2016/09/13

2016年夏 長野旅行記【2日目】

“OYKOT”―日本の原風景―

おはようございます!
前日の睡眠不足もあり,寝坊を心配したが6時に起床.ぐっすり眠って気分も爽快.

本日は移動日,というか帰宅日である.ここ長野から横浜に帰る.ただし,寄り道しながら.
新幹線に乗れば2時間もせずに東京に着くが,ここから1日がかりで関東に戻る.

飯山線 快速おいこっと 長野→十日町

長野駅へやってくるおいこっととそれを待つ乗客.
長野から千曲川・信濃川に沿いつつ新潟県へと向かう飯山線を走る観光列車「おいこっと」.
命名の由来は,コンクリートジャングルと化した“TOKYO”とは正反対の原風景が残る飯山線を走る“OYKOT”ということらしい.



列車はまさに日本の原風景とも言える景色の中を進んでいく.
途中,現地でお茶請けに出す風習がある「野沢菜の漬物」や,木島平産の米で作ったおにぎりが振る舞われる.

観光列車とはいえども指定券520円しか追加料金を払っていないにも関わらずこのもてなし.
昨日の姨捨もそうだが,これらのおもてなしは地元の人によって支えられているのは間違いない.
JRとどういう関係が結ばれているのかは分からないが,到底儲けが出るようなものではなくボランティアだろう.
それもこれも,人口が減り利用客が減る路線や駅の維持のため,長期的な視野をもち観光のリピーターを増やそうという考えに基づいているのだと思う.
実際,姨捨にせよ飯山線にせよ,いつかまた来たいと思ったし,木島平の存在は正直知らなかったが,パンフレットを貰ってその存在を知り,いつか行ってみたいと思った.
リゾートしらかみや伊予灘ものがたり,瀬戸内マリンビューなど,ある意味ではアトラクションとしての観光列車が各地で走っているが,人口減にあえぐ地方の路線の維持の有力な方法になっているのは喜ばしい.

一方で,長野にせよリゾートしらかみ(青森)にせよ伊予灘ものがたり(愛媛)にせよ瀬戸内マリンビュー(広島)にせよ,大都市圏に近いまたは大都市圏からのアクセスに優れるという立地的メリットがあるのは事実.
今(存続的な意味で)“ヤバイ”鉄道といえば北海道なのは間違いないが,北海道はあまりに広く,折角観光資源として使える路線が沢山あるにもかかわらず,その立地的不利からうまいこと利益に繋げられない.
北海道で路線を存続しようとすれば,別のビジネスモデルが必要になるのかなあ,と思うが,残念(でもないし当然という面もあるが)なことに北海道はどうやら不採算路線を切り捨てていく方針で進んでいくらしい.まあしかたないかな,と思う.結局のところ,鉄道を維持できるような環境ではなかった,ということだろう.

…と,柄にもなく真面目な話をしてしまったが,実際のところおいこっとの中では向かいの席の山形から来たおじさんと盛り上がり,車内販売で飯山市の地酒『北光』を飲んで酔っ払っていた.
ビールの炭酸が苦手なので日本酒を選択したが,普段はそんなに飲まないので,1人で300mlも日本酒を飲み,終点十日町に着いた頃にはベロベロになっていた.

道中には日本最高積雪地点として知られる森宮野原駅で少々停車.
8m近い積雪は,流石に豪雪地帯出身とは言っても想像を絶する高さ.家潰れるんじゃないのかな…

飯山線 普通185D 十日町→越後川口

十日町で件の山形のおじさんと別れ,酔いを覚まして飯山線を更に進む.
酔いを覚ましと言いつつ酔いは覚めきらず,出発して少しして爆睡.
終点越後川口到着直前に目を覚ましたときには酔いも覚めていた.

飯山線 普通186D 越後川口→十日町

越後川口からは十日町にとんぼ返り.
何しにきたのキミ,という指摘は最もだが,十日町で次の列車まで3時間近く待っているのも意味が無いのと,飯山線を全線乗り通してやろうという動機があった. 来た道を今度は意識がしっかりした状態で引き返す.列車は再び十日町へ.

夢空雪兎

十日町からは北越急行ほくほく線で越後湯沢(正確には六日町までがほくほく線,六日町-越後湯沢は上越線直通)まで向かう.

