2018/02/17

横浜中華街で中国旧正月の伝統行事「採青」を見てきた

【2018/02/16】

くどいようだが今年のテーマは横浜.先日は灯台下暗しだった大さん橋に行ってきたが,今回は春節(旧正月)でイベント目白押しの中華街へ行ってきた.中華街も来るのは結構久しぶりかな.4年ぶりくらい.

「採青(ツァイチン)」とは神の使いたる獅子の舞で,ここ中華街では各店舗の前や中で獅子舞が行われ,最後にぶら下げられた祝儀袋を獅子が食べる.そうするとそのお店に幸せが訪れるとか何とか.

多分これは表面的な理解に過ぎず,中国の長い歴史に裏付けられた伝統なのだと思う.今度同級生の留学生にでも聞いてみようかしら.

上の画像で店から飛び出してきているのがまさに獅子舞.

すごい激しく動くから被写体ブレがひどい.そしてこの日のレンズはよりによってMF専用のFlektogon.激しく動き回る獅子舞にピントを合わせようとピントリングを左へ右へ.

ある程度距離を撮って撮るのであれば何とかピントは合わせられる,くらいの感じ.ピーキングアシストもあるし意外となんとかなった.さすがにAFみたいに正確にはいかないけれど.

最近,こんな感じの群衆でみんながスマホを伸ばして写真を撮っているシーンを後ろから撮るのが好みだったり(趣味悪い……).

そんなわけで獅子舞そっちのけでスマホにピントを合わせたり.

獅子舞さん,お店の中で踊るの巻.

ついでに食事をしているお客さんにちょっかいまでかける.獅子は神の使いなので,こうして獅子に触られた人にも幸せが訪れるそうな.

これが上述のご祝儀を食べる瞬間.

ご祝儀を食べた後も激しく舞ってすごい高さに.群衆でよく見えないけど,中の人はどうなってるんだろう,これ.

獅子舞見物の群衆に疲れて少し離れてぶらり散策.春節を祝う提灯がずらり.台湾の街並みに似た何かを感じる中華らしさ.

最後に獅子舞を再びちらりと.

旧正月のイベントを見たのは初めてだが,獅子舞の激しい動き,加えて爆竹がバンバンと鳴り響いて賑やかなお祭りだった.

なんというか「勢い」が凄くて引き込まれてさすが中国文化の力強さは違うなあ,と思った.

こうして横浜的何かをまた撮ることができて大満足.また来年も見に来ようか.今度はAFレンズ買って.

2018/02/16

ついにLINE Payカードを作ったら便利すぎた

ついにLINEに屈した.

その存在はちょっと前から知っていた.知っていたのだが見ないふりをしていた.

LINE PayカードはLINEアプリ上でチャージできるプリペイドカードで,JCBブランドが付与されているので普通にクレジットカードと同じように使える.

還元率は2%で,高還元率カードが軒並み消えていく中で最後に残されたユートピア.

最初は,プリペイドカードだとクレカと同じようには使えないと思っていたり,コンビニに行かないとチャージできないと勘違いをしていて敬遠していたのだが,実はクレカと同じように使えること,そしてLINEのアプリ上で銀行口座からチャージできることなどを知り,気持ちが揺らいだ.

それでも最後に残された心理的な障壁は,単純にLINEが嫌いだということなのだが,それも最近だいぶ緩和されてきたので(いらないグループやらを一掃したことが大きい),LINEの軍門に下ってみようかと.

LINE Payカードの良いところ

プリペイドだけど手軽にチャージできる

何となくプリペイドカードというと前もって店頭でチャージしたりしないと使えないようなイメージだったのだが,LINE Payカードは紐付けた銀行口座から,スマホでチャージできる.

これくらいの手間ならかけてもいいかなと思えたし,私には当てはまらないがクレジットカードは使いすぎてしまいそうで不安!という人にもおすすめだと思う.

ポイント還元率が高い

一番嬉しいのはやはりポイント.今日日,通常使用で2%還元されるカードは他にあまりない.

この高い還元率を実現している背景には,おそらくオペレーションコストの低さがある.例えばカードの配送も,普通のカードでは書留で送られてくるところ,LINE Payカードは普通郵便で送られてくる.その分セキュリティが甘いというわけではなく,というのも,LINEのアプリでアクティベートしないとそのカードを使えないので,普通郵便で送っても問題ないのだ.

送金・割り勘が容易

LINEで友達になっている人でLINE Payを使っている人がいれば,LINEで簡単に送金が可能に.学生同士だと飲み会の支払いの割り勘のときとかに便利.この前ゼミの飲み会で支払いを取りまとめたら1,000円札が30枚くらい来て面倒なことになったので今後は是非みんなにLINE Pay使ってほしいなあ,と.

