2017/01/31

京浜急行電鉄に物申す

さて,車掌置き去り事件をやらかした赤いあの鉄道会社がまたやらかしてくれた.

京浜急行電鉄は1月30日、同社の運転士が乗務中に居眠りをしていたと発表した。
京浜急行、居眠り運転で謝罪 「全乗務員への指導を徹底」(ITmediaNEWSより引用・2017年1月31日アクセス)

運転士も人間なので,眠くなることもあれば最悪突然意識を失うような可能性もある.
そういう場合に備えて,赤信号を通過すると自動でブレーキが掛かる仕組みがあったりするわけで,実は運転士が居眠りしたから凄まじく危険かというとそういうわけでもなかったりする.

問題は,この件に関する京浜急行電鉄の対応.
この件を取り上げた記事をいくつか読んでみるとラッシュアワーの乗客の如くツッコミどころが満載である.

運転士は「昼食の後で眠くなった」と説明したという。同社は「研修を徹底し再発防止に努める」としている。
京急運転士、快特運転中に居眠り…「昼食後で」(YOMIURI ONLINEより引用・2017円1月31日アクセス)

昼食後に眠くなるという生理現象をどうにかできる研修があるのか.
すげえなこの会社.

運転士は、前日は休日だった。乗務歴は5年10カ月で、これまでの勤務態度や健康状態に問題はなく、原因について「陽気のせいではないかと思う」と説明したという。
京浜急行で居眠り運転 横浜―蒲田間、客から通報(朝日新聞デジタルより引用・2017年1月31日アクセス)

この記事によると,前日も休みだったし,健康状態にも問題はなさそうだし,単に春の日差しに誘われた,という感じらしいのだが

同社は「出勤時の健康確認を徹底する」としている。
京急運転士が居眠り運転 横浜-蒲田間(産経ニュースより引用・2017年1月31日アクセス)

春の日差しによって生じる眠気を出勤時の健康確認でどうにかできるんだって!すごいね!!!!

事象の因果もまともに考えることができていない.小学生でももう少しまともな発言するんじゃない?
昼食後に昼寝休憩の時間を少し作るとか,慢性的な疲労が溜まる勤務体系になってないかとか,今トラックとかで話題になってる眠気を感知する装置を導入するとか,色々対策はあると思うんですけど.
とりあえず「研修します!」「健康状態確認します!」って上辺だけ取り繕うとか,アホくさ.やめたら?その仕事.

0 件のコメント:

コメントを投稿