2017/12/14

【台湾旅#09】雨の九份

九份へ

台北へと戻ってきた.とりあえず昼ごはん,ということで何を食べるか考えて,そういえば台湾にも駅弁があるって聞いたな!と思って駅弁売り場を探して買ってみた.

……買ってみたのはいいのだが,食べる場所を見つけるのに苦労した.

しかも,台湾は街中に割とたくさんゴミ箱が設置されているのだが,よりによって食べた場所の近くに何故かゴミ箱がなくて,ゴミ箱を探して地下街を徘徊.横浜で喩えると崎陽軒の弁当の空き箱を持ってダイヤモンド地下街をキョロキョロしながら歩くのと同じ状況である.職質されても文句は言えない.

さて,腹ごしらえもなんとか無事に終わったところで本日の,そしてこの旅行最大のイベント,九份訪問だ.

台北車站からMRT板南(Bǎnnán)線で3つ隣の駅,忠孝復興(Zhōngxiào Fùxīng)駅へ.ここから1時間半ほどバスに揺られることになるので,トイレに寄っておきたいなと思ってすぐ近くに遠東SOGOがあったのでお手洗いを借りることにしたのだが,日曜日ということもあってか凄まじい混雑でトイレにたどり着くのが大変だった.台湾はまだまだデパートが消費の中心地になっているようだが,日本の現状を考えると今後どうなるかは……

エキチカにバス停はたくさんあるが,九份にいくバスはこの乗り場から出発.ただし例によって2017年11月現在,という但し書きつきであって,今後どうなるかはわからない.実際これまでに何度か乗り場が変わっているようだ.ただバス会社(基隆客運)のHPを見ても乗り場の案内が見つからないので,事前のリサーチは大変かも.最悪MRTの窓口で聞いたら教えてくれるかもしれない.

待つことしばし,九份に向かうバスがやってきた.このバスでもEasyCardを使えるので,それらしきところにタッチをして乗車.

事前リサーチでは途中高速道路を通過する関係上,高速道路の先まで乗る乗客は運転士にそう伝えて人数確認用のカードを受け取るという話だったが,前に並ぶ観光客が誰もそれをしていなかったこともあって完全に失念していた.ただ,往路のバスでは途中のバス停に停車時に運転手が乗客数を数えていたし,復路のバスでは乗車時に運転手がスマホのアプリかなにかで人数を数えていたようなので,システムが変わっている可能性がある.いずれにせよ,確認の意味も込めて乗車時に「九份(台北)まで行きたいんだけど…」と言ってみると安心かもしれない.

しかしこのバス,運転が荒い.街中ではクラクションを鳴らしまくり,車線変更の際の横方向のGのかかり方も絶対おかしい.神奈川だと臨港バスは運転が荒いとかよく言われるがそのレベルじゃない.若干恐怖さえ覚えるレベルだった.

そしてこのバス,冷房がついているからかクッソ寒い.夏は冷房ガンガンで寒いと聞いていたが,この時期も冷房つけるとは.しかしまあ,外気温は20度くらいとは言え湿度が高くて動くと汗ばむくらいの感じなので,冷房つけてもおかしくない気候ではある.考えてみれば今回の旅行で私の人生の移動範囲の最南端は軽々と更新されてるんだよなあ.今までは沖縄すら行ったことないんだから.

まあ,そんなこともあろうかと,カーディガンの上に着るようにユニクロのポケッタブルパーカを持ち込んでいたので寒さはなんとかなった.函館旅行のときもこのパーカが函館山山頂で大活躍したのだった.元は取ったね.

バスは街中を抜けてスピードを上げる.市街地を抜けると一気に山の中の雰囲気を醸して,天気も一変して靄がかかったような光景が続く.そんな中でバスに揺られていると,ホテルでしっかり寝たはずなのに睡魔に襲われてうたた寝に引きずり込まれた.


目が覚める.バスが停まっている.いかん,乗り過ごしたか!?と思ったがまだ周りの乗客が降りていない.どうやら九份はまだのようだ.じゃあなんで停まってるんだ!?と思ってマップを開くとバス会社の営業所らしきところに停まっているらしい.休憩かなにかかと思ったが案内もないのでよくわからなかった(台湾語での案内はあったのかもしれない).うろ覚えだが運転士が変わったような気もする.いずれにせよバスは無事再び走り始めた.

