2017/03/06

クレジットカードを整理しようと思いポイント還元率をまとめた

私は現金が嫌いだ.

まず,潔癖症的にはお金に触りたくない.
どこかのおっさんが鼻糞をほじった手で触られたお金が回り回って自分の手元に来る可能性は否定できない.

そして何より面倒なことが多い.
現金支払いが主な手段になると,手元のお金が減ったらATMに行かねばならない.
支払うときも小銭を数えるのが面倒くさい.

こういう事情があって,私は支払いにはほとんどの場合クレジットカードか電子マネーを使う.
大学生協もSuicaで支払えるので,現金を使うのは学校の近くの弁当屋に行くときと,100円ショップに行く時くらいである.

ICカードというのも曲者で,例えばSuicaは残高がなくなれば当然支払えないわけで,チャージをする必要がある.
そのために現金を携え券売機に行くのは面倒なので,クレジットカードからチャージできるVIEWSuicaを使う.

他にもWAONチャージのためにイオンカードを作ったりと,何かとカードが増えがちな今日この頃である.
カードが増えると今度は支払いの管理が面倒くさくなる.
そこで,どのシーンでどのカードを使うのが最もオトクなのかということを整理し,カードのリストラをしよう,というのがこの記事になる.

というわけで,保有しているカードを中心に,そのポイント還元率を表にしてみた.

まず,普通のお店で支払う場合,その店がSuicaで支払えるならば,VIEWカードでチャージしたSuicaを使うのが最もお得らしい.
そしてSuicaが使えない場合はVIEW以外のカード支払いならどれでも同じになる.
イオンカードはWAONチャージ以外に使うつもりがない(し,還元率も低いことはわかっている)ので除外している.

次にAmazon.
Amazonプライム会員なので,ダンボール柄のAmazonカードの還元率が一番高い.
Student会員が終わったあとプライム会員を続けるかはわからないが,もしプライムを解約するなら還元率は1.5%に低下するため,三井住友VISAデビュープラスで支払っても同じということになる.

そして楽天.
まあ言うまでもなく楽天カードの還元率が高い.
が,楽天を使わなくなっているので使い所がない.

ちなみにここでいう還元率とは,クレジットカードに付くポイントに注目した話をしている.
例えば楽天カードを使って楽天市場で買い物をすると4%のポイントがつくが,うち1%は楽天市場によって発生するポイントであって,他のカードでも同様だからその分は差し引いてある.
これは後述のヨドバシの場合も同様.

そしてヨドバシ.
ヨドバシはポイントカードで10%ポイント還元になる.その他にどれだけポイントがつくかというのを考える.
すると意外なことに,ヨドバシのクレカを使うよりSuicaで支払ったほうがポイントがつくことがわかった.
これを知らずに何となくクレカで支払ったことが何回かあった.大したポイントではないが何となく惜しく思う.
ちなみにSuicaのチャージ上限額は2万円なので,それ以上の買い物をする場合にはSuicaを使うことはできない.

最後にJR.
まあ当たり前だがVIEWカードと,VIEWからチャージしたSuicaを使うのが一番良い.


こうして眺めてみると,いくつかのポイントが見えてくる.

まず,楽天カードは不要.
楽天トラベルでホテルの予約をするために作ったがじゃらんに乗り換えたし,楽天市場も使わない.
普段使いなら三井住友VISAデビュープラスのほうが還元率がいいので,使い所がない.というか,前回の楽天トラベル利用後一度も使っていない.
そもそも楽天があまり好きではないし,これは解約する方向で行きたいと思う.

次に,WAON一体型のイオンカード.
WAONが使えるまいばすけっとではWAONを使ってきたのだが,これは実はSuicaのほうが還元率が高いということがわかった.
イオン銀行一体型のイオンカードセレクトなら話は変わってくるが,そもそも現金管理の簡略化が大元の動機なので,支払口座を普段使いの口座にできない(イオン銀行限定)のイオンカードセレクトを使う気はない.
そうなるとイオンカードチャージによるWAONの使い所は,使える電子マネーが(自分が持っているもののうち,という意味で)WAONだけの場所,例えば吉野家やマクドナルドあたりだけ,ということになる.
吉野家は結構行くので,WAONカードを持っていて損はない.しかし還元率から見ると,1マイル=2円とするならJALのマイルがたまるイオンJMBカードのほうがいい,ということになる.
WAON一体型のイオンカードからイオンJMBカードへの乗り換えを検討したい.

そして,Suicaが非常に優秀であること.
VIEWカードからチャージしたSuicaを使えるところでは,基本的にはこれを使うのが一番還元率が高くなるようである.
VIEWカード自体の通常利用の還元率はしょっぱいが,Suicaチャージのためには必携という感じだろうか.

そして最後に,意外と危うくなっているのが三井住友VISAデビュープラスの立ち位置.
まず通常使用ではAmazon/ヨドバシに並ばれていて,優位性はない.
Amazonカードを作る前はAmazonでのショッピングで最も還元率が高かったが,Amazonカードがある今,その優位性もない.
更に,AmazonStudent期間終了後にプライムを継続するなら,実質的にプライム会員費で保有できるAmazonのゴールドカードがある.
これはプライム会員になることを前提とするなら,年会費は実質数百円だったと思う.

更に,三井住友VISAデビュープラスは25歳をすぎるとプライムゴールドに更新になる.
これは割引を使っても年会費が1000円以上かかる.その分還元率がいいかというと,そういうわけでもない. Amazonゴールドを作るか,作れるのかという問題はあるが,いずれにせよ,将来的には三井住友VISAは他のカードと対等どころか,還元率でみればむしろ劣る.

将来のことまで考えるなら,普段使いはヨドバシもしくはAmazonに徐々にシフトしていったほうが,後々三井住友の解約をすることになったときに楽.
最強と勝手に思い込んでいたデビュープラスも最早ここまでか……


そもそもJALの「どこかにマイル」を使ってみたくて,JALのマイルを貯める手段としてイオンJMBカードの検討をはじめたのもこの記事のきっかけだった.
蓋を開けたら普段WAONを使うまいばすけっとではむしろSuicaのほうが有利ということがわかってしまったので,マイルはなかなか貯まりそうにない.
これはこれでまた別の手段を考えなければ……

0 件のコメント:

コメントを投稿