2017/06/24

全くの登山初心者が山登ってきた【反省会】

さて,ささやかながら人生初の登山から無事帰還した今,今後あるかもしれない登山に向けての反省会と洒落込みたい.

まず,登山の装備面の話.
一番気になったのがリュック.
これは今回新しく購入すること無く,日帰りですぐ近くということもあって普段使っているリュックを使った.
容量や背負心地というところで問題はないのだが,背中にめっちゃ汗かく.
調べてみると,それを避けるためにカバンと背中の間に空間を作るようなメッシュ張りがあるようなリュックがあるらしい.
リュック使用時の背中の蒸れは山登りのときだけでなく気になることが多いので,こういうリュックを買うのもありかなと思う.
ただ,カバンというのは割合高くつくし,今すぐ買うのはちょっと難しいかな,とも思う.
いつか新しくリュックを買うことがあれば,こういうのにしようかなあ,くらいに考えておくことにする.

次に下着の話.
今回は手持ちのユニクロのエアリズムシリーズ(シャツ,パンツ,ステテコ)を装備していった.
下半身は特にそれで問題なかったのだが,先に書いたカバンによる蒸れの問題と相まって,上半身は汗だくになって大変だった.
綿でできたものよりかは多少マシだと思うのだが,それでも若干汗冷えしてしまい,休憩時にちょっと寒さを感じた.
上に着るシャツやら何やらは代用品でも大丈夫そうだが,直接肌に触れる下着類は登山用の高機能のものを使っても良いかもしれない.
調べたところ登山用のアンダーウェアは普段使いするにも便利らしいので,今度何か買って試してみようと思う.

そして最後に防寒用の上着の話.
今回は以前購入したフリースを持っていったのだが,割と厚手で嵩張ってしまった.
もし今後遠出して山にのぼるようなことがあるなら,持っていく荷物はできるだけ減らしたいので,防寒着はフリースより薄手のダウンのほうがいいかもしれない.
流石にこの季節だとダウンを売っている店はあまりなさそうだが,冬が近づいてまた売りに出されるようになったらひとつ購入しようかと思う.

登山装備に関しては以上.
今回登った山は初心者でも登れる大山ということもあり,代用品メインでも特に困ったことはなかった.
今後もっと高い山に登るなら話は変わってくるかもしれないが,これくらいの低山ならとりあえず靴さえあれば何とかなるような気がする.
とりあえず登山用の高機能のアンダーシャツは買って試してみようと思う.

もう一つ,登山装備以外で感じた問題点はカメラ.
薄々感じつつも気づかないふりをしてきたのだが,α6000は写真を撮ること自体が目的のときには最高なのだが,歩きながらょっと撮るみたいなときにはちょっと大げさ.

特に山登り中だと首からぶら下げると邪魔になるし,どこかにぶつけて壊しそうなのでカバンの中に入れている.
何か撮りたいものを見つけたときに取り出し,撮って,そしてカバンに入れる.
この一連の流れが面倒くさくてカメラを持っているのに撮影枚数が少ない.

繰り返しになるが,写真を撮るという行為に関してみればα6000は最高.
首からぶら下げてきれいな町並みを歩きながら写真を撮って回る,というようなシーンには間違いなく最高の選択肢のひとつ.

ただそれが,今回のように山を登りながら,というときや,あるいは旅行中の電車の乗り換えの合間に,というようなシーンだと少し使いにくい面があるのも事実.
ミラーレス一眼はレフ機よりもライトとは言えどもカメラ.
首からぶら下げてうろつくには不適切なシーンというのもあるし,かと言ってカバンから取り出すのも面倒くさい.

ではスマホで撮ればいい,というツッコミがありそうだが,私の撮り方が悪いからかスマホを持つ指が写り込んだり,どこにフォーカスを合わせるかが定まらなかったりと,なかなか使いにくい.
現に,スマホを持ち歩いているのに撮る枚数は少ない.

そうなってくるとアイツらが気になってくる.

ミラーレス買ったくせに何いってんだかという感じだが,RX100は何ならポケットに入るレベルのコンパクトさ,そしてそれでいて1型センサーを積んだ高級コンデジ.
スマホとは違い「カメラ」.写真を撮る楽しみ,という点もカバーできる.

そんなこんなで,山に登ったら新たな物欲が生まれてしまったわけだが,以上が今後の課題,ということで.

0 件のコメント:

コメントを投稿