険しい坂道を抜けて,いよいよ九份かという景色が広がる(バスの中で写真を撮るのを何故か忘れていたので,これは九份到着後の写真).

問題は降りるバス停の名前を調べてない,ということなんだがたくさん観光客もいるし大丈夫だろう.全員同じ考えで乗り過ごすことさえなければ.

はえーすごいところまで来たなあとぼんやり車窓を眺めていると,運転手の大声が響く.

「九份老街,到了!(Jiŭfènlǎojiē, dàole!!)」

台湾にいた2日プラスαで確実に聞き取れた現地語はこれだけだった.意味は「九份老街に着いたぞ!」という感じで,了というのは確か完了的な意味合いがあったはずである.これでも一応学部の1年~2年で中国語を履修していて多少は単語を覚えたし,そして最近だと中国の大学院から学生が我が大学に来ていて,横浜を案内したときに電車が目的地に着いたとき「到了(dàole)」と言っていたのが何故か印象的で覚えていたのだ.第二外国語なんてクソの役に立たないと思っていたが,案外捨てたものではないな.まあ,勉強量の割には合わないが……

台北も雲行きが怪しかったのだが九份は完全に雨.ツイてないなあと思いながら折りたたみ傘を取り出して差す.

基山街(Jīshānjiē)という店の並ぶ道に入るととんでもない混雑.道自体も広いわけではないので隅っこに寄って写真を撮るだけでも一仕事.しかも雨まで降ってる.

千と千尋の神隠しに出てくるアレに似てる!ということで日本で有名だからか,ここまで見てきた観光地の中で一番日本人率が高かったような気がする.多分この中で石を投げれば,3回に1回くらいは日本人に当たるだろう.

しかし,まあ赤提灯があちらこちらにぶら下がっているからどこを撮っても絵になるんだよなあ,この街は.

日没にはまだ早いが既に明かりがついている赤提灯も.

有名な阿妹茶楼(āmèichálóu)に続く豎崎路(Shùqílù)を抜けるとようやく少しだけ人混みが落ち着いて,その先の展望台みたいなところは意外にもガラガラだった.

ぐるっと大回りして再び人混みの中へ.この写真が今回の台北旅行で1,2を争うベストショットかな,と.1,2を争うベストショットという表現は何か変な気もするが.

有名なアングルはこんな感じだが,いかんせん人が多すぎて落ちついて写真も撮れない.あと個人的には縦構図が苦手なのでこのポイントはちょっと……

せっかくならどこかで台湾茶でも飲もうかと思っていたのだが,いかんせんどこも凄い混雑なので一気にやる気がなくなってしまった.とりあえず日没後の点灯する赤提灯を見るべくそこらで時間を潰そうとウロウロ.あてもなくふらついていると「写真撮ってくれ」と頼まれたので撮ってあげた.てっきり中国本土からの観光客と思って「Where are you from?」と聞いたらまさかの「Taipei」だった.確かによく見てみると単独で海外旅行という感じではなさそうな中高生くらいのグループだった.しかし,ここは台北から見物に来る人もいるのか.日本で言うと……箱根的な?

んで,これが千と千尋の神隠しに出てくる建物に似ていると話題の阿妹茶楼である.こんなことを書いておいて何だが,千と千尋の神隠しは大昔に見たような気もするが内容は全く覚えていない.

日没で赤提灯に明かりが灯るのを待って,写真を撮って即撤退.日没が近づくにつれて観光客の数が更に増えてきて大変だった.

九份.きれいな街ではあったが,いかんせん混雑が.いつか平日の比較的空いているタイミングを狙って来てみたいなあ,と.

台北へ

さて,台北に戻ろう.帰りの飛行機まではまだ時間があるが,少し余裕を持って空港に行きたい.

