば色々やれるのかなあ,とか.
いかんいかん,また新たな物欲が.


駅まで戻って今度は長谷寺のあじさいを見るべく江ノ電に乗る.
鎌倉駅周辺にもまだまだ見どころはあるようなのだが,朝が遅かったのと下調べをしなかったので……

今更ではあるが,鎌倉駅ではなく北鎌倉駅で下車し,円覚寺,建長寺あたりに寄り道しながら鎌倉方面へ向かったほうが良かったと思われる.
まあ鎌倉は近場なので,また機会があれば……

そんなこんなで,江ノ電である.
江ノ電といえば短編成のこじんまりとした印象があるし,実際こじんまりしている.
だがそれを差し引いてもかなり混雑している.
外国人旅行客が多いなあというのも印象的.
他の観光地と比べると中国人の割合が低い,というか白人の割合が高い気もする.

んでんでんで,長谷寺である.
長谷駅では混雑した列車から結構な人数が降りて,そして乗り込んでいった.
この調子だと長谷寺も混んでるな…?と思いながらやってきたが,案の定混んでいた.
人のこと言えないんだが,なんで平日にこんなに人がいるんだ?

長谷寺はやたらとハイテク化していて,拝観料はSuicaで支払いができた.
現金大嫌いマンなので,こういうのはうれしい.

紫陽花の咲いているところは,混雑のために整理券制になっていた.
入口のところにディスプレイが設置されていて,何番までの整理券であれば入れるかが一目瞭然.
古風なイメージの強い寺ではあるが,ものすごいハイテクぶりである.

鶴岡八幡宮を見ていたときは薄曇りだったのだが,次第に雲は晴れてこの時期にしては暑かった.
予定では江ノ島あたりで昼ごはんにできれば…と思っていたが,時刻は既に13時半.
腹も減ったし,紫陽花エリア入り口の前に出されているお店でお昼ごはんを買うことにした.
なんか見事に長谷寺の術中に嵌っている気もするが……

饅頭,団子,オレンジジュース.
ガッツリ食べる気にもならないし,ここは軽めに.
暑かったのでオレンジジュースも買ってしまった.

しばらく待ったところでようやく整理券番号991のの入場がはじまった.
早く入っても後ろがつかえて写真撮影に集中できないので,ほぼ最後尾で入場.
入ってすぐ,一面に紫陽花が広がっている.

のんびり眺めてたら次の整理券番号の集団が入ってきたのでじっくり撮ることもできず.
すごい綺麗なのだが,その分人が多くてつらい.
平日選んだのにこれなので,土日はヤバイことになるんだろうなあ……

紫陽花のエリアを抜け,長谷駅まで戻って江ノ電に揺られる.
実はこの後江ノ島にも寄ってみたのだが大して見どころもなく.

次来ることがあればもう少し早起きして,長谷寺に先に行ってから鎌倉を回ったほうがいいかなあ.

0 件のコメント:

コメントを投稿