2017/06/28

去年ミラーレス買ったくせにコンデジが欲しくなってしまった件

山に登ったらコンデジが欲しくなったとかいう訳のわからない物欲のわき方がしてから1ヶ月.
α6000は写真を撮る楽しみを教えてくれたし,買ってよかったと思っているのだが,
さっと写真を撮りたい(DMFでピントを合わせるとかどうでもいい)ときにはちょっと大げさなのも事実.
山登りに限らずそういうシチュエーションは結構ある.

じゃあスマホで撮れよ,そのためのXperiaだろというツッコミはわからんでもない.
しかし,どういうわけかスマホだとあまり写真を撮る気にならない.
理由はよくわかっていない.
カメラのようにしっかりグリップできないからか,ポケットに突っ込んでいてレンズが汚れているからか…

まあとにかく,コンデジが欲しい.
一応カメラを趣味にしている身としては,やっぱりセンサー1インチ以上の高級コンデジだよなあ!


もともとミラーレスを買う前に高級コンデジを検討していたこともあり,何となくの候補は既にわかっている.

ざっと言ってパナソニックのLX100,ソニーのRX100シリーズ,キャノンのG7X,G9Xあたりだろう.

まず,使い方からして手軽にシャツの胸ポケットに突っ込めるようなサイズ感が良い.
なので,コンデジのくせにマイクロフォーサーズセンサーを載せてやや嵩張るLX100は除外.

今回はサブ機ということもあり,機能はそれほど必要ないということで検討も甘め.
α6000と同じような操作性が期待できるソニー製がいいだろうということでRX100シリーズをチョイス.

RX100シリーズは現在M1からM5まで5バージョンあって,新しいものほど高機能でお値段も張る.
最後までファインダーのあるM3と迷ったのだが,今回はサブ機ということで思い切ってシンプルにいこう,ということで初代RX100を選んだ.

そうしてRX100が仲間に加わった!
カメラ沼に沈む.

2017/06/25

「カメラをメーカーで選ぶ時代」は本当に終わったのか?

ぶっちゃけカメラをメーカーで選ぶ時代はもう数年前に終わっています。なぜならテクノロジーが進化して迷わないAF、失敗しないAFをほとんどの機種が搭載しているから。
ソニー、オリンパス、パナソニック、富士フイルム、ペンタックス。キヤノンとニコン以外のカメラを選んでもまず失敗はありません。
──ヒガシーサーのカメラ沼「PENTAX KP レビュー!いまペンタックスの一眼レフを購入した5つの理由」より引用

カメラ界隈では有名(だと少なくとも私は思っている)ブログでこんなことが書かれていた.
一瞬納得しつつ,どこか納得出来ないところが残った気がした.

「テクノロジーが進化してどのメーカーを選んでもまず失敗しない」というのは真.
これはスマホでも同じこと.
かつては有名日本メーカーのスマホでさえ聳え立つ糞呼ばわりされていた時代はあった.
だが技術的に安定してきた今,怪しげなメーカーはともかく,聞いたことのあるメーカーのスマホならどれを買っても動かないということはまずない.

そうなってくるとメーカー選びは好みの範疇を出なくなる.
基本的な使用は担保された上で,メーカー間でのある意味些細な差異から自分の好きなものを選ぶ,ということになる.
確かに,そういう意味では「カメラをメーカーで選ぶ時代は終わった.」

ところが!である.
レンズ交換式のカメラでは実は必ずしもその時代は終わっていないのではないか,と思う.

レンズ交換式カメラは当然,カメラの本体にレンズを装着して使う.
本体のメーカーによって装着できるレンズが違うので(マウントが違う),基本的にメーカー間移動のスイッチングコストは高くなりがちである.

どういうことかというと,例えばソニーのカメラを買って,それに応じたレンズを買う.
レンズを買い足した後になって,いざ「やっぱりオリンパスのほうがいいなあ」となったとしよう.
しかし,本体を買い換えるのは簡単だが,買い替えても膨れ上がったレンズ資産を使うことができない.