問題は帰りのバスに乗れるか,ということである.ここに来ている観光客はだいたいこの日没後の赤提灯を見て台北に戻るので,バスが大混雑するのである.そして前述のように高速道路を通行する関係上,定員以上詰め込むことができない.ではどうすれば良いか.

なんてことはない,一つ手前のバス停まで歩けば良いのだ.

というわけで九份老街バス停でうじゃうじゃ固まっている観光客を尻目に道路を登っていく.九份老街バス停?バカどもにはちょうどいい目眩ましだ.(作品が違う……)

ちょっと歩けば一つ手前のバス停,隔頂(Gédǐng)バス停にたどり着く.バス停で台北に戻る1062系統が停まることを確認し,しばらく待つ.台湾は乗りたいバスが近づいてきたら手を振って合図をしなければいけないので,小雨の中近づいてくるバスを凝視.2,3本見送ってやってきたのが1062系統だった.

目論見通りバスはガラガラ.やったぜ.バスに乗り込んでいま来た道を少し戻れば,目眩ましこと九份老街バス停へ.案の定積み残しが出たので雨の異国でウォーキングした甲斐があったというものである.

日もくれた山中をバスは快調に飛ばしていく.というか飛ばしすぎ!怖いって!


途中,高速道路で渋滞に捕まりはしたが,なんとか忠孝復興駅にたどり着き,MRTを乗り継いて台北車站へ戻ってきた.

九份,いい街だった.もし叶うなら,空いている時に来てみたいね.

つづく.

2017/12/12

【台湾旅#08】お土産購入と台湾新幹線

【2日目:2017/11/12】

I'm loving it.

むくり,目が覚める.日頃の朝のグダグダとは対照的に,旅行中は割としっかりと目が覚める.

何か食べようとノープランでホテルから出てうろついているとマクドナルドを発見した.昨日はサイゼをパスしたし,日本にもあるお店が台湾でどんなメニューを展開しているのか知るのも面白いかな,ということで入ってみることにした.

観光客向けの店ではないし,外国語のメニューがある保証もなかったのでどうやって注文しようかと考えた結果,店の外にあるメニュー表みたいなやつから良さげなのを選んで,それを写真に撮ってレジで見せるという方法で注文した.

こんな感じのサンドイッチ的な何か.日本でも頻繁にマックに行くわけではないので詳しくないのだが,多分日本にはないメニューだと思う.コーヒーもついて200円しないので,日本基準で考えるとやはり安いと思う.

メニュー表や袋の表記からして,おそらく台湾でも朝マックてきなものをやっているようだ.

妹の指令

さて,朝飯も食べて2日目である.この日の深夜,厳密には3日目の早朝に桃園国際空港から成田に向かって飛び立つので,実質的には今日が最終日になる.

本日のメインイベントは,台湾旅行の動機の一つでもある九份(Jiǔfèn)へ行くこと.九份は日没時が美しいということで,昼過ぎに台北からバスで向かうことにしている.

というわけで午前中は台北市内を回ることになるのだが,元々見たいと思っていたところは昨日概ね回ってしまったし,深夜移動で足腰にダメージが蓄積されつつある.今日の夜も再び深夜移動で足腰を痛めつけることを考えれば,今日はゆっくりするのが得策だろう,ということで前から興味があった台湾高鐵(台湾版の新幹線)に乗ってみることにした.

そんなわけで台北車站までやってきたのだが,新幹線に乗る前に重要な任務が一つ.

実家に「台湾に行く」と伝えたところ,最近文房具にハマっているらしい妹が「台湾のマスキングテープがあれば買ってきて欲しい」と言ってきたのだ.

マスキングテープ.個人的にはプラモデルにスプレーで色をぬる時に使うという用途しか思いつかないわけだが,どうも世の中にはこのマスキングテープを集めている人がいるらしい.使いみちは知らんが.

というわけで個人的に理解できない趣味ではあるが,妹の頼みなので異国でマスキングテープを探す謎のクエストをこなさなければならない.

とは言っても難しいクエストというわけではなく,「台北 文房具」とか入力して店を探せばそれで良い.いくつか候補はあったが台北駅から近い墊腳石圖書文化廣場 許昌店へとやってきた.英語名ではStepping Stone Bookstoreと言うらしい.長いのでピンイン(中国語読みの発音)を探してくる気力がないので英語名で勘弁.

