2016/01/03

2016年新春:初詣に行こうと思ったらちょっとした小旅行と化した話

だいたいこいつのせい。


さて、初詣だ。
一昨年は確か川崎大師に行った。去年は帰省していたので行かなかった(行けなかった)。今年は横浜で惰眠をむさぼる冬休み、せっかくなので初詣に行くことにした。
もっとも、帰省してたときも惰眠は貪っていたのだが。

神奈川県民の初詣、というとやはり川崎大師(川崎)か鶴岡八幡宮(鎌倉)…あとは明治神宮、遠出して成田山だろうか。

今年の私は遠出してみることにした。使うのはこの切符。「休日おでかけパス」である。
西は大月、東は土浦、北は神保原、南は小田原あたりまで行ける。高崎までではなく神保原、宇都宮までではなく自治医大でエリアを切る当たりいやらしさを感じなくもない…が、これだけの範囲を普通列車のみとはいえ3000円もせず乗り回せるのはありがたい。

横浜の朝

@retore_instが投稿した写真 -

時刻は7時半頃。クソ早い。4時に起きた。
冒頭でネタバレ状態だが、今回は鹿島神宮へ行く。
鹿島神宮と言えば鹿島線だが、以前のダイヤ改正で特急列車は廃止。細々と普通列車が走るのみである。そういう事情もあり、鹿島神宮までのアクセスはバスか自家用車が主流である。(というか、そのせいで特急が廃止されたので、因果としては逆か。)
だが列車で行く、敢えてね。そのせいでこんな早くから横浜駅にいるのである。特急が廃止された今、鹿島線の本数は少ない。この時間に出なければ、鹿島神宮着が1~2時間遅れる、というのが事前調査で判明したため、致し方ないのである。

錦糸町再び

@retore_instが投稿した写真 -

利用した列車はエアポート成田、成田空港行き。これで成田まで向かう。錦糸町でスカイツリーを横目に見て、その後は千葉県を東進。

長距離移動ということもありクロスシートを利用。しかしこのシート、4人向かい合わせになるタイプだが、4人乗るとギュウギュウになりそうだ(というか、千葉からたくさん乗ってきてギュウギュウになった)。しかもシートが硬く、ケツが痛い。これはグリーン車を使うべきだったか…と思いつつ、それは帰りの楽しみに取っておくことにした。

成田で乗り換え、成田線で佐原へ。休日おでかけパスの有効範囲は成田までなので、一度出場して切符を買う。840円也。鹿島神宮駅で乗り越し精算しても良かったが、乗り継ぎに若干の余裕があったので。
と言いつつ、成田山に向かう人が多いからか成田駅は大混雑、結構ギリギリだった。

更に佐原駅で乗り換え。結構車内は混んでおり、鹿島神宮へ行くのかと思ったが佐原で降りない人も結構いた。香取神宮に行くのかもしれない。

フラグ回収。
鹿島臨海鉄道じゃないが、それより前に鹿島線に乗るわけだしこれでいいだろう。

…ゴホン。列車は北へ進路を変え、利根川を渡る。この辺りから茨城県になる。
鹿島線の本数が少ないので並行するバスがないか調べたがどうやらないらしい、ということがこれまた事前調査でわかったが、ここに県境があるからだろう。
どこかのテレビ局の路線バスの旅のスタッフが何かの記事で言っていたが、バスというのは自治体ごとに固まる性質があり、県境や、市境をまたぐバスというのは少ないらしい。
この辺りは川やら浦やらが多く、これまた分断されている感が強くなる。鹿嶋市は距離的には成田に結構近いが、交通的にはやはり水戸方面との繋がりが強くなっているのだろうか。

そんなこんなで鹿島神宮駅へ到着、そのまま徒歩で鹿島神宮へ。地味に坂があるが、横浜じゃなくて横山だろ!と言われる坂連打地域に住んでいるからかこの程度ではなんとも思わない。慣れって怖いね。
鹿島神宮ではお参りをして、お守りを買って、おみくじを引いて、昼食にそばを食べた。常磐そば?というらしい。そばは好きだがそんなに味にうるさいわけではないのでなんとも言えないが、とりあえず噛みごたえがあると思いました(小学生並みの感想)。
そういうわけで鹿島神宮では特に特筆すべきことはないが… まあ強いて言うなら…


さて、時刻は昼過ぎ。このまま横浜に帰っても良い…というか帰るんだが、恒例の「往路と復路は同じルートはできれば避けたい」気持ちがウズウズしてきた。こうなってくるともうほとんど旅行のようなものだ。

というわけで、こういう方針に。まあなんとなくこうしようかな、とは思っていたのだが。これまた休日おでかけパスの範囲外(というか他社)なので、切符を購入。鹿島神宮駅の自動券売機はSuica非対応。現金持っていなかったら利根川を泳いで渡らないと帰れなくなるところだった。危ない。

鹿島臨海鉄道は初利用。窓が開く車両になんとなくノスタルジーを感じつつ、茨城県を北上。

そういや、大洗はガルパンの聖地なんだっけ。なんて思っていたら、

(察し)


途中で日本一長い駅名(詳しくは目の前の箱で調べてください)の駅を通ったり、少しうつらうつらしつつ、水戸へ到着。ここから常磐線で家に帰ろう、というわけだが、土浦まではこれまた休日おでかけパスのエリア外なので切符を購入。Suicaでも良かったが、土浦で一度出場するかどうかわからないので切符を買った(土浦で改札を出ないと、横浜でSuicaを処理してもらうことになる。それは面倒)。

土浦に到着し、乗り継ぎ列車をどれにするか考える。正直水戸から特急に乗って品川まで行こうかと思っていた(特急料金は別途必要)がやめた、ということもあり、ちょっと贅沢してグリーン車に乗ることに。先発の列車は上野止まりなので、次の品川行きの特別快速に乗車。グリーン券780円なり。品川まで快適にいけることを考えればだいぶお得だと思う。

で、品川からは東海道線に乗り換えて横浜へ到着、帰宅(相変わらず旅行記の最後は最早日常のテリトリーなので適当になる)。


成田から鹿島神宮、水戸から土浦までの別途購入分の初乗り分の上乗せもあってか、思ったよりお得にならなかったな、という感じはあるが(それどころがもっと得だと思い込んでグリーン車使ったから余計に金がかかってる)、グリーン車分足してもほぼトントンということを考えればなかなかお得な切符といえるだろう。エリア内だけで完結させれば、もっとお得さを感じるはずだ。

青春18きっぷのときも言ったが、「おトクなきっぷ」はうまく使えば本当に「お得」なことがあるので、旅行の際には関連する鉄道会社のHPで企画券をチェックしてみよう。

といってから思ったが、ひょっとすると青春18きっぷのバラ券を金券ショップで買ったほうが安上がりだった可能性も無きにしも…

0 件のコメント:

コメントを投稿