なので,お金に余裕があるのでなければ,最初に選んだメーカーと心中する覚悟が必要になる.
尤も,最初に言ったように技術的にゴミを買ってしまうということはないから,別に心中しても問題ないというような気もする.

しかし,唯一気がかりなのはカメラ市場がシュリンクしているということ.
この先生き残りの競争が激化し,自分が選んだメーカーがカメラ事業から撤退してしまったら……?

カメラ界隈では「レンズは一生モノ,本体は消耗品」と言われる.
レンズは基本的に壊れることはない.
一方,本体は消耗品である.シャッターユニットの強度やら何やらで,基本的に一生使えるものではない.

いつか持っている本体が使えなくなった時.
その時にメーカーがカメラ事業から撤退していたら……?
後継の本体も発売されず,本体を手に入れられなかったら.
あとに残るのは糞の役にも立たないレンズの山である.

なので,別にどのメーカーを選んでも問題なく使えるというのは事実なのだが,メーカーの将来性みたいなものも,少しは考慮に入れたほうがいいのかな,というのが私の考え.

そういう意味では,カメラ選びに「メーカーの違い」も案外まだ重要なんじゃないかなあ,と思っている.
カメラを出しているメーカーで,最近業績的に良くないニュースもちらほら聞こえてくる.
そのあたりもチェックしたほうがいいのではなかろうか.

2017/06/24

全くの登山初心者が山登ってきた【反省会】

さて,ささやかながら人生初の登山から無事帰還した今,今後あるかもしれない登山に向けての反省会と洒落込みたい.

まず,登山の装備面の話.
一番気になったのがリュック.
これは今回新しく購入すること無く,日帰りですぐ近くということもあって普段使っているリュックを使った.
容量や背負心地というところで問題はないのだが,背中にめっちゃ汗かく.
調べてみると,それを避けるためにカバンと背中の間に空間を作るようなメッシュ張りがあるようなリュックがあるらしい.
リュック使用時の背中の蒸れは山登りのときだけでなく気になることが多いので,こういうリュックを買うのもありかなと思う.
ただ,カバンというのは割合高くつくし,今すぐ買うのはちょっと難しいかな,とも思う.
いつか新しくリュックを買うことがあれば,こういうのにしようかなあ,くらいに考えておくことにする.

次に下着の話.
今回は手持ちのユニクロのエアリズムシリーズ(シャツ,パンツ,ステテコ)を装備していった.
下半身は特にそれで問題なかったのだが,先に書いたカバンによる蒸れの問題と相まって,上半身は汗だくになって大変だった.
綿でできたものよりかは多少マシだと思うのだが,それでも若干汗冷えしてしまい,休憩時にちょっと寒さを感じた.
上に着るシャツやら何やらは代用品でも大丈夫そうだが,直接肌に触れる下着類は登山用の高機能のものを使っても良いかもしれない.
調べたところ登山用のアンダーウェアは普段使いするにも便利らしいので,今度何か買って試してみようと思う.

そして最後に防寒用の上着の話.
今回は以前購入したフリースを持っていったのだが,割と厚手で嵩張ってしまった.
もし今後遠出して山にのぼるようなことがあるなら,持っていく荷物はできるだけ減らしたいので,防寒着はフリースより薄手のダウンのほうがいいかもしれない.
流石にこの季節だとダウンを売っている店はあまりなさそうだが,冬が近づいてまた売りに出されるようになったらひとつ購入しようかと思う.

登山装備に関しては以上.
今回登った山は初心者でも登れる大山ということもあり,代用品メインでも特に困ったことはなかった.
今後もっと高い山に登るなら話は変わってくるかもしれないが,これくらいの低山ならとりあえず靴さえあれば何とかなるような気がする.
とりあえず登山用の高機能のアンダーシャツは買って試してみようと思う.