店内を徘徊した結果,マスキングテープは最上階で見つけた.よく考えたら男子大学院生がマスキングテープを買うのはイレギュラーなのではないかとか思ったが,まあどうせ知っている人は周りにいるはずもないしどうでもいいかと無駄に吟味までしてマスキングテープを3つ購入した.

ちなみに場所はここ.よく見たら1日目の朝に肉まんかった店のすぐ横だった.

台湾の新幹線

無事はじめてのおつかいを終えた私は再び台北駅へ.

案内表示に従って台湾高鐵の乗り場へ向かい,チケットを購入する.チケットは自動券売機で購入できた.クレジットカードも使える.往復で320元とかだったはずなので,日本円で1,200円くらい.十分安いと思うが,台湾の他の交通機関の安さからするとかなり割高かもしれない.

台湾高鐵は台湾島の西側を縦断して左営(Zuǒyíng)駅へと向かう路線なのだが,さすがに終点まで往復する時間はないので,いい感じの距離の駅がないかなあと探して結局桃園駅までの切符を買った.「ん?」と思ったらそれは正しい.桃園駅はこの日の深夜に訪れる桃園国際空港の近くの駅だ.なんという無駄な往復.

この台湾の新幹線は,東海道新幹線の技術が一部移転されているので日本人でも違和感なく使えそうだが,東海道新幹線と違ってのぞみ,ひかり,こだまのような愛称がない.では全ての列車が全ての駅に停まるのかというとそういうわけではなく,桃園駅を通過する列車もあるようである.

つまりどういうことかというと,言うなれば桃園駅は東海道新幹線の小田原駅みたいなものだ.東京から試しに小田原まで新幹線に乗ってみよう(*^○^*)と思って乗ったら新横浜の次の停車駅は名古屋でしたみたいなことを台湾でやらかす恐れがあるということである.しかも列車の愛称がないので手がかりが薄い.これは怖い.

台湾島の南,左営で呆然とするオチだけは回避しなければならないので,改札口に立っていた駅員さんに「桃園に行きたいんだけど,次の列車は桃園に停まりますか?」と聞いたところ「停まる」と言うので一安心.乗車する号車によって改札口が前後で違うらしく,そっちの改札口から入ってね,とも.

改札を無事に通過しホームへ.やはり1本後の31分発の列車は停車駅が少ない.コレに間違って乗ると危なかった.

車両はJR東海の700系ベースの700T系.形は同じだが,前面は白一色の700系に対して700T系はオレンジ色が目立つので意外と印象は変わってくる.

一方車内は主な表示が台湾語である以外はほとんど東海道新幹線と変わらない.すごい見覚えがある光景.

これもう「東海道新幹線なうw」って言われたらそうだと思っちゃうでしょ.そのくらい内装は同じ.

走行音も静かだし,東海道新幹線に乗ってるように錯覚さえしてしまう.唯一目を引いたのは,というか耳を引いたのは,自動放送のあとの車掌の放送が台湾語と英語で行われたこと.この辺は日本より進んでいる.

もう一つ驚いたのは,新幹線でも自由席には優先席が設定されていた.高齢者に席を譲る文化は台湾ではかなり強いとは聞いていたがまさかここまでとは.

20分ほどで桃園駅に到着.

新幹線の桃園駅は桃園市中心部から離れており周りにはなーにもない!と聞いていたが,だいぶ開発が進んだらしく建物は結構並んでいた.台北や桃園空港を結ぶMRTも乗り入れ,桃園市中心部や空港を結ぶバスも乗り入れているので交通の便は良い場所だと思う.

やたらと綺麗に開発されているが人混みがない感じは日本の地方の新幹線駅にも通ずるところがあるなあ,と.

桃園では特に何をするわけでもなく,次の列車で台北にとんぼ返り.なんという乗り鉄.

つづく.

2017/12/09

【台湾旅#07】夜市めぐり

迪化街(Díhuàjiē)

西門町から歩いて迪化街(Díhuàjiē)へ.

