2017/03/11

富士と夕日が重なる日

【2017/02/21】

以前夕方の羽田空港に行った時,第一ターミナルの展望デッキから夕日を見た.
富士山もはっきりと見えて綺麗だったのだが,帰宅して写真を眺めてふと思う.
「太陽が沈む方角は季節によって変わるんだから,富士山と夕日がちょうど重なる日もあるんじゃない?」

太陽が沈む方角,その計算の話は高校の地学でやったようなやってないような.多分やってないか.
まあでも計算はできるはずで,羽田空港の緯度・経度と富士山の緯度・経度と合わせれば,夕日と富士山が重なって見える日がいつかわかるはず.

もしやと思い検索すると,ちょうど日の入りの方角をマップ上で表示するサイトがあった.
インターネッツの世界には,なんでもある.

小難しい公式を調べてこねくり回す手間を省き,このサイトで調べてみる.
マップによれば,羽田空港から見る夕日が富士山と重なるのは直近だと2/22周辺であることが判明.
2/21が空いていたので,この日に再び羽田空港を訪れてみることに.


毎度おなじみYCATからのバスで羽田空港へ.
午前中に学校に行く用事があって,そのまま直行したので到着したのはお昼.
夕方に第1ターミナルにいればいいので,第2ターミナルを散策してみる.

勝手知ったる第2ターミナル(これまで利用した航空会社は主にANA系が多い)ではあるが,カメラをぶら下げて散策してみると色々と面白い構造物があったり.

望遠レンズも持っていないくせに展望デッキへ行ってみたり.
「Terminal2」という大きい表示があることはこの日初めて知った.

国際線ターミナルにも行ってみたが思った以上にこじんまりとしていてあまり見どころもなく.
まだまだ時間はあるが第1ターミナルの展望デッキへ.雀と鶴.

いよいよ太陽が西に傾き始める.
そういや夕日を撮影したことって今まであまりないなあ,と思いどういう設定が良いのか調べ,ホワイトバランスをいじったりしてみる.

なるほどそれっぽくはなるのだが,いかんせん太陽が輝きすぎてうまいこと写真に収められない.
この時間帯でどういう設定がいいのかはもう少し勉強が必要そう.

そしていよいよ太陽は富士山の背後に沈み始めて……

こんな感じに.
この時間帯になるとごっついカメラを持った人たちが結構展望デッキにいた.
彼らは望遠レンズで夕日と富士山にフォーカスした写真を撮っているようなのだが,こちらはあいにく手持ちのレンズは16-50mmと30mm(APS-C).
しかも装着しているレンズは30mmのほうということで,富士山をアップにした写真は到底撮れない.
ということで富士山と夕日,そして飛行機を絡めた構図で撮影してみた.

ちなみにWBをいじらないと(AUTOでも勝手に設定が選ばれているわけで,もっというとデジカメで「いじらない」ってことはあり得ないわけだが)こんな感じ.
どっちが好みかは人によるのかなあと思う.個人的にはややマゼンタを効かせた上の写真のほうが好きだったりする.


上述のマップサイトによれば,次に富士山と夕日が重なるのは10月下旬らしい.
それまでに夕日撮影のいろはを学んで,また再チャレンジしてみたい.

0 件のコメント:

コメントを投稿