2017/03/05

春探し

【17/02/07】

思えば,昨年,桜を見に行ったのがα6000を購入する遠因になっている.
手持ちのLumiaと,珍しくいた同行者のiPhoneのカメラ性能の差に愕然とし,Xperiaを購入.
……したのだが,カメラが良いと言われるXperiaも大したことないなあと思ってしまい,これがカメラ購入へ突き進む決定打になった.

α6000を持つ今,再び春が近づいて,きっかけとなった桜でも撮りに行くか,と思い立った.
昨年,「どこに桜見に行くか」という話になったとき,候補に上りつつも既にピークを過ぎていたのが三浦半島の河津桜.
早咲きのこの桜は,毎年2月から3月にかけて見頃を迎える.

今年は2月中旬からライトアップイベントがあったり,三浦海岸駅の駅名標が「桜仕様」になったりするようだったのだが,その開始を待たずに三浦半島へ行くことにした.
というのも,この手のイベントが始まると,間違いなく人が増える.
「最適化厨」のわたしは,無秩序に動く群衆が嫌いなので,できれば人が少ない時期を狙いたく思い,ライトアップイベントがはじまる直前のこの日を選んだ.


早起きするつもりが若干寝坊しつつ,まずは横浜駅へ.
横浜駅で京急の「みさきまぐろきっぷ」を購入.三崎口までの往復,三浦海岸・三崎口周辺のバス乗り放題,三浦半島に多くあるマグロを扱う店での食事券,温泉やお土産に使える施設券がついた超有能きっぷである.

特急に乗り込み一路三浦海岸へ.
駅前から三崎口方面の線路沿いにかけて河津桜が咲いている.
唯一の誤算は,カメラのセンサーにゴミがついていたらしく,絞り気味で撮った写真にゴミが写り込んでいたことであろうか……
たくさん写真は撮ったのだが,使える写真がやや少ない.
開放気味で撮ると写り込まないらしく,桜にピントを合わせて背景をボカした写真が無事だったのが唯一の救い……

使ったレンズはSIGMA30mmf2.8.一応キットレンズも持っていったのだが,レンズを交換することはなかった.
この画角にもだいぶなれたらしく,この日画角で困ったことはなかった.

桜並木を眺めてぐるっと回り込むと,畑の向こうに線路と桜並木が見えた.
折しも桜をあしらったラッピング電車が走り去っていった.


三浦海岸駅へ戻り,京急線の終点・三崎口へ.
まずは小網代の森へ向かってみることにする.

小網代の森は広い森ではないのだが,源流から海までがここだけで完結している珍しい環境らしい.
今は枯れた草が多く時期ではなさそうだが,夏にかけて訪れてみると楽しめそうだと思った.

小網代の森を抜けるとそこは風光明媚な小網代湾.遠くには富士山も見える.


流石に腹が減ったのでマグロを食べに行くことにする.
施設券で温泉も使える油壺の「観潮荘」を目指す.
良い時間にバスがなく結局歩き通してしまい,足がつかれた.

足の疲れの前に腹が減ってどうにもならないので,まずは食事.
小網代湾を臨むレストランでマグロ丼とマグロの唐揚げを食べた.

腹ごしらえをしたら温泉へ.
タオルの貸し出しもある.日帰り入浴でタオルの「販売」だと,むしろそのタオルが邪魔になることが多いので,貸し出しというのがむしろ嬉しい.
海水を沸かした珍しい温泉で,露天風呂はこれまた小網代湾を眺めることができる.

温泉に入りさっぱりとしたら城ヶ島へ.
南側の海岸はなかなか最果て感ある景色が広がる.

釣りをする人もいるらしい.

城ヶ島の南側をひた歩き,灯台についたころには日も沈みかけ,昼から見えた白い月が明るくなってきた.

桜にまぐろに海岸に,いい1日だった.

0 件のコメント:

コメントを投稿