2016/09/11

2016年夏 長野旅行記【1日目-1:上高地編】

山奥の景勝地

松本電鉄上高地線 快速第101列車 松本→新島々

松本からは松本電鉄上高地線に乗車する.
時刻はまだ4時台,地方私鉄の始発列車にはちと早過ぎる時間だが,ムーンライト信州の運転日に合わせて臨時列車を走らせてくれる.

列車は深夜の松本市を快走.上高地や乗鞍高原へ向かう登山客輸送に特化した列車なので,途中駅は全て通過.
30分も経たず,列車は終点新島々(しんしましま)に到着する.「し」,多すぎでしょ.
元々島々駅というのが少し奥地にあったものを,バスターミナルを整備する際にこの地が選ばれ,新島々と名づけられたらしい.
新島々に近づくと,立ち上がりドア前で待機する客が増える.なんでこんなせっかちなんだ…?

ドアが開くと徒競走が如く,乗客が窓口へと殺到する.
ここで松本からの精算も含めて,松本-上高地の往復割引券を買うのだが,ここから先はバスになる.
恐らく,恐らくだが,バスが満員になることを恐れてドア前で待機していたのだろう.
ただ,バスは電車よりも柔軟なので,満員になった上高地行きのバスは2号車が用意された.せっかち組は1号車ですし詰め,のんびり組はガラガラの2号車に悠々乗車.
せっかくのんびりした山奥にやってきてそんなに焦ってもしょうがないでしょー

バスは「ほんとにここ大型バスが通れるのか?」というような山道を進んでいる.
ちょうど日の出の時間になったらしい.やはり旅行中の日の出の景色を見るときはfripSideのeverlastingを聴くに限r…ってイヤホン忘れた!

…というわけで,朝の上高地にやってきた.
寒い!めっちゃ寒い!
ウィンドブレーカー兼雨除け的な上着を羽織る.今回は上高地バスターミナルから河童橋を通って明神池まで向かうことにする.

思わずはえ~すっごいっと言ってしまう景色が広がる.そして何より空気が澄んでいる.
睡眠時間は1時間もないし,一晩中座っていたので脚も疲れていたはずだが,それも忘れてしまうほど景色を楽しみつつ歩き続けた.

1時間ほどあるくと明神橋が見えてくる.ここまで来ると明神池はもう目前.



明神池にやってきた.これを見るのが上高地に来た最も大きな動機のひとつ.
さすがに少し疲れてきたが,まだひんやりとした空気を吸いつつ,明神池を眺めながら一息つく.
明神池は穂高神社奥宮にあり,上高地がかつて「神垣内」と呼ばれていたのはこの神社の存在が由来らしい.
そういえば『氷菓』の「連峰は晴れているか」に「神垣内連峰」という架空の山の呼び名があったが,あれは上高地が由来なのかもしれない.上高地から山を少し超えると高山市があるわけで,位置的にもその可能性が高そうだ.
今までただの架空の名前だと思っていたが,由来があったらしいと高山から離れたこの地で気づくことができてよかった.

明神池をひとしきり眺めたら,明神橋を渡り梓川左岸へ.
往路は右岸を歩いてきたが,復路は左岸を進むことにする.
右岸は右岸で景色を楽しめたがアップダウンが地味に激しかった.一方左岸は比較的平坦で歩きやすい.
流石に睡眠不足と座席での一夜のせいで疲れてきていたところなので,復路左岸の選択は正解だった.

というわけで,駆け足になったが上高地散策,終了!
明神池に発つ前にバスターミナル前のベンチでカロリーメイトと売店で売っていたソーセージを食べていたが,なんだかお腹が空いてきたので唐揚げ棒?とあんまんを購入して食す.
平地と比べると若干高いのは否めないが,目ん玉が飛び出るほどのインフレは起こしていなかったので結構良心的だと思う.

松本電鉄上高地線 第20列車 新島々→松本

上高地から再びバスで新島々へ.このバスでは30分ほど爆睡した.実は往路も結構寝ていたので,この往復で少し睡眠時間を稼げたと思う.
新島々から再び松本電鉄に乗車し一路松本へと帰還.

0 件のコメント:

コメントを投稿