LINE Payカードの惜しいところ

サインの手間が増えた

ICを搭載していないので,サインレスに対応していない店で使うとサインを求められる.時間が掛かるし面倒くさいのが正直なところ.

図柄がかわいすぎる

これは自分が悪いのだが,何をトチ狂ったかLINEのクマ?の柄のカードを選んでしまったので出すときに若干の抵抗を感じないわけでもない.

普通の黒いカードもあるので,これは自分で真面目に選べば済む話ではある.ほんと,なんでアレ選んだんだろう.

作ってまだそれほど経っていないのだが,その便利さと還元率の高さから,買い物での使用のメインカードに成り代わった.

従って持っているクレジットカードのリストラクチャリングもそろそろ考えねばならんなあと思っているのだが,それはまた別の機会に.

2018/02/15

お前らがチョコもらったとかはしゃいでる時,初めてのお祈りメールをもらって凹んでた

……という話.

実はこっそり就活してた

企業によっては就活生のSNSアカウントの特定に勤しんでいるという話を実際にそれに勤しんだことのある元同級生に聞いてから,特定を恐れて沈黙を続けてきたのだが実はとっくに就活をはじめていた.

「はじめていた」とは言いつつも量的に充実していたわけではなく,せいぜい数社見てきたくらい.ただ,幸運なことに1社だけ選考が進んでいた.

その会社は当初からの志望企業ではないが,でも一般論から言えばすごい企業.だから自分の中で非常に微妙なポジションにあった.

にも関わらずどういうわけか最終面接にまで進んでしまい,嬉しさ半分困惑半分という感じだった.おこがましいけどキープにできたらいいな的な感じ.

初のお祈りメールは最終面接

最終面接では多分そういうところを見透かされたのだろう.その時考えていたことといえば「これで内定出たら再来週のインターンシップキャンセルして旅行するか」ということだけだったし.

本命企業に祈られたわけではないからそこまでショックではなかったが,それでもせっかく最終まで行ったところに祈られたという脱力感みたいなものは結構あった.

とは言え当初予定では就活は3月から本格的にはじめる予定だったわけだし,その前にいい経験ができたということで気持ちを切り替えていければ.

2018/02/09

カメラバッグ『Endurance Ext』を買ったがマジックテープがうるさかったのでボタンに改造してみた

またカメラバッグが増えた!

マジックテープうるさすぎ問題

購入の動機とか使用感とか,収納がどれくらいできるかとかの話は別の機会にするとして,買ってすぐちょっと使ってみて真っ先に気になったのは上部気室のマジックテープだった.

Endurance Extは収納力を可変にするために上部気室がロールトップになっているのだが,その最先端を留める方法がマジックテープ.

つまり,上部気室を開けるとこうなる.

ビリビリ……ビリビリッ!!!!!!

やめて!

ファスナーに改造計画……するも頓挫

何故ここをマジックテープにしたのか.101回問い質したい.何故だ.Why?WhyWhy?????

そんな生産性のない設計者への愚痴を一通り垂れ流したあと,これをどうするか考える.ビリビリッ!は許されないのだ.

まあ,順当に考えればチャックをつけるのが一番良さそうである.チャックつけ改造なんてのは手芸界隈では日常的に行われてるわけで,材料も豊富である.

しかしそれを厚紙が妨げる.これを見て欲しい.

これが問題の上部気室の一番端で,ここにファスナーをつけたいと考えた.しかしここ,上部を短くする時にロールする関係上で,中に厚紙のようなものが入っているのだ.

ここにファスナーをそのまま付けようとすると,縫うたびに針と糸で厚紙を貫通させなければならないが,現実的ではない.

では厚紙を抜くか!と思ったが,縫い目をほどいて厚紙を抜き出して,縫い直してファスナーを付けるなんてのはちと面倒すぎるな,と.ましてや一人暮らしの我が家にはミシンなどなく,手縫いでやらなければならないのだ.それは面倒だし,出来上がりが絶対汚くなる.

ボタン留めに改造計画……するも頓挫

ではファスナーは諦めて,ボタンで留めるようにしようか!と思い立ってこんなものを買ってきた.

ワンタッチプラスナップ.手芸には詳しくないのだが「プラス」+「ナップ」ではなく「プラ(スチック製の)」+「スナップ(ボタン)」らしい.難しい.

んでんでんで,これはどういうものかというと,穴を開けてそこに部品を通して嵌めるだけでお手軽にボタン留めにできるというスグレモノ!なのである.

