2016/12/31

2016年の買い物を振り返る

いよいよ2017年ということで,2016年に買ってよかったものを振り返ってみることにする.

Chromebook flip

一番成功した買い物は何かというと,実はこのChromebook flipなのではないかと思う.
大学に入ってからというものの,持ち運びのできるPCを色々と試してきた.
最初に買ったのは,当時「Ultrabook」と言われていたもの.これは使ってみた結果重すぎるということになった.
次に買った2台はWindowsタブレット.重さは申し分ないのだが,何でもやりたがるWindowsと低スペックマシンというのはやはり相性が悪く,なんとも言えないモッサリ感があってやはりよくなかった.
そんな中で見つけたのがChrome OS.これまで「ネットにつながらないと何もできないOSゥ〜〜?」と思っていたが,Windowsもなんやかんやネットがないとピンボールくらいしかできないわけだし,スマホをドコモの白ロムからSIMフリー機に乗り換えたためテザリングができるようになり,外でも一定のネット環境を用意できるようになったため,ChromeOSに手を出してみることにした.

購入は無難にヨドバシカメラで.選んだのはASUSのChromebook flip
このマシンの最もいいところはその軽さ.1kgを切っているため,ほとんど持ち運んでいるという実感がないくらい.1kgを超えると途端に重く感じるので,この差は大きい.
スペックもまあ申し分なく,普段使いで不満を感じることはない.ふざけた長さのGoogleドキュメントの読み込みでやや時間がかかることがあるくらいだろうか.
メモリに不満がある人は並行輸入品の北米版ならほぼ同価格で4GBモデルを購入することができる.サポートとかが面倒になるが,それを込みで納得するなら北米版という選択もありだと思う.
どちらにせよ,持ち運びパソコンとしてはこのChromebook flipは非常におすすめである.あまりにおすすめすぎてゼミで布教しまくったら教授が買ったレベル.

α6000

SH-07EとLumiaのカメラに納得がいかず,乗り換えたXperiaも思ったより大したことがなかった.
やはりカメラの性能がほしいならカメラを買うべきなのだと思い,高級コンデジの購入を検討したものの結局ミラーレス一眼へ.
ミラーレス一眼の中でも色々と悩んだが,最終的に選んだのはソニーのα6000のパワーズームレンズキット
後に交換用レンズにも手を出しレンズ沼を順調に沈んでいる.

高価な後継機も出てきているが,入門用としてα6000は必要かつ十分なスペックを持っていると思う.
はじめてミラーレスに手を出す人には結構おすすめと言えるのではないだろうか.

GTX1050 Ti

Youtubeで見ているうちにFlightSimulatorXをやりたくなりすぎて無事死亡.
……というわけでやらないやらないと言い続けてきたPCゲーに手を出すべく,手持ちのPCにグラフィックボードをつけることにした.
最強PCにしたいわけではない(し,そもそもCPUが最強でもなんでもない)ので,はじめてのグラボとしてコスパ最強と言われているらしいGTX1050Tiを選択.
初めてだし不安なので,秋葉原のツクモで念のため相談して,手持ちのPCに装着する上で特に問題はないことを確認したうえで購入してみた.
「ふぇぇ……PCのケース開けて部品つけるなんて怖いよう……」と思っていたが,ドライバーでネジ回して蓋開けてグラボ挿すだけだった.
併せて購入したロジクールの操縦桿コントローラーを使い,快適な空の旅を楽しんでいる.

2016年で割りと色々揃った感はあるので,2017年は今年ほどハードな買い物はしないと思うが,まあ物欲というのは恐ろしいもので,来年の今頃にどんな記事を書いているのか,楽しみであると同時に恐ろしくもある.

0 件のコメント:

コメントを投稿