もう一つ,登山装備以外で感じた問題点はカメラ.
薄々感じつつも気づかないふりをしてきたのだが,α6000は写真を撮ること自体が目的のときには最高なのだが,歩きながらょっと撮るみたいなときにはちょっと大げさ.

特に山登り中だと首からぶら下げると邪魔になるし,どこかにぶつけて壊しそうなのでカバンの中に入れている.
何か撮りたいものを見つけたときに取り出し,撮って,そしてカバンに入れる.
この一連の流れが面倒くさくてカメラを持っているのに撮影枚数が少ない.

繰り返しになるが,写真を撮るという行為に関してみればα6000は最高.
首からぶら下げてきれいな町並みを歩きながら写真を撮って回る,というようなシーンには間違いなく最高の選択肢のひとつ.

ただそれが,今回のように山を登りながら,というときや,あるいは旅行中の電車の乗り換えの合間に,というようなシーンだと少し使いにくい面があるのも事実.
ミラーレス一眼はレフ機よりもライトとは言えどもカメラ.
首からぶら下げてうろつくには不適切なシーンというのもあるし,かと言ってカバンから取り出すのも面倒くさい.

ではスマホで撮ればいい,というツッコミがありそうだが,私の撮り方が悪いからかスマホを持つ指が写り込んだり,どこにフォーカスを合わせるかが定まらなかったりと,なかなか使いにくい.
現に,スマホを持ち歩いているのに撮る枚数は少ない.

そうなってくるとアイツらが気になってくる.

ミラーレス買ったくせに何いってんだかという感じだが,RX100は何ならポケットに入るレベルのコンパクトさ,そしてそれでいて1型センサーを積んだ高級コンデジ.
スマホとは違い「カメラ」.写真を撮る楽しみ,という点もカバーできる.

そんなこんなで,山に登ったら新たな物欲が生まれてしまったわけだが,以上が今後の課題,ということで.

2017/06/20

全くの登山初心者が大山に登ってきた【後編】

初登山,成功!とは言ったが,おうちに帰るまでが遠足である.
気を引き締めて行こう.

下山は同じルートだとつまらないので,見晴台を経由するルートにしてみた.
王道の登山ルートは結構坂が急だったので,下山のほうが辛くなりそうな気がする.
その点,見晴台経由ルートは距離はやや伸びるが,傾斜は緩やかなので初心者にはむしろこちらがオススメなのではないだろうか.

道端にはキレイな花が咲いていたり.
多分,多分だけどスミレだと思う.
花は全然詳しくないので自信はない……が,調べた感じ多分そうだと思う,うん.

見晴台までのルートは坂を左右に何度も往復しながら高度を下げていく感じ.
ところどころで視界がひらけるところがあって,遠く広がる平野から参道の辺りまで見渡すことができる.
平野から山に近づくにつれて開発されているところがぎゅーっと細くなるのがしっかり見えて面白い.

一息休憩しつつ,何でもない木の枝を撮ってみたり,

これ大丈夫か!?って感じの木の横をくぐったり.

およそ1時間かけて見晴台まで降りてきた.
登山ではなくハイキング目的ならここまでがちょうどよいらしく,ケーブルカーのほうからやってきた人たちが休憩していた.

見晴台からおよそ30分でケーブルカーの駅まで戻ってくることができる.
思った以上に疲れていて,往路もケーブルカーでショートカットしたのは結果的に正解だったな,と思った.
変に早起きしてケーブルカーを使っていなかったらかなりヘバっていたと思う.

膝が若干笑っているのをごまかしながらこま参道を再び降りて,バス停へ.
ここまでくればバスに揺られるだけで伊勢原駅まで戻れる.
いやはや,無事に帰れてよかった.