これを使えばお手軽ボタン留め!やったぜ!

と思ったのだが,再びこいつが邪魔をする.

このプラスナップ,プラスチックの部品で生地を挟み込む都合上,厚みが一定以下でなければならない.具体的には1.6mm以下とからしい.

だがこの生地,厚紙のせいで2.6mmくらいありやがる.

つまり,おニューのカバンにキリで穴をぶち開けたはいいが部品が付きませんでした!ということが起こりうるのである.手元に残ったのは無駄に小さな穴の空いたカバン.いやそれはちょっと……

詰んだ.

マジックテープはマジックテープで制す

さてどうするか.目の前にはプラスナップと,ボタンをつけたあとにカバンのマジックテープがくっつかないように逆向きに貼るべく購入したマジックテープ.

わざわざユザワヤまで行って買ったのに.どうしてくれるんだ.特にこのマジックテープ.

ん……?マジックテープ!?

っつーことでひらめいたのはこんなの.

じゃん.カバンに穴を開けるのではなく,購入してきたマジックテープのほうに穴を開けてワンタッチプラスナップをつけてみた.

これをカバンのマジックテープにくっつけて,

じゃん!

マジックテープの4層構造.外側2層はカバンに元々ついているマジックテープ.内側2層にプラスナップをつけたマジックテープ.

外側のマジックテープに内側のマジックテープをそれぞれくっつけて,内側同士をボタンで付けられるような向きにスナップボタンを取り付けた.

これでビリビリッ!も回避しながら,同時にボタン留めもできるようになった.

いや~久しぶりに頭使った.

2018/02/06

α7IIと #Utulens と歩く横浜・大さん橋

【2018/01/24】

α7IIにUtulensをくっつけて大さん橋に行ってきた.

Jupiter-9も買っただけで使ってないくせにまた新しいレンズを買った. もうダメみたいですね…… ノスタルジーの塊・写ルンです 2017年秋,写ルンですのレンズを再利用して,マウントアダプターを介すことで様々なカメラで写ルンです的な写りを楽...

購入編はこちら.

【2018/01/01】 2013年の春に横浜に越してきて,帰省していた15年,17年を除いて横浜で迎える3回目の年越し. 今年のテーマは横浜である. 横浜にいるのが確定している最後の1年,それが2018年(厳密には年度だが).就職活動の結果次第で,来年度以降の住...

前回は赤レンガ倉庫のあたりまで見たので,その続き.

赤レンガ倉庫から少し歩いて,大さん橋の臨む.前々日に雪が降ったからか,雪だるまらしきものが残っている.

ここ,象の鼻パークというらしい.この前赤レンガまで来たときの帰り道にここの横を通ったのだが,何故か象のオブジェがあってなんでだろうと思っていたのだが,防波堤が象の鼻のような形になっていることが由来らしい.

手前側だけ模様が乱れるのが好き.

この鳥,この前ポートサイド公園でも見たような.

申し訳程度の横浜アピール.パンフォーカスとはいってもかっちりピントをあわせるのは流石に難しいか.

山下臨港線プロムナードの下.このプロムナードは昨年春先に歩いたことがあって,その時は気づかなかったのだが下から見ると明らかに鉄道の高架のように見えたので,調べたらやはり旧貨物線の跡地ということだった.望遠レンズで圧縮してこの高架の脚を抜き出したら面白いかも.

YOKOHAMA.

歩いて歩いてようやく大さん橋近くについた.謎のオブジェ.

いよいよ大さん橋に.この3月で横浜にきて丸5年になるがよく考えたら大さん橋きたことなかったわ.

なかなか人気のスポットと聞いていたが,この景色を見て納得.赤レンガとみなとみらいとランドマークタワーを一望できる.そりゃ人気も出るわけだわ.

アイキャッチにも使った写真.広角らしい広がりが出ててこの日一番好きな写真.

マリオカートなら加速しそう.

斜面の芝生のせいか,切り取り方によってはおおよそ横浜っぽくない景色にもなる.田舎の公園っぽい,なんとなく.

逆光だとさすがにこんな感じに.でもそういう写りだと思えば逆に楽しめる.しっかり写したいなら新しいレンズを買えばよいのだ.

“超”散歩レンズ・Utulens

なんというか,ピントがかっちり合うわけでもないし,暗いレンズだからボケるわけでもないし,周辺減光もすごいし,逆光耐性もないようなものだけれど,そういう味だと思えば楽しめる.

破綻のない写りを楽しむレンズではないから,自分の超身近な場所に行って,撮って,いつもと違う見え方を楽しむのに適したレンズなんじゃなかろうか.