古くからの問屋街らしいこの街は,これまた異国感漂う街並み.台北中心部よりも更に「アジア感」に寄せたような光景.

ホテルへ

迪化街からホテルへ.

本当のことを言うとその前に故宮博物館を見に行ったのだが,まず人が多すぎだしそもそも博物館的なものにあまり興味を持てない性質なので早々に脱出してしまい金ドブだった.中国・台湾の文化や歴史に興味があるなら面白い場所だと思うが,そうでなければ楽しむのは難しいかも……

当初予定ではその後に淡水(Dànshuǐ)で夕日でも見ようと思っていたのだが,天気が思わしくないので諦めた.いつか晴れの日に行ってみたい.

1日目→2日目を過ごすホテルには新仕商務旅店(Shin Shih Hotel)をチョイスした.MRT淡水信義線の雙連(Shuānglián)駅から近く非常に便利な立地.フロントでは日本語も通じた.

しかしなんだこの部屋の広さは.写ってないがもう一つベッドがあるんだが.ツインじゃねえかこの部屋.

クレジットカードの請求を見てやや値段が張るなあと思っていたがまさかツインだったとは.なんでツインを予約したのか覚えていないが,そもそも台北行きの航空券を酔った勢いで予約したのでその流れで酔ったままホテルを予約したから間違った説ツインしか空いていなかった説とあるが,今となっては真実は闇の中,である.

部屋のチョイスはともかく,フロントも親切だし日本語も通じるし,部屋も清潔だったしいいホテルだった.唯一の不満はパジャマ的なものがなかったことだが,いつか台北に来たときにまた使いたいと思った.その時はシングルの部屋にしたいものではあるが.

場所はここ.

もともとは台北最大の夜市である士林夜市(Shìlín Yèshì)へ行く予定で,そのために淡水信義線の沿線でホテルを探していたのだが,故宮博物館で金ドブして士林から戻ってきたばかりなのにまた士林方面へ行くのもなあ,それに土曜日だから混んでそうだなあ……と思い,予定を変更にしてホテル近場の寧夏夜市(Níngxià Yèshì)へ行くことにした.そういう意味でも良いホテルを選んだと思う.

夜市が賑わう時間まで少しあったので,近くのコンビニでコーヒーとチョコレートを買って休憩.朝起きてから日本的要素が全くなかったので「金の微糖」で補充.それにしてもこのコーヒー,普通のコンビニで売ってるわけで日本人観光客向けということではないと思うのだが,地元の人はこの完全に日本語のパッケージを見て何を思うのだろうか.もし日本で完全に英語のパッケージの商品が普通にその辺で売ってたとして,果たして日本人がそれを買うかなあなんてことを考えた.

夜市

コーヒーを飲んでのんびりしているうちに日も暮れていい感じの時間になったので,夜市へと繰り出す.それにしてもすごいバイクの数.

台湾の(というか台北の?)信号機は,変わるまでの秒数が表示されている.異国で轢かれたらただ事じゃないので(日本でもただ事じゃないが)無理はせずのんびりと行こう.

少し歩いて寧夏夜市へ.寧夏というのはこの夜市が展開される道路の名前のようだが,もともと大陸のほうの地名でもあるらしい.ここに限らず台北の道路は中国大陸のほうの地名がちらほらあるが(南京東路とか),それも歴史的な背景があるからなのかなあ,と思う.

そこには小さい頃好きだった隣町のお祭りの光景があった.

イメージとしてはまさに,商店街や神社のお祭りみたいな感じで,どうしようもなくノスタルジーを掻き立てられる.

それが毎日開かれるというのだから台湾はすごいなあ,と.聞くところによると台湾では夕食をこういうところで食べるのが一般的らしい.現に寧夏夜市でも観光客だけでなく地元民が夕食をとるためやってきていた.

そういうわけで,観光客と地元民が入り乱れてこの混雑.台湾は基本的に治安はいいとは聞くが,一応スリには気をつけたほうがいいと思う.

色々見ながら歩き回るだけで楽しい.ただ時折,台湾人のソウルフードと言われる臭豆腐の臭いが奇襲をしかけてくるのには参った.ソウルフードだと言うので折角だし試してみようと思っていたのだが,味以前に臭いがダメで流石に試せなかった.