この「北越急行」,個人的にめちゃくちゃ好きな鉄道会社.鉄道云々というよりは経営が,という意味だが.
まず,このほくほく線は北陸新幹線金沢開業前は首都圏-北陸のメインルートだった.つまり,上越新幹線で越後湯沢まで行き,そこからはくたかに乗ってほくほく線を通って北陸へ行くというのがまさに「王道を征く」だったわけだ.
そういう事情もあって第3セクターにしては珍しく黒字を叩き出していたが,その源泉はあくまで対北陸の高速輸送であり,ローカル輸送では決してなかった.

その状況下で北陸新幹線が延伸開業し,対北陸の王道が北陸新幹線に変わった.
はくたかは廃止され,当然赤字に陥る.
しかし,北越急行は「北陸新幹線延伸で赤字になることがわかっているなら,内部留保を積んどけばいいだろ」という発想で今後20年くらいはなんとかなるくらいの貯金がある.
個人的に好きなポイント一つ目がここ.一時的に儲けが出たからといって無駄な投資をするタイプはここの社長の爪の垢を煎じて飲むべき.

「でもそれじゃ20年経ったら終わりじゃん」という指摘はごもっともだが,北越急行はちゃんと対策を考えていた.
それが快速 スノーラビット
どっかの動画サイトのクッサイイベントとネーミングセンスが似ているのがちょっと気になるが,こっちはオフパコとは関係ありません.
この「超快速スノーラビット」は直江津-越後湯沢間の途中停車駅は十日町のみ.結果,この「超快速スノーラビット」を使うと,直江津(上越市)から首都圏のアクセスが北陸新幹線ルートよりほくほく線+上越新幹線のほうが安く・早いということになった.
当然,対富山・対金沢だと北陸新幹線には遠く及ばないわけだが,上越地域の需要だけでも取りに行こうとする攻めが好き.

加えて,トンネルが多く景色を楽しめないのを逆手に取り,トンネル走行中に列車の天井に映像を投影する「ゆめぞら号」という車両が導入されている.
速達性だけでなく遊び心もある北越急行,いいじゃん.

というわけで,十日町からほくほく線に乗る.

北越急行ほくほく線 快速スノーラビット3841M 十日町→越後湯沢

というわけで乗るのは「超快速スノーラビット」.しかも土日はこの列車に,上述の「ゆめぞら号」が充当される.
一粒で二度美味しい北越急行の30分が幕を開ける!

列車は十日町を出るとぐんぐん速度を上げていく.さすが「超快速」.
猛スピードでしんざ駅を通過するといよいよトンネルへ.
映像投影は写真では伝えきれないのでムービーを撮ってきた.

これ,列車の天井です. こんな感じの映像がトンネル走行中に投影される.
てっきり側壁から映像を出しているのかと思ったが,荷物棚に荷物があるところも干渉されていない.
どこから光を出しているのか…

なんて考えているとあっという間にトンネルを出て上越線に合流.
上越線も元々優等列車が行き交った幹線ということもあり,線形はそれなりにいいはずだが,ほくほく線内での超高速走行と比べるとえらくのんびり走っているように感じた.
列車は南魚沼市を南下し,越後湯沢に到着.

トンネルを抜けるとそこは

越後湯沢.
実はほくほく線もそうなのだが,越後湯沢は想い出深い地である.
はるか昔,中学2年のときはじめて一人で旅に出た時に着た地のひとつであり,春休みとはいえまだ寒い越後湯沢に降り立った私は,ここで立ち食いそばを食べてはくたかで直江津へ向かった.
越後湯沢駅を歩くと,まだその時の立ち食いそば屋があった.食べて行きたい気持ちもあるが,十日町で腹が減ってしまいコンビニで昼飯を食べてしまったので流石に入らない.
ということで立ち食いそば屋の横の駅弁屋で晩飯用に駅弁を調達.
何種類か取り扱いがあるようだが,残っていたのは1種類のみなのでそれを購入.
対北陸輸送が北陸新幹線にシフトした今,越後湯沢はかつての乗り継ぎ駅から単なる通過駅に変貌した.それにともなって駅弁の供給も絞っているのかな…と思う.

上越線 普通1736M 越後湯沢→水上

まさか上越国境にこんなピカピカの列車が来るとは思わなんだ…
しかも車内は割りと満員.しかも一部ロングシート.別にここで駅弁を食おうと思っていたわけではないのでいいのだが,まさか上越国境にロングシートが来るとはね…

この区間,新潟方面へ向かう反対方向の列車はトンネルの中に駅があったり,湯檜曽駅付近に山をぐるーっと回って下る所謂「湯檜曽ループ」があったり,川端康成の『雪国』に出てくる「国境の長いトンネル」を抜けたり(ただし小説とは逆方向になる)と,色々おもしろい区間なのだが,満員で窓から景色を眺めることもできずに列車は水上に到着.