2018/02/04

Twitterをはじめて8年になるらしい

気がついたら,Twitterをはじめて8年も経っていた.


Twilogのスタッツを見ると,8年間のうちつぶやかなかった日は321日.おそらく受験生期間がほとんど.1日の平均ツイートは約29件.

確かTwitterをはじめたのは高校受験の直前で,さてなんでこの時期にはじめたんだったか.当時日本でTwitterが流行し始め……くらいだったのかな.

記念すべき初ツイートはこちら.

高校の頃はガラケーからTwilというメールでタイムラインを読んだり新規ツイートをできるサービスを使ってツイッターをやってた.大学入ってからはスマホなので言わずもがな.

修学旅行いってまでガラケーを駆使して二条城ディスりに勤しんでる.大丈夫かこれ.


8年.重い.最初はまだギリギリ中学生だったが,気づいたら23歳になり,大学院生になっていた.初期からのフォロー・フォロワーはお互いの8年の成長を,あるいは退化を知ってると思うとなかなか趣深い.

ここまで長く使い続けているSNSは他にないし,何かと不調が囁かれるTwitterだけど,ぜひともずーっと続いてほしいなあと.

2018/02/01

「Carl Zeiss Jena MC Flektogon 35mm F2.4」で風景撮りに挑んだが予想以上に難しかった話

【2018/01/15】

Flektogonが届いて,珍しくフットワーク軽く受け取ってすぐ試しに使ってみたのだが,遠景のピント合わせが難しいと大騒ぎ.

またやってしまった. Jupiter-9を買ったもののまだ出番もない癖に2本目のオールドレンズを買うアホがここに. 50mmに何とも言えない窮屈さを感じ,やっぱり広角も欲しい!ということで手を出したのが Carl Zeiss Jena MC Flekt...

この日は夕方だったということもあり,シャッタースピードを稼ぐために絞りが甘くなりがちだった.しっかり絞ったときのフィーリングを別途試したい!と思っていたのだが,翌日チャンスはやってきた.

今回の撮影もテスト撮影だから,あまり遠出した挙句やはりピント合わせ難しかったです!とかだと泣くに泣けないので,お手軽に近場で.午前中に横浜市内で用事があったので,帰り際に横浜駅付近の開けた場所で試したらよかろうということで選んだのは「ポートサイド公園」.

横浜駅きた東口を出てベイクォーターのほうへ進み,川沿いに進むとたどり着く.ここに公園があるのを知ってる横浜市民の割合は多分3%もないだろう.

公園についてカメラを取り出し,構えたらすぐに貨物列車がやってきたので慌てて1枚.絞ったときの写りを試す目的なのでF16くらいまで絞っている.その結果シャッタースピードが地味に足りず貨物列車はブレてしまった.

ただ,奥の建物群には割としっかりピントがあっているように見える.ものすごーく拡大するとさすがにつらいが……

振り返って1枚.この日一番のお気に入り.35mmの広角らしい絵.そしてこれは撮って出しなのだが,色が良い.さすがカール・ツァイスか.そうなのか.ピントも主題の建物にしっかり.

ふたたび川方面へ.ピントは架線柱あたりにしっかり来ているようだ.その後ろの建物もそこそこ解像.更に奥に辛うじてベイブリッジが写っているが,撮るときには気づいていなかった.

妙に人を警戒しない鳥がウロウロしていたので中距離のピント合わせも試してみる.さすがにMFだと動く鳥を狙うのは難しい.少し手前の地面にピントがあっているっぽい.

中距離で撮って,トリミング.ピントはいい感じ.

やはり中距離~のピント合わせは難しい.

晴れた日に試してみたわけだが,やはりピント合わせは難しい.特に中距離より遠い域でのピント合わせが難しい.

ピントリングを見るとわかりやすい.一応フォーカスの距離の目安が書いてあるが,1.5mと3mの間のピント調整の角度と,3mから無限遠(∞)の角度がほぼ同じ.∞が出てくるので一概には言えないのだが,3m以上でのピント合わせは1.5mから3mの間の何倍もシビアになることがわかる.

これはこのレンズ特有の話なのか「広角レンズのピント合わせはシビア」と言われるのがこれが原因なのか,詳しくないのでわからないが,いずれにせよ使いこなすには特にピント合わせを練習する必要がありそうだ.

以前,アイピースカップを買い替えたという話をしたが,実はこの日の試し撮りがキッカケだったり.アイピースカップやらメガネやらでファインダーが見やすくなるように工夫しつつ,やはり最後はピント合わせの腕の問題になるのだろう.