なんて安心していたら小田急が人身事故で一時運休になってしまった.
一瞬どうなるかと思ったが,海老名の先までで折り返し運転をするということで,少し伊勢原で足止めを食らったが無事に帰宅.

今度こそ言える,初登山,無事成功.

2017/06/18

全くの登山初心者が大山に登ってきた【前編】

登山装備の検討と購入を経て,いよいよ山に登ってみる.
というか,靴とレインウェアに3万突っ込んだのでもう後戻りはできない(笑)

最初に登る山のチョイスは重要である.
あまりのきつさにボロボロになって「もうやだ登山やめる!」とならないレベルで,かつある程度の達成感がなければそれはそれで続ける気にならない.

真っ先に思いつくのが高尾山なのだが,あそこは普通にスニーカーとかで登れてしまいそうだし,わざわざ登山用品店に行ってまで登るところか?というのが正直なところ.
そして高尾は地味に遠い.

他の候補を色々調べた結果,我らが神奈川県に「大山(おおやま)」というのがあって,初心者にちょうどいいらしい.
小田急線伊勢原駅からバスでケーブルカー入り口まで行けるらしく,横浜民的にはアクセスも良好で文句なし.


【2017/05/08】

というわけで,ゴールデンウィークも終わり社会人が5月病で苦しんでいるであろう月曜日,自宅を出て一路伊勢原へと向かった.

最大の誤算は伊勢原が思ったより遠かったこと(というか海老名が遠かった),2度寝して当初予定より1時間遅く家を出たこと.
伊勢原駅到着時点で当初の自分の想定からだいぶ遅れてしまっていたので,予定では往路はケーブルカーを使わないつもりだったが往復ともケーブルカーを使うことにした.

伊勢原駅からケーブルカー行きのバスに乗り込むとバスは登山客っぽい人たちで満員.
細い道を進むバスに数十分揺られるとケーブルカー乗り場の近くの終点にたどり着く.

バスのりばからは「こま参道」という道がケーブルカー乗り場まで続いている.
ここも結構階段があって早速体力を削ってくるのだが,ケーブルカーが20分に1本ということだけ覚えており,これ以上時間がずれ込まないようにややハイペースで歩き通す.

ケーブルカーの出発にはギリギリ間に合って,乗り込んだケーブルカーはすぐに出発.
思ったより急な傾斜をぐんぐん登っていくケーブルカーに乗りながら,「登山初経験だし,ここはケーブルカーでショートカットして結果的に正解だったんじゃないか」と思った.
帰ってきた今考えてみると,間違いなくこのショートカットは正解だった.

ケーブルカーの終点にあるのが阿夫利神社の下社.
横には休憩所もあって昼食を食べることも可能.昼ごはんにはまだ少しだけ早かったので,休憩所で売っていたおにぎりを買って登山道へと向かった.

そして早速立ちはだかる急な石段.
いくら普段から階段やら坂に慣れているといってもこの幅の狭い段はきつい.

石段を登りきるとこんな感じの道がひたすら続いている.
一応,多少は整備されているようだが,基本的にボコボコで岩が散乱しているような状態.
気をつけないとコケて怪我しそうだったので,足元に気をつけつつ一歩一歩登っていく.

途中の富士見台では富士山が薄っすらと見えた.
なんかデジャブだなと思ってよく思い返したら,この前の静岡旅行のときに薩た峠で見た富士山が同じような感じだった.

下社から黙々と登ることおよそ1時間,ついに山頂にある本社に到着.
目安は90分と書かれていたのでかなりハイペースで登ったことになる.

初登山,成功!
標高は1,252m.途中までケーブルカーで登ってきたとはいえ,やはり少し脚に疲れがある.

春によくある感じだが,ややもやのかかったような天気で,遠くを見渡すことはできない.
それでもやはり,山頂から景色を眺めるのは達成感があって良い.
休憩所で買ったおにぎりを頬張りつつ,山頂でしばらく休憩した.