なにか食べよう,と色々見て回って見つけた串焼きを買った.肉の周りに何か皮のようなものが巻かれているのが日本の串焼きとの違い.

日本語が通じるかわからなかったので注文は英語で.串焼きに様々な味をつけられるのでそれを伝えれば良い.「カリー, 1 レモン, 1」とか言えば伝わる.ついでにいうと屋台のおにーさんは日本語が多少わかるようで,私のクソみたいな英語の発音で日本人であることを見抜いたらしく最後は「アリガトウ!サヨナラ!」なんて言われた.この調子だと日本語でも問題なく注文できたんじゃないかとさえ思う.

賑やかなお祭り感,様々な料理.台湾に行ったらぜひぜひ夜市には行くべきだと思う.台北市内にはいくつも夜市があるが,夜市の場所も宿泊先を選ぶときの一つの判断基準になるなあ,と思った.寧夏夜市はコンパクトだが賑やかだし,完全に観光化されているわけではなく,地元の生活の一部に組み込まれている感があるので見て回るには面白い夜市だと思った.

帰りがけにコンビニで台湾ビールを買い込んでホテルへ.台湾ではフルーツの味がするビールが結構売っているのが特徴のようだ.フルーツの味の中にビールの苦味が混ざって不思議な味がした.

酒に強いわけではないのでビール一本でいい感じに酔っ払い,早々に就寝.今日のベッドは,広い.

つづく.

2017/12/06

【台湾旅#06】若者の街・西門町で魯肉飯を食べる。

若者の街

中正紀念堂の見物を終え,次に向かうのは台北屈指の若者の街,西門町(Xīméndìng).

再びMRT,今度は松山新店線(Sōngshān Xīndiàn Line)に乗るのだが,ホームに謎の表記が.意味合い的には夜間はこのラインより下がってると安全だよ!みたいな意味だと思うのだが,そもそも昼と夜で安全圏が違うのは何故かわからない.酔っ払いとかが出来る限り線路に近づかないように,ということだろうか.

そしてたどり着いたのは西門町.なんという原宿・竹下通り感.

謎の和風っぽい何か.

土曜日ということもあってか結構な人出.そして相変わらず奥の建物の絵からどうしようもないメイプルストーリー感を感じる.

なんか見覚えがあるロゴ.3秒くらい考えて思いつく.すげえユニクロっぽい.でもユニクロじゃない.

ユニクロはユニクロでちゃんとあった.並べてみるとほんとうに似てるなあ……


さて,ここまで歩いたところでお腹が減ってきた.何か台湾らしいものを食べたい.事前リサーチでは魯肉飯(lǔròu fàn)というのはおいしそうなので是非食べてみたいと思っていた.

いい感じに腹も減っているのでできれば西門町の近くで魯肉飯を食べられるところはないか!ということで探して見つけたのが西門金鋒魯肉飯

ネット環境をしっかりと整えておいて本当によかった.ではレッツゴー.

こいついつも

お前……!まさかこんなところにまで!!!!

心底迷った.サイゼ入りたい,と.でも落ち着いて考えると魯肉飯を食べに行こうとしてるところなんだ.サイゼってお前……

結局サイゼはパスしてそのまま西門金鋒魯肉飯に足を進めた.帰国後振り返って最大の後悔はこれだ.「台湾のサイゼが日本のサイゼとどう違うか」というのも見てみたかった…….今度台湾行ったら絶対サイゼ行くぞ!!!!!!!

んでんでんで,こちらが実際に食べた魯肉飯である.魯肉飯というのは台湾で広く食べられる白米の上に煮込んだ豚肉をかける料理.変なクセもないし割と日本人好みする味なのかなあと思った.

魯肉飯と,よくわからないまま頼んだ卵とキャベツ,合わせて70元也.日本円でおよそ280円.安い.

このお店にかぎらず台北市内には魯肉飯を出すお店がたくさんあるようなので,色々食べ比べながら散策するのもいいなあと思った.

つづく.