2016/07/01

FIFA17キャリアモードに望むこと.

さて,いよいよFIFA17の情報が出始める時期となった.
例年通りまずはトレイラーが出て,そしてついにFIFA17からのJ1収録開始の告知も出た.
以前,EAがJリーグと何か契約をしたというニュースが出ていたので,いつかは収録されるとは思っていたが,まさか17から収録されるとは思っていなかったので驚いた.
FIFA16の武藤(マインツ)の顔が実物に全く似ていないので,Jリーグ選手の顔がどこまでリアリティあるものになるかは少し不安ではあるが…

正直なところ自分にとってサッカーはあくまでFIFA14に手を出したことがはじまりなので,実際にサッカー観戦とかはあまりしないし,特にFIFAシリーズに収録されていなかったJリーグは全くと言っていいほど見ていなかった.
しかしそれでもJリーグの収録はうれしい.

その理由は,やはりキャリアモードにある.
FIFA15以降,専らキャリアモード,特に選手キャリアでばかり遊んでいる(というか,味方AIがアホすぎてチーム全体動かすのはストレスフル).
当然FIFA17でも選手キャリアで遊ぼうと思っているが,そこでJリーグの収録が効いてくる.
今までJリーグのチームが収録されていなかったので,最初のチーム選びは割りと適当だった.
Jリーグが収録されれば,日本のチームでキャリアを開始し,その後海外に移籍するという日本人選手王道のサクセス・ストーリーを再現できる.
そういうわけでJリーグ収録が非常に楽しみなのである.


一方で,16のキャリアモードをやっているうえでいくつか不満な点もあるのでそれを書き連ねておきたい.
17で改善されていたらうれしいなあ,という淡い期待もある.

【味方AI(攻撃面)】パターンが単調すぎ.
とりあえずサイドバック,サイドハーフの絡みでサイドを攻略しようとする動きがファーストチョイスになっている.
それは別にリアルだし,構わない.ただ,それだけになりすぎ.
放っておくと延々と同一サイドでこねくり回し,サイドチェンジをしようとか,ドリブル仕掛けてみようとかそういう動きが全くと言っていいほどない.
これは敵AIの攻撃の動きにも言えることで,結果として「仕掛け」がない敵のハイ・ポゼッションに陥ることが多い(と同時に,審判AIがやたらとファールを取るのでタックルで奪取することも難しい).
攻撃のパターンにもう少し広がりがほしいと感じる.

【味方AI(攻撃面)】ボールを受けにこい.
これもまた似た内容になるが,味方AIが基本的に裏を取る動きしかしない.
裏を取るように指示するのはトリガーランでこちらが能動的にできるので,むしろボールを受けに来る動きがほしい.
特に,16の敵AIの防御においてパスカット能力が凄まじいことになっているので,ボールを受けに来る動きがないとパスを繋ぐことができない.

「ボールを奪うこと」のバランス
敵AIのボール奪取能力が異常.そのくせこちらが同じことをしようとすると,買収されたのかというレベルでファールを取られる.
「中盤の緊迫した駆け引き」と言えば聞こえはいいが,実際のところは「自分がボールを持つ」→「奪われる」→「相手のこねくり回し」の繰り返しで,得点に繋がるダイナミズムが見られない.

FK・CK蹴らせんかい
書いたとおりそのまま.何でもいいからFKとCK(左右どちらか)を蹴らせろと.チャレンジを解除させろと.
FIFA16からはトレーニングモードがあるので多少はマシになったが,FKの能力がなかなか上がらない.

契約年数という概念を導入せよ
トレーニングモードで能力値を上げ続けると,移籍金が天文学的な額になり,移籍ができなくなる.
そのせいでマンUから脱出できなくなったゾ…
契約年数という概念を導入して,契約切れたらフリーで好きなクラブと交渉できるようにするとか,そうなったらいいなあと思う.

Jリーグ導入なら日本代表もオナシャス!
日本代表が収録されないと,代表チーム楽しもうとすると国籍日本以外でJリーグでデビューというなかなかレアケースになるので…

日本語版の解説音声,どうにかしろ.
もう直球で言いますが,堀池の棒読みどうにかしろ.
どうにかしろというか,多分堀池ボイスになってから一度もどうにかなってないので,代えてクレメンス…


今回は全世界同時発売らしいので,日本語版にしようかなあと.
たださっきも書いたが解説のボイスが誰になるのか…これがわかるまでは予約には踏み切れないかなあ…

0 件のコメント:

コメントを投稿