2017/06/20

全くの登山初心者が大山に登ってきた【後編】

初登山,成功!とは言ったが,おうちに帰るまでが遠足である.
気を引き締めて行こう.

下山は同じルートだとつまらないので,見晴台を経由するルートにしてみた.
王道の登山ルートは結構坂が急だったので,下山のほうが辛くなりそうな気がする.
その点,見晴台経由ルートは距離はやや伸びるが,傾斜は緩やかなので初心者にはむしろこちらがオススメなのではないだろうか.

道端にはキレイな花が咲いていたり.
多分,多分だけどスミレだと思う.
花は全然詳しくないので自信はない……が,調べた感じ多分そうだと思う,うん.

見晴台までのルートは坂を左右に何度も往復しながら高度を下げていく感じ.
ところどころで視界がひらけるところがあって,遠く広がる平野から参道の辺りまで見渡すことができる.
平野から山に近づくにつれて開発されているところがぎゅーっと細くなるのがしっかり見えて面白い.

一息休憩しつつ,何でもない木の枝を撮ってみたり,

これ大丈夫か!?って感じの木の横をくぐったり.

およそ1時間かけて見晴台まで降りてきた.
登山ではなくハイキング目的ならここまでがちょうどよいらしく,ケーブルカーのほうからやってきた人たちが休憩していた.

見晴台からおよそ30分でケーブルカーの駅まで戻ってくることができる.
思った以上に疲れていて,往路もケーブルカーでショートカットしたのは結果的に正解だったな,と思った.
変に早起きしてケーブルカーを使っていなかったらかなりヘバっていたと思う.

膝が若干笑っているのをごまかしながらこま参道を再び降りて,バス停へ.
ここまでくればバスに揺られるだけで伊勢原駅まで戻れる.
いやはや,無事に帰れてよかった.

なんて安心していたら小田急が人身事故で一時運休になってしまった.
一瞬どうなるかと思ったが,海老名の先までで折り返し運転をするということで,少し伊勢原で足止めを食らったが無事に帰宅.

今度こそ言える,初登山,無事成功.

0 件のコメント:

コメントを投稿