続く

2017/06/15

今の自分があるのは誇張でも何でも無く「メイプルストーリー」があったから,という話.

今となってはFIFAやらカメラやら旅行やらプログラミングやらの記事ばかりの当ブログ.
検索から流入している人は(特にFIFA記事が多い)ご存じないかもしれないが,このブログにはFC2ブログでやっていた前身のブログがある.

FC2ブログでやっていたブログは,移転前の末期を除いてほぼ100%メイプルストーリーのプレイ日記だった.
見返してみると2008年夏からはじまり,2012年春で一区切り.
この間結構長いこと毎日更新をしていた.

2012年春から受験勉強のため1年間離脱しつつ,たまに受験勉強に関するボヤキを投下.
2013年春,無事大学に進学し再びメイプルストーリーをはじめてプレイ日記を書いていた.

結局メイプルストーリーも2013年の年末あたりを境にプレイしなくなってしまい,ブログのタイトルをかえ,主な内容も変え,WordPressに移転し,Bloggerへ移転して今のブログがある.


メイプルブログとしての旧ブログが終わって早3年,唐突にこんなリプライが届く.

2014年のある日,メイプルブログとしての区切りの宣言として,とある記事を書いていた.
この人がおっしゃっているのはおそらくその記事.

旧ブログのことなんてすっかり忘れかけていたのだが,そういやそんな記事も書いたっけか,と思って久しぶりに見に行ってみた.
すると,なんだか哀しいほどに懐かしくなった.
これまでこの記事を新ブログに移設するつもりはなかった
しかし,振り返ってみればこの記事が実質的に新ブログの始まりだったのかな,なんて思って,いい機会なので移設してみることにした.

「あるところに、1人の男子中学生がいました。」

それがこの記事.
これを書いてから3年と少し.
今なら違う言い回しをするんだけど,というところも多々あるのだが,そこに手は入れずにそのまま移設した.
やたらと修正の記録もあるし,当時の“彼”なりに色々考えてこの記事を書いたのだと思うし,それを尊重したい.

こうして彼のメイプル人生を振り返ってみれば,彼の人生にどれだけメイプルストーリーが強く影響してきたかを思い知らされる.

ネットで情報を収集することを覚えたのも.
「ブログ」というものに触れたのも.
ノートPCを書い,PCのあれこれに詳しくなったのも.
自分がまとめ役に向いていないなあと気づいたのも.

彼の今の性格やスキルや人生観は,きっとこの経験がなければ違うものになっていた.


彼はメイプルストーリーを愛して愛して愛してやまなかったからこそ,
“愛したメイプルストーリー”を越えることはできなくて,
越えることはできないのがつらくて,彼がメイプルで再び遊ぶことはないかもしれないけれど,
彼の愛したゲームは,間違いなく彼の人生の多くの部分を占めている.

一体どこの誰かもわかりませんが,この記事を再び読み返し,懐かしむきっかけを与えてくれたpoteito (@jagaimoti)さんに感謝を.

そんなことを考える彼は、1人の大学院生になっていました。

2017/06/11

FIFA18のトレイラーが出てきたわけだが

E3を皮切りに,TGSあたりまでゲームの新作発表が続く.
ゲーマーの季節だ.

FIFAシリーズはいつもどおりE3で新作についての発表があった.

トレイラーを見た感じ,FIFA17からの改善点として強調したいのはモーションキャプチャーがより正確になった,というところらしい.

あと,映像を見た感じでは,スタジアムの雰囲気の再現がすごく良くなってるような気がする.

FIFA17のキャリアモードの感想を述べた際にも言ったが,操作体系としては成熟したと思うので,今後はこういう方向性の改善が続くのかなあ,と.

個人的に楽しみにしているキャリアモードのあれこれは,直前になるまで情報が出てこなかったりするので,今から発売日までワクワクしたいと思う.

日本代表収録と可変ポジション,実装してくれないかなあ……