上越線 普通746M 水上→渋川

国境の長いトンネルを抜けると,そこは東京近郊区間だった.
ここ水上から「東京近郊区間」になる.近郊区間ってなんやねん,という話をしだすと長くなるので詳細は割愛するが,まあ「ここからSuicaが使える」くらいに考えておけば良い.

水上までの満員の列車にみんな嫌気が差したか,乗り継ぎ先では絶対に座ろうと水上到着前からドア前スタンバイ組が大量発生.
満員で立ってる人もいる状態で,座ってる奴が立ち上がるのは猛烈に邪魔くさいわけだが… 高崎行きは反対側のホームなので,狭い跨線橋を押し合いへし合い.

向かった先にはみかん色の115系.水上までは4両編成だったが,この115系は6両編成なので多少は余裕があり,無事座ることができた.
にしても上越国境がピカピカの新車,腐っても東京近郊区間になる水上以南がボロボロの旧国鉄車.
なにか色々間違っている気がする…

途中渋川駅で下車.ここで少し待って,吾妻線からのリゾートやまどりに乗るわけだが…

向かい側のホームにSLがいた.
そういえば水上から高崎の間はSLの臨時快速が走っているんだなあと思い出す.ここ渋川で後続の普通列車を先行させるダイヤになっている模様.
これの存在に気づいていれば,高崎まではSLに乗るのもアリだったなあと少しだけ後悔しつつ渋川でリゾートやまどりを待つ.

待合室で地元の高校生らしき男女が甘酸っぱい会話をしていたので,打ち消すためにコーヒーを飲んだ.
前回の18きっぷ旅行(高山『氷菓』聖地巡礼)のときも高山本線の車内で青春してる高校生っぽいのがいたが,ほんと青春の1コマを垣間見るのはいいっすね…
なんというか心が洗われる.その心情は多分ある種の諦観の表出で,そう考えるなら「リア充爆発しろ」とか思っている頃のほうが社会的には健康な精神なのかもしれない,と思ってしまうのでした.
まあいい,この旅行もあと僅か,嫁の待つ家に帰るわけだし.画面から出てこないけどな.

上越線・高崎線 快速リゾートやまどり 渋川→大宮

渋川駅で時間を潰してリゾートやまどりに乗車.
この列車の主な対象は吾妻線沿線の観光客だが,旅の最後の快適な移動に使わせてもらう.

これまたシートピッチが広い.しかも1+2の3列のシートで,C席は隣は通路で快適.一人旅には最適な席.

おなかが減ったので出発しすぐ,越後湯沢で購入した駅弁を食べる.
うーん,うまい.足元は広いし隣は誰もいないし弁当はうまい,最高や!
…とそこに不穏な音が.

うぎゃぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~↑↑↑!!!(高音)

なんだなんだ.
リゾートやまどりに響き渡る「球審・白井」のような叫び声.

実はこの列車,キッズルームという子供向けにおもちゃがある部屋があるのだが,そこで父親と遊んでいる子供が奇声をあげていた.
いや,いくらキッズルームだからってそんな大声上げたら親は止めるでしょ…と思ったら止めない.
奇声は収まる気配なく,高崎出発時には私の後ろの方に座っていたオバサマがついにキレ,車掌に言って別の車両の席を変えてもらっていた.

ゴミを捨てに行くついでに覗いてみたが,このキッズルーム,なんとドアがないらしい.
正直これは設計ミスなんじゃないかなあ,と思う.子供が騒ぐのはある意味自然なわけで(それをある程度抑えこまない親もどうかと思うが),完全に防音にしろとまでは言わないが,せめてドアくらいつけとけよと思う.
たまたま他の車両に空席があったから良かったものの,仮に満席だったら車掌はどう対応すべきなのか,という問題もある.
車掌にとってはどちらも客なわけで,対応は大変だろうなあ,と思ってしまうのでした.
とりあえずドアつけろ,JR.

列車は夕暮れの高崎線を快走し一路大宮へ.
日常的に聞く地名が溢れだして,やまどりのドアが開いた瞬間,旅は終わったなあと実感する.

長野旅行記 完.

0 件のコメント:

コメントを投稿