2015/06/23

Lumia 640 レビュー(2) ワードフロー入力

スマホの文字入力といえば、やはり主流は「スワイプ」だろうと思う。AndroidにせよiPhoneにせよ、ガラケーの文字入力のように同じキーを何度も叩くことなく文字を入力でき、素早い入力が可能だからだ。

実はWindowsPhoneにはその上をいく文字入力方法が存在した。まずはこの動画を見ていただきたい。(英語で何を言っているかわからないかもしれないが、映像だけで何がすごいかわかるはずだ。)

これが「ワードフロー入力」である。基本はスワイプと変わらず画面上に指を滑らせるのだが、それをQWERTY配列で行えるのが良い。
本当にこんなにスムーズに入力できるのか、こんな流れるように画面に指を滑らせたら隣のキーが反応したりしてしまうのではないか、と思いLumia640で試したのだが、かなりの精度で入力することができた。
恐らく、予測変換機能で何を入力しようとしているのかを予測していることで、正しいキーに反応しやすくなっているのだろう。

実際、

これを入力してみようとしたのだが、「Hana」がうまく反応しなかった。英語に「Hana」という単語がないからだろうと思う。

残念ながら、現状では日本語入力には対応していないようだ。Windows 10 Mobileでは日本語対応されないかなあ、と密かに期待している。
(ところで、上の動画で間違いなく「Emoji」と言っているように聞こえるのだが、いつの間に「絵文字」は英語圏でも通じるようになっていたのだろう。)

0 件のコメント:

コメントを投稿